通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
すべって ころんで すりむいた がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すべって ころんで すりむいた 単行本 – 2016/9/20

5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,100

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • すべって ころんで すりむいた
  • +
  • ドアをあけたら
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

そんなに走るとあぶないよ! 薬をつけるその前に……、ようこそ幻想サーカス団へ!

「いたい? いたかったら くすりをつけなくちゃ。でも そのまえに」
そう始まる、一篇の子どものための詩。
「ちょっぴり いたかったら かえるのしたで ひやしてもらって」
「すこうし いたかったら こねこのしたで なめてもらって」
うんと いたかったら……? とっても いたかったら……? それでも いたかったら……?
カエル、子ネコ、ウシ、ゾウ、クマ……、助けてくれる動物の迫力はパワーアップするけれど、すりむいたひざの痛みと、泣きたい気持ちはおさまりません。
でも、安心してください。さいごに、きわめつけの特効薬がありました。
それは、大好きなママの「いたいのいたいの とんでいけー」!

出版社からのコメント

やさしいことばで綴られた詩の世界が、大人気絵本作家のさこももみさんによって、楽しくも美しい、幻想的なサーカスになりました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 32ページ
  • 出版社: 絵本塾出版 (2016/9/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864840997
  • ISBN-13: 978-4864840996
  • 発売日: 2016/9/20
  • 商品パッケージの寸法: 24.4 x 18.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 494,901位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
書かれている言葉はとても少なく、かといって「もこもこ もこ」のように読み手によって捉え方が千差万別、というお話でもありません。

男の子がサーカス小屋へ駆け込んで、勢い余って転んでしまい、そこへ現れたサーカスの動物・人々が色々な試みで慰めるも、最後は「いたいの いたいの とんでいけー」で大団円、という、至極シンプルな流れです。
子どもの成長に連れて、親もストーリーを重視するようになっていくのは自然な流れですし、そういった意味では物足りなさを感じる人も少なくないと思います。

しかし、かといって「絵がかわいいだけの安直な作品」と評するのはもったいないように私は感じます。
男の子を慰める動物たちの方法の意外性、子どもが覚えやすい言葉のリズム(すべって ころんで すりむいた って いたいの いたいの とんでいけー と同じリズムなんですよね)、絵の端々に垣間見えるちょっとした「毒気」… これらの要素が、子どもの心に刻まれやすいよう巧みに構成されているようです。うちの3歳児も、口癖のように「すべって ころんで すりむいた!」と言うようになりました。

大人にとっては人を選ぶ作品かもしれませんが、意外に子どもはこの世界観、すんなり受け入れるかもしれませんよ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
ここ最近のお気に入りの本です。
買った当日は5回ほど読んで!とせがまれました。

5分程度で終わる小さなお話です。
冒頭部はセリフがないのですが、「どこへ行くんだろうね?」などと話しかけると
わくわくするのか楽しそうに見ています。

4歳の娘は少しひらがなが読めるようになってきたので、
そんな娘ににもちょうどよい量です。

どこが好き?と聞くと、一番最初のほうとのこと。

この本のテーマ?である”じかんぐすり”は4歳の娘にはまだ伝わらないようですが
何度も読んでいくとわかるようになるのかもしれません。
絵本の価値はすぐ出るようなものでもないので、1年たった後も読むようであれば再レビューしたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
読むというよりは感じる絵本。

40ページの本で、文字は219文字。
タイトルを入れても232文字の絵本です。
(自分で数えた文字数です。)

癒えない傷ってありますよね、心にも身体にも。
その傷を癒してくれるのは…ネタバレになるので書きません。
読んで、感じてみてくださいね。

挿絵が面白いんです。
サーカスのテント内、ライトに当たった部分しか見えないのですが、
有名なお話の登場人物がここにいた、あそこにいた、と子どもにはゲームの様でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
大人目線だと、絵のタッチがきれいでめくるのが楽しく、文章も短いのでテンポよく読んであげられていいのですが、なんとも不思議な絵本。単純なストーリーなのですが、言い回しが独特で不思議な世界にはいりこむ感じで、うちの子の場合、上の子はなんかもやもやしたような微妙な顔をし、あまり好きなタイプではなかったようですが、下の子は単純に気に入ったようで、もっかいもっかいとせがみます。独特な世界という感じなので、好みが別れるのかもしれないです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ani 投稿日 2016/12/10
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
かわいいイラスト・・・とはなかなか言い難い絵本。

サーカスに来た子供がテントに入った途端すべってころんで・・・
子猫の舌でなめてもらう?
もっと痛かったら牛の舌で湿布?といった一風変わった絵本です。

我が家は「今日はマラカスの日」なんかも楽しく読めるのですが
小学生は笑っていましたが、2歳児はあまり食いつきませんでした。

子猫に擦りむいた膝をなめてもらうのはかわいいのですが、
お次の牛。舌で湿布というだけあり、いかにも牛タンといった感じのよだれまみれの舌がちょっとリアル笑
そして湿布されているイラストはないです。
べろーんと舌を出してる牛を不思議そうに見つめる子供。

それでも痛かったら・・・?
象の鼻でなでてもらうのですが、サーカスの衣装を着た(この中では)割とかわいい象さん2頭。
子供は「ぎゃああああ」くらいの顔で嫌がってます。

ラストは王道の痛いの痛いのとんでいけ、というアレです。
お母さんのところに戻ってメデタシメデタシ、となる短い絵本です。
子供によってはスキキライがありそうです。

ですが、☆5つをつけたのは
これを読んで以来、ちょっと
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す