この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ずっと怪獣が好きだった 単行本 – 2005/3/16

5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,327
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



12/7(金) 18:00開始 Cyber Monday(サイバーマンデー)2018
日用品、家電、食品、ファッションアイテムなど数多くの人気商品がお買い得
Cyber Monday(サイバーマンデー)対象商品をチェック

商品の説明

内容紹介

誕生から50年.これまでにゴジラ映画は27本制作されたが,そもそも怪獣とは何か.なぜそれほど人気を博したのか.怪獣少年が高じて特撮・怪獣映画の造型作家となった著者が,怪獣の下顎の変遷,怪獣どうしの格闘はどう作るかなど,造型製作・撮影にまつわるエピソードを交えながら,怪獣を愛好する日本人の心性を語る.

出版社からのコメント

 「造型師」という言葉にピンと来る人は、相当な特撮マニアか模型ファンでしょう。平成ガメラやゴジラシリーズ、またはテレビのヒーロー物で、怪獣やヒーローのぬいぐるみ(着ぐるみ)を製作してきた造型師が語る怪獣話はこれまでありそうでなかったものです。
 本書で著者は、「怪獣」という言葉の由来を探り怪獣映画の足跡を辿りますが、その基本には常に造型師らしい形や造作に対する目配りがあって、これまでのゴジラ本や怪獣本と一線を画しています。造形の側にいる人ならではの写真が駆使され、セットのミニチュアのディテールや操演の風景などこれまであまり見られなかった画像が満載です。怪獣映画を愛しつつその本質を「見世物」と喝破するのも、作り手の側にあればこそ。今までにない切り口の怪獣本・ゴジラ本になっています。
 巻末の対談も、日本アニメーションの旗手押井守さんをはじめ、豪華かつ読み応えのある内容になっています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 187ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2005/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000010727
  • ISBN-13: 978-4000010726
  • 発売日: 2005/3/16
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 715,615位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

7件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

7件中1 - 7件目のレビューを表示

2013年8月15日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月21日
形式: 単行本
2005年4月13日
形式: 単行本
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年4月14日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年3月20日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年3月29日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年8月16日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告