ポイント: 50pt  (5%)  詳細はこちら
無料配送 月曜日 8月15日詳細を見る
または お届け日時指定便 最も早いお届け日 配送 明日 16:00 - 18:00 9 時間 24 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
ぜったいに おしちゃダメ? (サンクチュアリ出版) がカートに入りました
無料配送 8月 17 - 18日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 火曜日 8月16日詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。画像はイメージです。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2022/08/02 13:27:39 出品商品】
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

ぜったいに おしちゃダメ? (サンクチュアリ出版) 単行本 – 2017/8/26

5つ星のうち4.3 1,124個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥1,078
¥1,078 ¥610

はじめての本の購入で 10%ポイントプレゼント

購入を強化する

新品まとめ買い ぜったいに おしちゃダメ?
1点以上の商品はAmazon.co.jp以外の出品者から販売または配送されます。
以上
合計 (4/5 冊): ¥4,367
獲得ポイント:  224 pt (5%)

通常配送無料. 詳細

すべての商品はAmazon.co.jpから販売、配送されます。 配送料および配達日はレジでご確認ください。

1点以上の商品はAmazon.co.jp以外の出品者から販売または配送されます。 詳細を見る
1点以上の商品は現在、購入することができません

よく一緒に購入されている商品

  • ぜったいに おしちゃダメ? (サンクチュアリ出版)
  • +
  • パンどろぼう
  • +
  • おむつのなか、みせてみせて!
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

ぜったいに おしちゃダメ? ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と どうぶつ ぜったいに さわっちゃダメ? ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と おばけ ぜったいに あけちゃダメ? ラリー の クリスマス
ぜったいに おしちゃダメ? ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と どうぶつ ぜったいに さわっちゃダメ? ぜったいに おしちゃダメ? ラリー と おばけ ぜったいに あけちゃダメ? ラリー の クリスマス
この絵本にはたった1つだけルールがあります。それは「このボタンを押しちゃダメ」ということ。でも、誘惑に負けてボタンを押すと、モンスターが黄色くなったり、水玉になったり、何匹にも増えたりと大さわぎ! なんどもなんども「また読んで! 」とせがまれる絵本です。 怪しげなボタンの絵でおなじみ『ぜったいに おしちゃダメ?』の第二弾。いたずらっこのモンスターが禁止されているボタンを押すたびに「お猿さん」に変身していってしまう。そして動物たちがどんどん集まってきてしまう。そんなハチャメチャな絵本です。 絵本を指でなぞったり、ぐるぐる回したり、一緒に声マネをしたり。モンスターの教える特別なルールにしたがって絵本に刺激を加えていくとモンスターと世界がどんどん変化していく…! 子供の積極性を引き出す、アクション性の高い参加型絵本です。 今度こそは絶対に押さないと決めていた謎のボタン。ところが突然の停電で真っ暗に。「こわい! ボタンをおして! 明るくして!」ボタンを押したら、明るくなってひと安心。と、思ったのも束の間、「え? なにかいる? どこどこ?」おばけになかなか気づけないラリーに対して、子どもたちは夢中になってそれを知らせたくなります。 いたずらモンスターのラリーが持っているのは大すきなプレゼントの箱。なにが入ってるんだろう? まだクリスマスじゃないから開けちゃダメだけど、中身が気になって仕方ない。 誘惑に負けて箱に触れると・・・ 大事なプレゼントがちっちゃくなったり、びろーんって伸びたりするからさあ大変! ラリーのプレゼントは一体どうなってしまうのか?
ぜったいに おしちゃダメ?  ラリーと・どうぶつと・おばけと ぜったいに おしちゃダメ? クリスマス  
ぜったいに おしちゃダメ?  ラリーと・どうぶつと・おばけと 大きな絵本●ぜったいに おしちゃダメ? 大きな絵本●ぜったいに あけちゃダメ? ラリーのクリスマス ぜったいに おしちゃダメ? ラリーのたんじょうびケーキ
園児たちの間で爆発的な人気を誇る参加型絵本、“おしちゃダメ? シリーズ"のうち、人気の「ぜったいにおしちゃダメ? 」「ラリーとどうぶつ」「ラリーとおばけ」の3冊が一緒になった箱入りセットです。 縦385ミリ×横417ミリ×厚さ21ミリ。ベストセラー『ぜったいに おしちゃダメ?』の“大型絵本"です。大勢の子どもたちへの読み聞かせにおすすめ。盛り上がり間違いなしです! 縦385ミリ×横417ミリ×厚さ21ミリ。『ぜったいに あけちゃダメ? ラリー の クリスマス』の“大型絵本"です。 大勢の子どもたちへの読み聞かせにおすすめ。 これさえあれば、クリスマスイベントの盛り上がり間違いなしです! どこかで見たことがあるような? おかしな形をしたケーキ。 ケーキにのっている「謎のイチゴ」を指でつっつくと、ふしぎなモンスター・ラリーの頭が突然イチゴに! さらに上からスポンジケーキが、前から大量のクリームが、とどめはイチゴのモンスターがいっぱい集まってきて、ラリーを「本物のケーキ」に変えてしまおうと大はしゃぎ! 家族でゲラゲラ笑いながらお祝いできる、お誕生日プレゼントにぴったりの参加型絵本です。

