通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
すばらしい新世界 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに若干のスレはありますが、その他書き込み等のお読みになるのに支障になるような瑕疵は無いと思います。発送方法は主に「ゆうメール(追跡番号なし・補償なし。ポスト投函によるお届け)」になります。防水用ビニールで包装し、封筒に入れて発送します。発送会社・発送方法のご指定はできません。迅速・丁寧にお取引させていただくよう心がけております。また領収書の発行については、商品発送前にお申し出があった場合のみ対応いたします。ご検討宜しくお願いいたします。【1円セール 開催中】 「1円」価格の商品を2冊以上ご購入の場合、2冊目以降の「1円」商品の送料を50円ずつ減額いたします(送料減額の対象は「1円」価格の商品のみです)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すばらしい新世界 (講談社文庫) ペーパーバック – 1974/11/27

5つ星のうち 4.2 23件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 668
¥ 668 ¥ 292

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • すばらしい新世界 (講談社文庫)
  • +
  • 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • 動物農場: 付「G・オーウェルをめぐって」開高健 (ちくま文庫)
総額: ¥2,439
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人工授精やフリーセックスによる家庭の否定、条件反射的教育で管理される階級社会――かくてバラ色の陶酔に包まれ、とどまるところを知らぬ機械文明の発達が行きついた“すばらしい世界”!人間が自らの尊厳を見失うその恐るべき逆ユートピアの姿を、諧謔と皮肉の文体でリアルに描いた文明論的SF小説。


登録情報

  • ペーパーバック: 316ページ
  • 出版社: 講談社 (1974/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061370014
  • ISBN-13: 978-4061370012
  • 発売日: 1974/11/27
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,503位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
50年ぐらい前に読んで、その時は無い事と思いつつも気にせずにはいられないものを感じていました。
この冬朝日新聞のコラムでこの小説の事を思い出しまた読みたくなりました。
過去にはあり得なかった試験管ベビーも現在では現実味を帯びて、再び読んで作者の示唆するものを考えてみようと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
個人的にディストピア小説の最高峰だと考える一冊。
一見すると、清潔で痛みのない理想郷。しかし、その理想郷の外側で育った人間には、その理想郷がどこか歪に見える。本書ではそのように、文明が発達にともなって人の尊厳が失われてしまった様子を、皮肉の効いた文章で語られている。理想郷の外で生まれ育ち、野蛮人と呼ばれた少年の、「僕は不幸になる権利を要求しているんです」という言葉には痺れた。
ただ、世界観がかなり凝っている上に展開が冗長なため、SF慣れしていない人が読むにはキツイかもしれない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
反ユートピア小説なんだろうけど、本当に素晴らしいなと思えるところもありました。

私が今生きているこの社会は、家庭というものに個人が縛られて、かなりな犠牲を強いられている部分があります。家族への愛情や義理ゆえに、自分の真の欲望を押し殺すか、欲望に忠実に突き進んで家族から復讐される、といった事態が引き起こされることがあります。また、家族に恵まれない人が、多大な犠牲を強いられたりします。野蛮な社会のなかで、母親が繕い物ができないばかりに子供がいじめられるというエピソードが出てきましたが、現実社会のいじめも、まさにそういったところから起こっているのです。新世界では、個人が皆、米粒のように独立した存在でありながら、誰一人として孤独ではない。いじめもない。みんながみんなのために生きている。特定の人を大切な人とし、それ以外の人に関心を持たない今の社会に比べると、なんと幸福な社会なんでしょうか・・・・・。

しかしジョンは、野蛮な社会に適応しないばかりか、この素晴らしい新世界にも適応しません。(私個人としては、あの野蛮な社会でいじめに耐えて生きていくよりは、新世界のほうがまだましかと思ったのですが…)これは一種の不幸です。人は皆理不尽な世界に生きているものですが、どこかでいい加減な気持ちで折り合いをつけなくてはいけないんじゃないでしょうか。少なくとも、自分
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/17
形式: ペーパーバック
1930年代に書かれたとは思えないほど、作者の未来への危惧が感じられる。現在の私たちにとっては現実的な問題が多く描かれている。なにもかもが統制され、安定化された社会、そしてその統制に入りきれない人々の感じる矛盾と孤独感は、まさに現在社会の若者が抱えるものであろう。今だからこそ、もう一度読み返さなければならない一冊であると考える。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yjisan 投稿日 2006/3/30
形式: ペーパーバック
 人間は受精卵の段階から培養ビンの中で「製造」され「選別」され、幼年時代から受けた巧妙な洗脳により、自らの「階級」と「環境」に全く疑問を持たず、生活に完全に満足している。親子関係もなく、家族関係もなく、夫婦関係もなく、性交渉は完全に自由である。全ての欲望は満たされ、不満や不安を抱く要素は全くない。万が一、ストレスが溜まった場合は「ソーマ」なる薬によって副作用なしに快楽を味わえる。人々は激情に駆られることなく常に安定した精神状態であるため、社会は完全に安定している。まさに楽園であり、「すばらしい世界」である・・・・・・一見したところでは。

 しかし鼻持ちならぬ階級意識と人間の尊厳性を踏みにじる管理統制によって作られた楽園の欺瞞は、保存地区=<野蛮>からの来訪者、ジョン青年によって暴かれるのであった・・・・・ 

 背筋の凍り付くような戦慄のユートピア社会を描き、救いのない結末を提示することで圧倒的な迫力と衝撃を持たせることに成功した反ユートピア小説の金字塔。実兄ジュリアン・ハックスリイらの優生学思想の危険性に警鐘を鳴らすに留まらず、人間社会の進路をも鋭く問うた問題作。T型フォードの大量生産で名を馳せた自動車王フォードが神様になっているという皮肉はちょっと笑える。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
 階級ごとに体格も知能も発生時期の条件で決定され、壜から出た(生まれた)後も、睡眠時教育で条件反射になるようにいろいろなことが教え込まれ、完全に「生産」を制御された人たちの社会。不快な気分になったときは「ソーマ」と呼ばれる薬で「楽しい気分」になればよい。壜から出てくるので、家族はなく、男女の結びつきも「その時の楽しみ」である。社会は順調に廻っているようにみえるが、野心を抱いたり、ちょっと他人とは違うことに悩む人間はいる。そんな世界に、隔離された「蛮人保存地区」から連れ帰られた「母から生まれた」一人の青年を通して、文明のありかたを考えさせる。

 

数年に一度ぐらい、読み返す小説である。描かれた「空想された未来社会」は読み返す度に怖くなる。現在の世界と照らし合わせてみる。シャーレの中で受精卵から発生を進める技術も進んできた。発生のどの時期にどんなホルモンが出ることが適切か、などということもかなりわかってきた。「うつ」の治療に役立つ薬も実用化され、感情のメカニズムも随分と解明されてきた。年を追うごとに、この小説の中で描かれている技術はその当時予想されていたことを忠実に延長して考えられたものだということ、そしてその方向に科学技術は「順調に」進んできているのだ、と確認させられる。このお話の世界の展開が怖いだけに、現実の怖さも増してくる。
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー