この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 346 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,382
Kindle版
¥ 1,728
単行本(ソフトカバー)の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 346 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
すべての戦争は自衛意識から始まる---「自分の国は... がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

すべての戦争は自衛意識から始まる---「自分の国は血を流してでも守れ」と叫ぶ人に訊きたい 単行本(ソフトカバー) – 2015/1/30

5つ星のうち 3.2 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 206

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • すべての戦争は自衛意識から始まる---「自分の国は血を流してでも守れ」と叫ぶ人に訊きたい
  • +
  • 「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい―――正義という共同幻想がもたらす本当の危機
  • +
  • 王様は裸だと言った子供はその後どうなったか (集英社新書 405B)
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 92pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

「反日」「国賊」「売国奴」……、
かつてはネットの中でしか目にしなかったこんな言葉が、いまでは週刊誌の見出しにまで踊っている。
いつのまに、こんな言葉が跋扈するようになったのか?
いつのまに、この国は変わってしまったのか?

集団的自衛権の行使容認が閣議決定され、仮想敵国に対する恐怖と危機意識は日に日に高まっている。
今、戦後の日本の最も重要な理念であった9条による「非戦の平和観」が大きく変わろうとしている。

戦争を望んでいる人などどこにもいない(と信じたい)。
誰もが、国を守り、大切な人と家族を守りたいと思っている。
でも、歴史に学べば、過剰な自衛意識こそが戦争を引き起こしてきたことは間違いない。
そのメカニズムを学ばないまま、「国を守れ、家族を守れ」と叫ぶだけでは戦争を防ぐことはできないのだ。

殺戮と報復が連鎖し続ける地にいる人たちは、だからこそ、心から平和を願う。
でも平和な国にいると、それがわからなくなる。
改憲派の識者や保守論壇誌などによく登場するジャーナリストたちは、護憲派を平和ボケなどと嘲笑する。
でも、それは逆だ。
平和で頭がボケているからこそ、気軽に「血を流す覚悟」などと口にできるのだ。

リアリティのないままに「自分の国は血を流してでも守れ」と叫び続け、戦火がもたらす悲劇への想像力が働かないまま自衛意識ばかりが高揚するこの国は、一体どこへ向かっていくのか。
加害の歴史から目をそむけ、「強い日本」を追い求めるこの国は、再び戦争を選ぶのか?
取り返しのつかない事態を避けるために、今何ができるのか。

内容(「BOOK」データベースより)

「反日」「国賊」「売国奴」…。いつのまに、こんな言葉が跋扈するようになったのか?加害の歴史から目をそむけ、仮想敵国の脅威と自衛を叫ぶこの国は、再び戦争を選ぶのか。この社会を覆う不安の正体に迫る渾身の論考。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2015/1/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478029253
  • ISBN-13: 978-4478029251
  • 発売日: 2015/1/30
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 389,388位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2015年7月28日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年3月19日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
53人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年2月23日
形式: 単行本(ソフトカバー)
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年5月4日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年9月30日
形式: 単行本(ソフトカバー)
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト100レビュアー
2015年7月26日
形式: 単行本(ソフトカバー)
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年2月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)
122人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年2月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)
100人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー