すとーりーず がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

すとーりーず

5つ星のうち 4.8 28件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 2,073 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 498 (19%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,073より 中古品の出品:12¥ 768より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ZAZEN BOYS ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • すとーりーず
  • +
  • ZAZEN BOYS
総額: ¥4,365
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/9/5)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: SPACE SHOWER MUSIC
  • ASIN: B008O5AC0Q
  • JAN: 4543034033201
  • 他のエディション: LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 20,018位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:07
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
2
30
2:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
3
30
3:14
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
4
30
4:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
5
30
2:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
6
30
2:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
7
30
3:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
8
30
2:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
9
30
3:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
10
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 
11
30
4:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 160
 

商品の説明

内容紹介

物語は夢の中で、始まり、終わり、また始まる。ZAZEN BOYS、4年ぶりの最高傑作完成! ! !

メディア掲載レビューほか

ロック・バンド、ZAZEN BOYSの前作より4年振り(2012年時)のリリースとなるアルバム。奇妙かつシンプルな歌詞に、コード、リズム、旋律がバラバラでありながら一体感をもって迫ってくる意欲作。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
先だって公開されていたポテトサラダを聴いた時から、良い意味での?があったのだが、このアルバムを通して聴くことで、向井さんが、ZAZEN BOYSが今こういうところにいるのだな、というのが一貫してガッツリ感じられ、とても痺れる。
今までの作品のどの要素を抽出して引っ張りあげた、とかいうことではなく、「3」での脱構築的なバンドサウンドや「4」の打ち込みサウンドを経過しての、今のZAZENの純度100%の音塊。
ZAZEN BOYSのバンドとしてのポテンシャルが最大に引き出されているのはもちろんのこと、録音物として一番ZAZENの“生”感を感じられるアルバムだと思う。
もう圧倒的にビート、ビート、ビートで畳みかけられる故、前作のasobiやsabakuでのスキマの心地よさというか、浮遊感というか、音に漂っていたセンチメンタルというか、そういった要素はあまり今作では見受けられないかもしれないが、もうただ脳内を掻き毟ってくれる感覚があまりに突出しているので、この骨太一直線のサウンドの中にどのような淡いがあるのか、聴き手はそれをむしろ探すようになるのかもしれない。

サウンドと同時に言葉にも変化が見受けられ、それはもう歌詞というより、単語レベルにまで感情のインプットを推し進めたような、暗号に近い言葉の羅列(俳句のような)である。アブラゼミがミン
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ファン暦浅いリスナーですが、十代の頃の若くて青い焦燥感を思い出して、
痛くて苦しくてたまらないような気分にさせられる曲を書かせたら、
向井秀徳の右に出る者はいない(んじゃないか)と(勝手に)思っています。

そういうお手のもの的な疾走系の楽曲にも、今回、変に追い詰められる気はしない。
自分の精神状態の変化も多少はあるんだろうけど、やっぱりきっと、優しいんだろうなあ。
迫るものが減ったということでは決してない、でも、
言いようのない不穏な焦りに取り残されることのない心地よさ。安心感。安定感。
余裕。不安からちょうど良い距離を置いて振り返っていとおしむような余裕。ノスタルジック。

初期的疾走、ゴリッと重い変則変態リズム/ギター、レトロな電子音、
いいとこ取りな感じのアルバム構成にもまとまりのなさは感じない。
良いアルバムです。とても好き。心底気持ち良い。

てか、とりあえず、絶望的な薄毛とか、もう、ご勘弁下さい
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
これは、ラップどころか落語ですね。落語ロックです。新ジャンルを作ってしまった、それだけでも偉大な功績です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: MP3 ダウンロード Amazonで購入
音楽自体はとてもよかったです。
ただ、向井さんのホームページから買うとボーナストラックがついてきて同じ値段です。
しかも1800円で制作ノートのデータ+ボーナストラック+超高音質版が買えます。

買うのでしたらそちらをおすすめします。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
4年ぶり5枚目のアルバム。正直前作がよくできていたのでそれをさらに越えてくるとは思わなかったが、確実にアルバムとしての完成度は今作の方が上だろう。曲も短めでそれでいて、「あっという間」という感じはせず、うまくまとまっている(4は少し中だるみしていた)。
余談だが、そろそろ日本の若手バンドにもこのような素晴らしいバンドが出てこなくてはいけない。この4年間で期待されつつも消えていったバンドがほとんどの中、向井秀徳は着実に音楽と向き合い、その成果がこの作品を象徴している。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西京BOY 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2012/9/5
形式: CD
ZAZEN BOYS4年ぶりのニューアルバム「すとーりーず」。

前作でZAZEN BOYSとしての到達点に完全に届いた感覚がいちファンとしてはあったのだが
この作品を聴いて更にその先があったのだな、と思い知らされた。前作とは違って全曲日本語タイトルに
また前バンド時代のようなメロディへのこだわりを垣間見せた純然たる歌の比率の多さ
勿論延長線上的なクールでカクカクしたアンサンブルの気持ち良さだったり
電子音との調和も存在してるけど
恐らく「4」が好きだった人なら一発で気に入れるアルバムにはなってると思うけど、
それでもこのアルバムからはそれまでのZAZEN BOYSのテイストとは違い、これまで以上に和の要素が強調されていて
日本人らしい「湿り気」が格好良くロックに変換されている、正にオリジナルな日本語ロックだと感じた。

「サンドペーパーざらざら」や「泥沼」等ライブで盛り上がる事必死な楽曲も入ってるが
「はあとぶれいく」「破裂音の朝」「電球」等サウンドよりも歌がよく響くような楽曲も多く
ここ数作の斬新なサウンドを徹底的に突き詰める方向性というよりは
それを下地にして
日本人ならではの哀愁や情感をZAZENのフィルターを通して聴かせてい
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す