中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すべての経済はバブルに通じる (光文社新書 363) 新書 – 2008/8/12

5つ星のうち 3.7 57件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 295 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

なぜ、サブプライムローンは世界的な金融危機を招いたのか?
なぜ、ジャンク(くず)と呼んでもよいようなサブプラム関連の金融商品に、欧米の投資銀行やヘッジファンドなど世界一流の投資家たちが殺到したのか?
なぜ、サブプライムショックの際に、日本の株価が最も暴落したのか?
なぜ、バブルは繰り返されるのか?
−−多くの投資家がリスクに殺到するがゆえに生じる、新時代のバブルの正体を、気鋭の学者であり、個人投資家でもあるアカデミックな成果を中心に、著者自らの投資体験も含めて分析する。

著者からのコメント

サブプライムショックとは、バブルの崩壊のきっかけとなる事件でした。ゆえに、問題はサブプライムにとどまらないのは当然です。このバブルは21世紀型バブルで、リスクテイクバブルと本書では呼んでいます。この崩壊は、これまでの金融資本主義の崩壊の第一幕なのです。
本書では、証券化に始まるサブプライムおよびそのショックのからくり、バブルとリスクテイクバブルのメカニズムを解明することにより、21世紀の金融資本主義の崩壊のプロセスの可能性について考察しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 光文社 (2008/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334034667
  • ISBN-13: 978-4334034665
  • 発売日: 2008/8/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 233,981位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
専門用語の使い方が間違っている。
なんと「ハイリスク・ハイリターン」の意味を誤解している。
その意味で勝間氏の本と同レベル。

というよりも、「リスク」という概念を正確に理解していないと言ったほうがよい。
証券化によって「確実に儲かる」ようにした…等の記述もあるが、
「確実に」ということはない。
断定的であってはいけない箇所で、断定的な口調に終始する。

著者が伝えたい内容それ自体はいたって陳腐。
要するに、「流動性リスク」の重要性に目を向けよということ。
この著者が新しく提示する知見など、何一つない。
にもかかわらず、「キャンサー・キャピタリズム」などという、
大袈裟な言葉を使うところに、欺瞞を感じる。

内容が陳腐でも、わかりやすい本というのは相応の価値があると思うのだが、
この本の場合、初学者にとってわかりやすい記述とも思えない。

というわけで、陳腐な内容を、かなりおかしな用語の使い方、断定的な口調で書いた文章だと思う。
1 コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「リスクテイクバブル」という概念は興味深いものでしたが、
筆者は金融実務に対する基本的な理解が欠如しており、内容は評価できませんでした。

証券化商品は証券化したからといっても流動性リスクは無視できませんし、AAA格の証券化商品を購入した投資家はたとえ原資産がサブプライムだとしても、ハイリスク投資をしたとの認識はありません。サブプライム自体も数ある投資対象の中ではハイリスクとは言い難いですね。

筆者の提唱する「構造的な問題から生じる21世紀型バブル」については、なんというか・・・。こういった金融の構造的な問題でバブルが発生したのはLTCMでも実証済みですし、概念としては新しくないと思います。

全体的に実務を知らない方が書いた本であって、本書でバブルを理解するのは難しいと思います。
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
新書には、購買者の目を引くために実際の本の内容とは異なる題意を
つける場合がよくあるが、本書も残念ながらその範囲に含まれてしまう。

すべての経済と言っているが、9割はサブプライム問題に端を発した
ここ最近の経済不況が何故起きたのかを回想録のようにつづっているだけ。
「○月○日は××のイベントがあったから、株価が△△円下がった、
これは投資家の○○という心理が働いたからだ。」みたいな内容が
延々と続くだけ。
なぜサブプライム問題がここまで大きくなったのかを知りたい人には
論点が合っているのかもしれないが、少なくとも題意を示す内容は
書かれていないので、注意されたし。

もう一つ、評価を下げる原因となっているのは、繰り返しが多いこと。
例えば、投資家がバブルと分かっていながら、あえてバブルで儲けようとしている
ことを繰り返し繰り返し、本書で述べている。
しかも、それほど含蓄に富んだ内容を述べているわけではないので、
読者としては、正直「くどさ」を増幅させるだけになっている。

また、先生という職業も相まって、文章が学術的で分かりにくい。
もってまわった文章表現で自分に酔っている感があるのも、読者を
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
中途半端といっても、もちろんある程度はしっかりした内容。

アダムスミスから、資本主義、金融資本主義に進む中で、「証券化」がバブルを生みだす構造を著者なりに示している。

後半は、リーマンショックの闘病日誌。

リーマンショックと言っても、リーマンが潰れた以外はいったい何があったのかを知るにはちょうどよいかと思われる。

結論としてこの本を読んでなにが得らるのか。

入門書でもなければ、専門書でもない。そういう意味で中途半端。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 最近の世界同時不況の局面において、鋭いコメントを発し続けている小幡氏の著作である。
 彼は、東大経済学部を首席で卒業し大蔵省入省という定番のコース後に退職し、ハーバード大学経済学博士を取得したという輝かしい経歴の持ち主である。

 そういう著者によると、資本主義の本質は、「ネズミ講」であるという。銀行預金に利息が付いたり、投資に配当があるのもすべては、ネズミ講であり、いつかは破綻する必然にあるというのである。
 それが、今まさに進行しつつある世界同時不況(恐慌)である。

 また、著者によれば、サブプライムの本質は、リスクを極小化するための必然であったという。借り手は、住宅価格が値上がり続ける限り損をすることはない。貸し手は、すぐに証券化して売却することにより、ノーリスクとなる。不動産価格が値上がりし続ける限り、問題はない。ではこのリスクを誰が取るのか。高い利回りを保証された証券を購入した投資家である。このように、リスクを取るところが高い利回りを得ることを「リスクテイクバブル」という。
 それでは、なぜリスクの高いサブプライム証券を、プロであるファンドが殺到して購入していたのであろうか。その答えは、「資本と頭脳の分離」すなわち、投資家から運用を委託されたファンドが高い利回りを出し続けなければならない宿命である。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー