通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★中古になりますので多少のキズ、折れ、ヨゴレ、ヤケ、傷み等がありますが、いずれも重度のものではありません。状態の悪いものにつきましては、コメントを記載しております。また、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫) 文庫 – 2005/3/27

5つ星のうち 4.4 120件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 561
¥ 561 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫)
  • +
  • ドトールコーヒー「勝つか死ぬか」の創業記 (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥1,281
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

商品説明

   スターバックスのライバルとして知られ、ナスダック・ジャパンへの上場で一躍有名となったタリーズコーヒージャパン。本書はその創業社長である松田公太の自伝である。

   著者は、水産会社に勤める父親の仕事の都合により、幼少期をセネガルで過ごし、青春時代をアメリカで過ごした。大学から日本に移り、筑波大学卒業後三和銀行に勤務するが、アフリカでは「中国人」、アメリカでは「アフリカ人」、日本では「アメリカ人」と呼ばれ、どこに行っても異端視されるという複雑な思いを経験したようだ。そのことが、「食文化を通じて世界中の国々がお互いを理解し、尊重し、そして一つになる」という夢につながっていった。

   本書には、著者の幼少期から創業、ナスダック・ジャパン上場までの軌跡が、スピード感ある文章で書かれている。ボストンで出合った1杯のコーヒー、タリーズ本社との交渉、三和銀行との決別、家族の死、その過程で出会った人々…。ライバル、ハワード・シュルツとのちょっとしたやりとりなども含まれており、楽しく読むことができる。

   本書には、起業のノウハウなどはほとんど書かれていない。ただ、起業して成功した人々に共通する大切な点―― 人との出会い、そして情熱を持ち続けることの大切さをあらためて教えてくれる。あまりに多くの不幸を乗り越え、成功を勝ち取った著者の半生に、胸が熱くなる1冊である。(土井英司) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

27歳で起業を志し大手銀行を退職した青年は、体当たりの交渉でスペシャルティコーヒーの日本での販売権を得た。銀座に待望の1号店を開業した後は、店内に寝袋を持ち込み泊まり込みで大奮闘。ビジネスにかける夢と情熱は、コーヒーチェーンを全国規模にまで大成長させた。金なし、コネなし、普通のサラリーマンだった男になぜできたのか? 感動のタリーズコーヒージャパン起業物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 306ページ
  • 出版社: 新潮社 (2005/3/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101180318
  • ISBN-13: 978-4101180311
  • 発売日: 2005/3/27
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 120件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,669位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
情熱が心地よい人で、努力家の著者と珈琲が好きになり、読み終えたあとあったかい気持ちになれる本だとおもいます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文庫本になったことだし安いから買ってみようかな-。軽い気持ちで購入したが、あまりの面白さに一気に読み終えた。そして読後に後悔する。なんでこれまでこの本を読まなかったんだ、と。
この本を手にする前「渋谷ではたらく社長の告白」(藤田晋著)、「史上最短で東証二部に上場する方法」(野尻佳孝著)を読んでいた。いずれも興味深く楽しく読めたのだが、当著はその二冊を上回る面白さだ。この面白さはどこにあるのか?「コーヒー」という極めて庶民的な飲み物を提供する会社の創業史だからだと考察する。コーヒーにかける並々ならぬ愛情、そして苦労。経営が軌道に乗るまでの苦労の中には、読者が賢く生き抜くためのヒントが散りばめられている。
著者は楽天の三木谷氏やライブドアの堀江氏のような華やかさはない。時流に乗ったIT長者でもない。そのうえ知名度も低い(笑)。しかしこの本を読み終えた瞬間、ほかの誰よりも松田社長を好きになることでしょう。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タリーズコーヒーを日本に持ち込んだ男の物語。いま現在でも続く波瀾万丈な人生を綴った本である。松田氏はアメリカのタリーズも買収して、新たなチャレンジをしているとのことです。これから自分で事業を興す、新しい投資をするなど、自分自身がブレーキをかけていて踏み出せない人が読むといい本だと思う。失敗を恐れず、逆に失敗を糧にチャレンジしている松田氏の勇ましい姿が目に浮かぶ良本である。ある目標は、うっすらながら見えている。しかし、実行に移せない。移せない自分が歯がゆい人、是非読んでみてください。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/7/24
形式: 単行本
秀逸。一晩で読み終えた。作者が「書かずにいられない」衝動に駆られペンを執った気持ちが存分に現れている。読者に決して媚びず、自分自身の歩みを一歩一歩確かめるように優しく書かれた文体には驚嘆せざるを得ない。と同時に不思議にこちらにも勇気が湧いてくる内容だ。経歴等を見るに当初はただのエリートで片付けられる危険性があるが、最初の10Pほどでそれら先入観が全て払拭される。
いわゆる成功ストーリーは世に星の数ほどあるが、この本は「吾人の任務」と共に起業を志す輩にとっては必読の書。駄作と感じた方には私が代金を支払ってもいい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
現在勤務している会社のオフィースにも「タリーズ」が入っている。内の外人も何時もトールサイズのラテを飲む。そこに置いてあった単行本、気にはなっていたけど他の本を検索中にヒットしたのがこの文庫版。彼の生い立ち全てが松田氏のタリーズジャパンの起業に結びついているような気さえした。読んでいて嫌味がなく素直に読めた。
様々な岐路で「情熱」を失わず常にポジティブに精一杯頑張った証しが成功に繋がった(彼にとってはまだ成功ではないかな)。これほどまでに信念を貫ける男がいるだろうか?スマートに成功してはいないけど、本を読みながら「コイツなら成功するな」と都度頷いた。家族を失ったこと、度重なる苦渋を味わった話に少し涙腺が緩んだ。
自分も留学・外資系企業に転職をして数年が立つがこの本を読んでまた挑戦してみたくなった。勇気づけられる物語。もう少し年を取って”Nice guy”松田公太がどうなったまた教えてもらいたい。日々何か燻っている気がするなら迷わずこの本を読むことをお勧めする。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シアトルのタリーズの会長に、いきなりメールを送り続けたり、銀座に一号店を出す際、直接ビルのオーナーに直談判したり・・・、挫折を知らないと自負していた氏が体験する弟さんやお母さんの死、などなどタリーズ立ち上げまでの著者の奮闘記です。
一昔前の熱血漢あふれるど根性物語ともいえる話がポンポン飛び出します。
しかし、それはけっして一昔前のものではなく、いつの時代も変らず人が持ち続けなければならないものであると、再認識します。
松田氏はそれまでけっしてコーヒーショップで働いたとか、料理人であったとか、いわゆる職人ではなく、銀行マン。
一見するとコーヒーショップとは無縁の世界の人。しかし、そうした立場であればこそ、見つかる視点は数多く、むしろ異業種であればこそここまで店舗展開できたのではないかと思います。
”やらずに後悔するより、やれるところまでやって失敗を受け入れる方が納得できるのではないか。一号店をつくるために、生まれて初めて7千万円もの大金を借りた。私は借用書に印鑑を押す前に、自宅近くのコンビニを回った。そしてアルバイトの募集状況と時給を調べ、1日15時間働けば、30年程度で借金の返済ができることを確認した。”
まさしく、体育会系、無謀とも受け取れるようですが、松田氏の銀行マンとしての経営における数字の裏付けがあったればこその行
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー