中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すべてがFになる (講談社ノベルス) 新書 – 1996/4/3

5つ星のうち 3.6 218件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 792 ¥ 1
新書, 1996/4/3
¥ 5,145 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

14歳のとき両親殺害の罪に問われ、外界との交流を拒んで孤島の研究施設に閉じこもった天才工学博士、真賀田四季。教え子の西之園萌絵とともに、島を尋ねたN大学工学部助教授、犀川創平は1週間、外部との交信を断っていた博士の部屋に入ろうとした。その瞬間、進み出てきたのはウェディングドレスを着た女の死体。そして、部屋に残されていたコンピュータのディスプレイに記されていたのは「すべてがFになる」という意味不明の言葉だった。

内容(「BOOK」データベースより)

14歳のとき両親殺害の罪に問われ、外界との交流を拒んで孤島の研究施設に閉じこもった天才工学博士、真賀田四季。教え子の西之園萌絵とともに、島を訪ねたN大学工学部助教授、犀川創平は一週間、外部との交信を断っていた博士の部屋に入ろうとした。その瞬間、進み出てきたのはウェディングドレスを着た女の死体。そして、部屋に残されていたコンピュータのディスプレイに記されていたのは「すべてがFになる」という意味不明の言葉だった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 370ページ
  • 出版社: 講談社 (1996/4/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061819011
  • ISBN-13: 978-4061819016
  • 発売日: 1996/4/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 218件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159,942位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
たまたま、日間賀島に行ったことがあったので、ストーリーの中で日間賀島が出てきたときは驚きました。

話の内容的には、理系の人が好きそうな推理ものといった印象で、正直ちょっと設定を理解するまで難しかったですが、アニメやドラマにもなっているので、小説読んでみようと思ったけど難しくて挫折したよって人は、まずアニメをちょっと見てから小説を読むといいかもしれません。

名大のひとは結構この小説を読んでいる人がおおいので、知り合いに小説とかアニメがすきな名大の人がいたら話題として盛り上がるかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この作品が、十六年前のものだと知らなかった時分を恥じます。この小説の世界に、一気に引き込まれてしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 うつわ 投稿日 2016/6/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
印象深かった文章は

自分の中にある複数の人格の影響力が均衡を保っていることが、優れた客観性を生み出し、それが優れた指向性を生み出す。

といった内容の文

多重人格が自分を守るために生じるもので、これは病気ではないんだなと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
出オチ感が半端ない。

何のために施設を脱出したのか?いまいち動機が腑に落ちなかった。

作品の雰囲気は好きなので、同シリーズを買い続けようと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さえこ 投稿日 2016/12/27
形式: 文庫 Amazonで購入
論破型の人間が理性で書いた作品を再構築してメッセージ性を持たせているので軽い孤独を感じましたが。尊敬します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この作品はかつて出版と同時に読んだことあり,当時はスタイリッシュな理系ミステリーとして,とても面白いと思った記憶があります.メインのコンピュータのトリックも,途中で登場するVRのシーンも,当時の理系研究者の日常の「ちょっと先」を感じさせる部分があって,だいぶ引き込まれました.現実世界には存在しない(と書いたら言い過ぎか)理系ヒロインの姿も,よいスパイスになっていたと思います.

今回kindle unlimitedの対象になっていることもあり,久しぶりに再読しました.当時感じた面白さはまだ保たれているし,現実が当時の設定を追い抜いてしまったことによる陳腐さもさほどありません.今回も面白く読ませていただきました.ただもともと非現実的な設定だし,作られた世界での「なんでもあり」のミステリーなので,☆は3つにしておきます.
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
他の方も仰っているように、登場する人全てが無機質。
感情という感情が伝わってこず、天才の考えることは…を繰り返すことでも余計に非現実感が増しました。
トリックに関しても、無理があるかなあと…
はたと思い付いた衝撃的なシーンを描くための後付けかな?と感じてしまいました。

無機質な登場人物。
誰ひとりとして感情移入できず、少し物足りなさを感じました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白かったとは思いますが、腑に落ちないことがいくつか。

ここからネタバレ
手足が切断されているとはいえ、医師免許を持っている方が大人と子供の見分けがつかないなんてことはないと思います。
検死でもその事実がスルーされてます。

短期勝負だったので、気にする必要がなかったのかもしれませんが、
警察が入れば、子供が住んでいた事実はすぐにわかるのでは?

結局、四季女史はどうやって屋上へ上がったのですか?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
30%ポイント還元だ〜と喜び勇んでkindle版を買いに来れば、不潔で吐き気さえ覚える表紙。
どうしてKindle版はこの趣味の悪い表紙なのでしょうか?
ほんの一時であっても、この気持ち悪い口ひげ男はKindleに入れておきたくありません。
もとの、もしくはもっとマシな表紙になるまでキンドル版の購入はお預けです。
★は表紙のみの評価です。
内容は文句なしなのに・・・泣きたい。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
【ストーリーの概要】
大金持ちで各界に顔が効く大学生・西之園萌絵と彼女が入り浸るゼミの教授・犀川創平が主人公。彼ら2人が所属するゼミの夏合宿が、天才博士・真賀田四季が外界から隔絶されて生活する島で行われることに。真賀田博士がいる研究所で不可解な密室殺人が次々と起き…。

【感想など(ネタバレ含む)】
○他のレビューで批判されている点は主に下記2点という印象がある。個人的にはこれらの批判も全うなものだと思う。
・ミステリーとするには無理がある設定。
犯人が島から船で脱出する際、他の乗客は同じゼミの学生なので不審に思われるはず。
ダイエットをしたからといって20代女性と10代女性が見間違われることがあるのか?
・よくある小説にある人間描写がない。
犯人の動機が「自由になりたいから」などといった理由で済ませられている。
これら批判点については、巻末の瀬名秀明氏による解説で説明(個人的にもこじつけ的な印象が拭いきれなかったが…)がなされている。動機など人間の中身を語り過ぎず距離を置いて客観的に記述しようとしているという趣旨だと受け取った。
具体的な常識を働かせて読むとそこかしこで違和感を感じてしまうが、論理だけで考えて読むと拘泥せずに読めるのではないか、とも思う…。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー