この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

すべての人の心へ -映画 涙そうそう 兄ィニィと過ごした日々- [DVD]

5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 2,353より 中古品の出品:10¥ 116より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 妻夫木聡, 長澤まさみ, 麻生久美子, 塚本高史, 中村達也
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2006/09/20
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000GQMKJ2
  • JAN: 4582224460441
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 152,419位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

TBS50周年プロジェクトの最終企画として9月より公開予定の、妻夫木聡と長澤まさみ共演による感動ドラマのナビゲートDVD。主演のふたりをはじめとするキャストインタビューやメイキング、製作の舞台裏などを収録。

内容(「Oricon」データベースより)

劇場版「涙そうそう」に先駆け、その舞台裏、出演者のインタビューなどメイキングシーン満載。心温まる愛の物語の世界へと導くナビゲートDVDが登場!飲食店を開くことを目指して沖縄・那覇で必死に働く兄の洋太郎と、高校に合格して島から兄の家にやって来た血のつながらない妹のカオル。2人の間には微妙な感情が芽生えていくが…。妻夫木聡、長澤まさみほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
ナビゲートDVDですが、映画を観た後に観ると二度楽しめる作品に仕上がっています。一度テレビで放送された撮影裏話の番組の内容とかぶっているところもありますが、予告編もいろいろなタイプのもの用意されているのでお得かなと。

王様のブランチに登場するリリコさんの独特な沖縄の旅の映像も入っているので映画のことで感動したあとはリリコさんの明るいコメントで元気になれますよ。たぶん。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
感動させよう、という制作者側の気持ちが伝わってきますが、
脚本が余りに稚拙だと思います。

これを「ベタ」な脚本と割り切って気楽に観る見方もあるかもしれません。
お手軽に感動する映画としての位置づけなら、
ストーリーの途中までは許せます。

…ただ、「死」というものまで、お手軽な感動の道具にしてしまうのは、
私は許せませんでした。それも、主人公を。

「死」というものを主人公格に課すのであれば、
その映画は「死」をメインテーマの一つにすべきだと思います。
「死」或いは「人生」とはいかなるものか、について、
真剣に真面目に取り扱うべきでしょう。

人間にとって、「…いつか死ぬ」ということが大問題であることが
自明である、という大前提を理解できていないのか?
それとも、分かっていて敢えて無視しているのか?
制作者側の人間性を疑いたくなりました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
本当にこんなに感動したのは初めてです!!何故だか、どことなく現実離れしすぎていなくて、誰しも経験したことのあるような胸がしめつけられる切ない気持ちに似た感情が一気に溢れ出て…涙涙。映画を見る前は待ち遠しく、見たあとの余韻をしっかり包んでくれる仕上がりになってます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2006/10/1
色々と書きたいが兎に角見るべし。久々の涙涙の感動でした。映画見た後も心に残るこの気持ちは。この舞台裏も。又後に発売される映画のDVDも買う価値あり。後生に残るでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す