中古品
¥ 154
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すばらしい新世界 単行本 – 2000/9

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 56
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,337 ¥ 179
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

途上国へのボランティア活動をしている妻の提案で、風力発電の技術協力にヒマラヤの奥地へ赴いた主人公は、秘境の国の文化や習慣に触れ、そこに暮らす人びとに深く惹かれていく。留守宅の妻と十歳の息子とEメールで会話する日々が続き、ある日、息子がひとりでヒマラヤへやってくる…。ひとと環境のかかわりを描き、新しい世界への光を予感させる長篇小説。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

ヒマラヤの奥地に風力発電の技術協力で赴いた林太郎が出会ったものは…。宗教とともにある人間の暮らし方の原型と、日本のODAの実態やアジアの農業が直面する困難を描く。『読売新聞』連載を単行本化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 591ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2000/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4120030539
  • ISBN-13: 978-4120030536
  • 発売日: 2000/09
  • 梱包サイズ: 18.8 x 14.4 x 3.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 653,155位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 池澤氏らしく、物語は沖縄で始まり北海道で終わります。その間はネパール奥地のナムリン王国が舞台。風力発電技師の林太郎がナムリンの風を灌漑エネルギーに変えるためにネパールに出張します。これがカジマヤー(琉球語で風車)計画。

 といってもプロジェクトX"ヒマヤラの奥地に風車が回った"篇というわけではなく、物語はもっぱら林太郎と妻アユミとのメールのやりとりで、"現代の諸相についての二人の考え"が語られる展開です。例えば、「ボランティア・NPOと企業」であり、「インテリ世代の子育て」であり、「チベット仏教」などについてであります。

 一つの夢のあるプロジェクトを縦軸に、異国でのエピソードをきっかけとした思索が横軸に交差して、爽快感とともに物語を読み終えることができました。池澤氏の物事を見る眼にまたしても共感している自分がおります。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/23
形式: 文庫
作者の作品には、勢いや雰囲気ではなく、
論拠を持って読者に影響を与えようとするものが多い。
一方本作は、「登場人物の考えるプロセス」を記録しながら
比較的緩やかに作中の時間が進みます。
おかげで、登場人物により近づいた視点で読み進むことができ、
当然のように世界を享受するのではなく、
自分なりの世界を作ることへの参加に考えるきっかけになりました。
これを機会に、未読の池澤作品も手にしてみたい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
風車好きは読んでみてください。

遠いネパールに頑丈な風車を設置する、という話です。

ネパールの山奥に風車(普段私たちが見慣れたものとは形が違うのですが)を立てるその姿を想像するだけで気持ち良くなってきます。

脇では、今の先進国の電気に依存した社会について、様々な語り口から語られていきます。

新聞連載だったため、1Pの情報量が多すぎるところはあります。

終盤、現地で修理する人を作るために主人公は理科の授業をします。

最初は「授業なんて退屈だなぁ」と思っていたのですが、えらく根源のところから始まる授業なので、ものごとを知ってると自分は思い上がっていたんだなぁと苦々しい気持ちになりました(笑)。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
僕らは社会や文明や国や宗教や民族など、様々なモノと関係して生活をしている。

日常生活を送っていると、ーーー特に生活が必要以上に便利になった日本という国に住んでいると、世界が小さくなってしまう。

情報は世界と繋がっている。でも、そこには深みがない。人の、土地の、臭いがない。

観念化された生活。

大きな不満がないから考えない。それは、しあわせな状態なのだろうか。

ほとんどの日本人のなかに神はいない。それはそれでいいと思う。僕の中にも神はいない。でも、自分より大きな存在がいないということはいいことなのだろうか。

人間のできるとこは、実はとても小さく僅かなもの。

そう思えることは幸せなことではないだろうか。

そんな思索にむかえるヒントがちりばめられている。

すばらしくて新しい世界が拓ける言葉が本書にはある。

この本に出会えたことは、しあわせ以外なにものでもない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「光の指で触れよ」の前編にあたる作品
「光の指で触れよ」を先に読んだのですが、特に問題無しです

大企業で風車の開発設計技術者である天野林太郎
途上国へのボランティア活動を主とするNGO団体で広報関係の仕事に携わっている妻・アユミ(離婚歴あり)
小学校五年生の息子・森介(不登校歴あり)

家族間では常に論理的、建設的な会話が交わされ、絶対的な信頼関係が築かれている

アユミを通してチベットのNGO団体から灌漑用の電気を起こすための風車を建ててくれないかという依頼が来る
ヒマラヤの奥地へ赴いた林太郎はそこの文化や習慣に触れ、そこで暮らす人々に深く惹かれていく

環境問題
途上国援助問題
民族問題
家族問題
すばらしい新世界は本当に存在するのだろうか
改めて考えさせられます

最後には林太郎と森介が、偶然発見されたテルマ(埋蔵経典)を中国の手に落ちる前にインドに亡命中の第14世ダライ・ラマ猊下に届けるというオマケまでついていて、ちょっと楽しめます

この作品では林太郎と森介が日本から飛び出しているのですが
光の指〜 ではアユミとその後に生れた娘がヨーロッパに行きます
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー