通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
すべての人に知っておいてほしい 配色の基本原則 がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

すべての人に知っておいてほしい 配色の基本原則 単行本 – 2013/1/9

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/1/9
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 273

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • すべての人に知っておいてほしい 配色の基本原則
  • +
  • 配色デザインのルール―美しい色の組み合わせにはワケがある。
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 171pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

色が持つ特徴やイメージを知り、意のままに配色を操る。

色相や彩度、明度、トーンといった色の基本的な知識から、実際の配色の例や配色のテクニックやセオリーをまとめました。色の基本や、反対色、補色、
グラデーションなどの配色の基本を押さえつつ、色相でまとめる、同じトーンでまとめる、差し色で変化をつける、パターンの反復でまとめるなどの配色のテクニックを、
雑誌、書籍、広告、パッケージ等の実例を基に紹介。また文化や国で異なる配色の印象や、さまざまな国の伝統色を解説した配色のルールと、カジュアルやロマンチック、
モダンなどといった配色イメージを集めた配色見本も掲載することで、色を使うときに知っておくと便利な事柄を網羅しました。
デザインに関わるすべての人に知っておいてほしい、現場での仕事に必要な知識や技術がこの一冊に凝縮されています。

【目次】
Chapter1 色の基礎知識
1-01 色のしくみ
1-02 色相とは
1-03 明度とは
1-04 彩度とは
1-05 トーンとは
1-06 有彩色/無彩色とは
1-07 清色/濁色とは
1-08 心理作用
1-09 進出色/後退色とは
1-10 RGB/CMYKとは
Column 色空間

Chapter2 配色の基本
2-01 配色とは
2-02 反対色/補色とは
2-03 グラデーションとは
2-04 配色の決め方
2-05 平面構成としての配色
2-06 赤系の配色がもたらすイメージ
2-07 青系の配色がもたらすイメージ
2-08 緑系の配色がもたらすイメージ
2-09 黄系の配色がもたらすイメージ
2-10 2色で色の効果を最大限に活かすには
2-11 多色でまとまりを持たせるには
Column ユニバーサルカラーについて

Chapter3 配色のテクニック
3-01 色相でまとめる
3-02 同じトーンでまとめる
3-03 同じ明度でまとめる
3-04 異なる明度でまとめる
3-05 異なる彩度でコントラストを付ける
3-06 グラデーションでまとめる
3-07 セパレーションでまとめる
3-08 補色で対比させて強調する
3-09 アクセントカラーで印象を強くする
3-10 共通する色を混ぜて全体を整える
3-11 わずかな差でまとめる
3-12 パターンの反復でまとめる
3-13 全色相型でにぎやかさを出す
3-14 同系色・類似色でまとめる
3-15 黒で引き締める
3-16 白を生かす
3-17 1色でまとめる
3-18 2色でまとめる
3-19 3原色でまとめる
3-20 名画の配色を応用する
Column 自然界から得る配色

Chapter4 配色のセオリー
4-01 配色する際の注意点
4-02 文化の違いで変わるイメージ
4-03 表現の幅を広げる伝統色
4-04 色による季節感の演出
4-05 ターゲットと配色
4-06 メディアで異なる配色
Column 東洋と西洋での色彩文化の違い

<目次の続きは 下記[目次を見る]をご覧ください>

内容(「BOOK」データベースより)

色の基本的な知識から、実際の配色の例から配色のテクニックやセオリーをまとめています。色の基本や、反対色、補色、グラデーションなどの配色の基本を押さえつつ、配色のテクニックを、雑誌、書籍、広告、パッケージ等の実例を基に紹介。また文化や国で異なる配色の印象や、さまざまな国の伝統色を解説した配色のセオリーと、カジュアルやロマンチック、モダンなどといった配色イメージを集めた配色見本も掲載することで、色を使うときに知っておくと便利な事柄を網羅。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: エムディエヌコーポレーション (2013/1/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844363115
  • ISBN-13: 978-4844363118
  • 発売日: 2013/1/9
  • 梱包サイズ: 25.8 x 19 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 182,998位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(3)

トップカスタマーレビュー

2015年2月22日
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年4月26日
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年4月3日