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ついボタンを押したくなる心理をついた、ヒット絵本の戦略

タブー破りは楽しい。そんな原始的な欲求に応えるアメリカ発の絵本が、口コミでヒット中だ。本に登場するのは、いかにも押したくなる絶妙な雰囲気のボタンと、愛嬌のあるモンスターのラリー。ボタンが押されるたび、次々と思いもよらない現象がラリーの身の上に降りかかる。最後は一体、どうなってしまうのか? 1度開くと、ページを捲(めく)る手が止まらない。

「幼児や乳児に向けた絵本は古典が強く、なかなか新しい作品の入り込む余地がありません。ほとんどの親は自分も読んでいた絵本を子供に買い与えますからね。内容も、子供が喜びそうな題材は想像がつくのですが、親が子供にどんな本を読ませたいかは、なかなか判断できません。でも本書はコンセプトが明快で、原著を手に取ったときから行けそうな気がしたんです」(担当編集者)

直感を裏付けるべく、念入りなリサーチを実施。まずは試訳を数名の親子に見せ、企画の本始動前に手応えを得た。決定稿にする前にはパイロット版を300組の親子に配布して意見を集め、訳文のリズムを調整するなど、子供がより強く引き込まれるよう工夫も。

「絵本って実用書じゃないかと思うんです。子供が飽きずに、何十回も読んでほしくなるようなコストパフォーマンスのよい本を目指すこと。それが低年齢向けの絵本づくりではまず求められているのではないでしょうか」(担当編集者)

評者:前田 久

(週刊文春 2017.11.23号掲載)

出版社からのコメント

【おすすめポイント1】
“読み聞かせをしてあげても、なかなか集中してくれない"
そんなお子さまも、この絵本ならきっと夢中になってくれます。


この絵本を読んだ子どもの
“97%"が声をあげて笑い、
“90%"が「もう1回読んで」とおねだりしました。
(日本人の親子226組に本書のモニターアンケートを実施)


(お母様たちの生の声)
「こんなに何度もくり返し読んでといったのは初めて! 大笑いしたり、びっくりしたりして、何度読んでも楽しそうでした」
「ただ聞くだけの本と、ボタンを押したりこすったりといった動きのある本は、食い付きがこんなに違うのだと思いました! 」



【おすすめポイント2】
東京未来大学こども心理学部准教授の小谷博子博士も推薦!

Q.1 この絵本はなぜ2歳児、3歳児にうけるのでしょうか?
A.赤ちゃんから小学校にあがるまでの脳は、前頭前野がまだ発達段階のため、我慢するのが苦手です。湧き上がる欲求や衝動を抑える「抑制機能」が働きません。「我慢して」と言われても、我慢することができないのが2~3歳児なのです。


Q.2 なぜ「ボタン」が良いのでしょうか?
A.普段の生活の中で、私達は変化を起こすためにボタンを押しています。自分の意思でボタンを押すことで、自分の目の前の世界に変化が起こるという経験は、乳幼児によって大変魅力的なことです。特に、自我が育ってきた2~3歳のお子さんには、自分で押すことに意味があるのです。


Q.3この絵本の、他の絵本との違いはなんですか?
A.子どもは、大人の注意をひくことが大好きです。「押しちゃダメ」と言われたのに、わざと押してみて、読み手が驚いたり、場面の変化を一緒に楽しんでくれたり、共感してくれると子どもはとても喜びます。子どもの感情に寄り添ってあげることで、子どもの感情はすくすくと育ってゆくのです。この本は、子どもの感情を育てるためにとてもよい絵本といえるでしょう(絵本を読むことで親子でのコミュニケーションの時間が増えたら、とてもすてきですね)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ サンクチュアリ出版 (2017/8/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/8/26
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 32ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4801400434
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4801400436
  • 寸法 ‏ : ‎ 18.9 x 0.7 x 17.4 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 1,124個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
1,124 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年10月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
208人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年6月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年4月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年9月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年7月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年7月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年4月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年2月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する