¥ 799
通常配送無料 詳細
2017年5月28日に入荷予定です。 在庫状況について
今すぐご注文ください。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書) 新書 – 2017/3/16

5つ星のうち 4.1 73件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 740

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)
  • +
  • ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく
  • +
  • 好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)
総額: ¥3,175
ポイントの合計: 78pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

義務教育の「常識」を捨てろ、「好きなこと」にとことんハマれ!
真に「自由」な生き方を追求するホリエモンが放つ本音の教育論

学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が可能になった現代、国家は名実ともに"虚構の共同体"に成り下がった。もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。では、これからの教育の理想形とはいかなるものか? 「学校はいらない」「学びとは没頭である」「好きなことにとことんハマれ」「遊びは未来の仕事になる」――本音で闘うホリエモンの〝俺流〟教育論!

自ら学び、楽しく働く姿を取り戻せ!
「好きなもの」は無敵の武器だ! /ハマる対象は何でもいい/三つの「タグ」で自分の価値を上げろ/あなたは「レア」人材か?/決断の時は「今この瞬間」/未来予測なんてできるわけない/義務教育が植え付けるのは空虚な「常識」/これから人はG人材とL人材に分かれる/楽しくない仕事は今すぐ辞めろ! /モノは持たなくていい/「所有」から「アクセス」へ/「快のシェア」がこれからの幸せ/「学び」とは「没頭」すること/「没頭」は天才の特権ではなく誰でもできる/学歴や資格を活かそうとするな! /「目標」を設定すると「目標以上」になれない/「やりたいこと」をやってる人にはかなわない/「手抜き」で有限の時間を守れ! /行動は「これいいじゃん」という小さな発見から/「遊ぶ」「働く」「学ぶ」は三位一体

【目次】
はじめに 「何かしたい」けど「今はできない」人たち
第1章 学校は国策「洗脳機関」である
第2章 G人材とL人材
第3章 学びとは「没頭」である
第4章 三つの「タグ」で自分の価値を上げよ!
第5章 会社はいますぐ辞められる
おわりに

【プロフィール】
堀江貴文(ほりえたかふみ)
1972年、福岡県生まれ。本音で本質をえぐる発言が人気を集める敏腕実業家。SNS株式会社ファウンダー。91年、東京大学に入学(後に中退)。在学中の96年、有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)設立。2002年、旧ライブドアから営業権を取得。04年、社名を株式会社ライブドアに変更し、代表取締役社長CEOとなる。06年1月、証券取引法違反で逮捕。11年4月、懲役2年六ヶ月の実刑が確定。13年3月に仮釈放。主な著書に『稼ぐが勝ち』(光文社)、『ゼロ』(ダイヤモンド社)、『本音で生きる』(SB新書)、『99%の会社はいらない』(ベスト新書)など多数。

内容(「BOOK」データベースより)

学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が可能になった現代、国家は名実ともに“虚構の共同体”に成り下がった。もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。では、これからの教育の理想形とはいかなるものか?「学校はいらない」「学びとは没頭である」「好きなことにとことんハマれ」「遊びは未来の仕事になる」―本音で闘うホリエモンの“俺流”教育論!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 206ページ
  • 出版社: 光文社 (2017/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433403974X
  • ISBN-13: 978-4334039745
  • 発売日: 2017/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 191位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
こういう考え方もあるんだなと、おもしろく読めました。社会や周りの言う常識を、疑わない人には特に読んでほしいです。意外と自分が経験したことがないのに社会の常識として、周りにいろいろ押し付けていることに気がつきますし、世間はそういうものに溢れていると考えさせられます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
極端な言い方をしないと本が売れないかもしれないが、
世の中、1か0で考えられるほど単純ではない。
確かに現代の日本人は失敗を極端に恐れており、
その原因は教育に幾分かある。
しかし、私が見てきた中で何も恐れず好きなことをして成功した人は
ごくごくわずかだ。
その何十倍も失敗し、後悔している人がいる。
どちらの生き方が幸せなのかわからないが、やはり好きなことだけするというのはリスクがある。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
これを読んで、「こんな自由な生き方、してる人いるのかな、ホリエモンだからできる、自分には無理だ」
と思う人は多いのではないかと思います。
なので、そういう生き方をすでにしている、名もない一般人の自分の例が参考になれば幸いです。

自分は、個人事業主を経て、法人を立て、仕事を受注して生計を立てています。
法人に属しているのは1人だけ。
法人と聞くと、「会社を作ったら、事務所を作って、人を雇って、あれこれしなきゃ・・・気が重い・・・」
と思うかもしれません。

しかし、会社の実態は、紙ペラ1枚です。
オフィスも従業員もありません。

そもそも会社と言うのは、財産を守るために作られた仕組みが出発点で、
必ずオフィスを構えなければならない、とかいう決まりは一切ありません。
しかも、この法人が信用となって、大手企業から仕事の受注を受けることが出来ています。

もちろん、それ相応のスキルが必要ではありますが、
小学生の時から、ずっとPCで遊んできた延長線上にあるので、
これも、自分では特に特別なことをしたとは思っていません。

自分がスキルを身につける時、
インターネットがなかったので1
...続きを読む ›
3 コメント 208人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
全くその通り、堀江さんが書いたことは、
決して極論ではなく、本質だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
本書を読んで、自分が洗脳されていることには気づいたが、じゃあそこから
一歩踏み出して何かを自分でやろうとする気にはなれない。。。

結局のところは、洗脳は解けていないのかもしれません。
おそらく多くの方がそうであると思うが、失敗したときのことを考えてしまう。

会社を辞めて、失敗いたら大きな借金を背負ってしまうのではないか?二度と正社員
として雇ってもらうことはできないのではないか?こんな不安は誰しもが持っているはず。
正直、ホリエモンはビジネスの天才だと思うし、彼の知名度・彼の能力があってこそできることが
多いと思う。しかしながら、一般の方でも独立し、成功している人も多数いる。そうした人と、
その他大勢は大きく違うのだろうか?もしかしたら本当にやるかやらないかだけの違いかもしれない。
本書を読んだから自分が独立するということはないが、何かには没頭してみたいとは思った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 古舘 健 トップ100レビュアー 投稿日 2017/5/23
形式: Kindle版 Amazonで購入
こんにちは、古舘 健です。

以前読んだ「株式会社の終焉」によると、資本主義は<より速く、より遠くに、より合理的に>という近代の3つの原理を元にした一つの思想で、その成長を前提とした近代のシステムが限界に達し、ひずみが生まれている、と著者は言います。
参考:株式会社の終焉 水野和夫氏 ディスカヴァー・トゥエンティワン

先日、香港の国際学会に参加しました。
100万ドルの夜景をもつ香港には高層ビルが立ち並んでいます。

美しい景観とは裏腹に香港は不動産の価格が高すぎて、ごく一部の富裕層のみしか家を建てられません。
そのため多くの香港人は、高層マンションに住むしかありません。

香港の高層ビルが立ち並ぶ景観をみると、グローバル市場に開放された資本主義の中に暮らす人々の生活が垣間見えます。

学会会場で各国のド
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー