この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは、〈三人称〉で考える。 単行本(ソフトカバー) – 2012/6/25

5つ星のうち4.3 54個の評価

価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥7,260 ¥1,782
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

皆さん、〈三人称〉というと、「英文法の話?」と思われるかもしれませんが、本書でいう〈三人称〉の視点を持つというのは、「客観的に自分を見つめる〈もう一人の自分〉を持っている」ということです。

たとえば、あなたが、毎日、つまらない仕事を上司から押し付けられて腐っていたとします。そんなときに、この〈三人称〉視点で、自分の仕事を点検してみてください。

「上司は、自分に何を望んでいるのか?」「自分の仕事は、会社全体から見ると、どんな意味を持っているのか?」といったチェックができるようになります。

すると、あなたは、「自分の仕事は、自分が思っている以上に、会社にとって重要な仕事だった」と気づくかもしれません。逆に、「上司は、自分に多くを望んではいない。自分は期待されていないのだ」と気づくかもしれません。

どちらにせよ、あなたは、ここで、「自分が、これからどうしたらいいか?」のヒントを得たことになります。重要な仕事だとわかったら、自分の仕事にやりがいが出てきますし、より真剣に仕事に取り組む気持ちがわいてきます。逆に自分が評価されていないとわかったら、「どうすれば、自分は評価されるのか?」という課題が見えてきます。

そして、あなたが自分の仕事を改善しはじめれば、あなたへの上司の評価は必ず変わってきます。もう、おわかりのことと思いますが、この〈三人称〉視点を持っている人のことを、世間では、「できる人」と呼びます。あなたも是非、この本を読んで、「できる人」の発想を盗んでください。きっと、あなたのビジネスの視界は、一気に開けます!

内容(「BOOK」データベースより)

この本は、ズバリ、著者、石原明の頭の中身です。この一冊を読んでいただければ、無理な努力はせず、自然に成功する人になれます。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ アスペクト (2012/6/25)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2012/6/25
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 208ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4757220936
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4757220935
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 54個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
54 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年11月21日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年2月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年2月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年7月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年8月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入