Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 250
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[鶴田 義光]のすでにこの道あり: 生きることの意味を求めて (響流選書)

すでにこの道あり: 生きることの意味を求めて (響流選書) Kindle版

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2015/1/29
¥ 250

商品の説明

内容紹介

高校時代に生きる意味に悩み、退学し、再び入学するもまた登校拒否。人生は生きるに値しないと結論付けた著者だが、絶望の淵から浄土真宗寺院に導かれ、「回心」を体験する。その後は養護学校の教師となり一時仏法から離れるが、迷いと苦しみの人生から再び始まる聞法の日々。そこで著者は親鸞の教えに何を見たのか。果たして人生は生きるに値するのか。
「一切は仏法に出遇うためであった」と知らされた著者が語る浄土真宗の教え。迷いと苦しみの青春から「南無阿弥陀仏」との邂逅がもたらした、心を揺さぶる魂の軌跡である。

「自分が迷っているという事実には底が無いのです。だから、底の無い深さをもった迷いの事実を気付かしめる仏法にも底が無いわけです。迷いの事実に底が無いからこそ、人生には無限の豊かさがあるのだと言えます。つまり、自分の迷いの深さに気付いていくことが、同時に人生の豊かさを味わっていくことであるわけです。逆の言い方をすれば、人生が空しく、無意味に思えるということは、自分が迷っている事実に気付いていないからだと言えます。人生が生きるに値するということは、人生は迷うに値するということであります。迷いのもつ豊かさが人生の豊かさであるのです。」

著者略歴

鶴田義光(つるた よしみつ)
1960年大阪に生まれる。高校中退、登校拒否などの挫折を経験した末、1980年、順正寺(真宗大谷派)をご縁として、仏法(親鸞の教え)に出遭う。1986年、大阪教育大学卒業。愛知県の養護学校教員となる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 357 KB
  • 紙の本の長さ: 111 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: 響流書房 (2015/1/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00SXNZ03S
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 128,628位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2015年7月11日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年2月27日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年2月1日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年2月4日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク