すてごろ~梶原兄弟激動昭和史 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,485
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 3,600
通常配送無料 詳細
発売元: ★☆風華水月☆★ 代引き・クレカ・コンビニ払い可
カートに入れる
¥ 3,800
通常配送無料 詳細
発売元: ◆UNV-Media OUTLET◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

すてごろ~梶原兄弟激動昭和史 [DVD]

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 2,769 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,415 (47%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より土日祝日も発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,633より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 哀川翔. 奥田瑛二.真樹日佐夫.赤井英和.中山忍.内田裕也.松方弘樹
  • 監督: 光石冨士朗
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: GPミュージアムソフト
  • 発売日 2003/09/25
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FHIC8K
  • JAN: 4513741054165
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 72,353位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

哀川翔、奥田瑛二、赤井英和ら、豪華キャストが共演したドラマ。昭和を代表する大ヒットスポ根漫画「巨人の星」「あしたのジョー」を生み出した梶原一騎と真樹日佐夫兄弟をモデルに、激動の昭和時代を駆け抜けた男たちの伝説を描く。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 munimuni8 VINE メンバー 投稿日 2012/4/6
Amazonで購入
梶原兄弟に関してはさまざまな伝説があるが、この作品は先日亡くなった主人公の弟、真樹日佐夫氏の原作になるもので、
同氏のこれまでの著作などで語られてきたことをなぞっている。ストーリー的にはこの破天荒な兄弟が昭和と言う時代を
生き抜いてきたエピソードからなる。とにかくエネルギッシュな二人が活躍するが、梶原氏の精神的な脆さなども描かれて
いる。奥田は以外にも梶原を上手く演じているが、哀川の真樹は外見的にはある種の共通点があると予想したが、真樹本人
が極真大山を演じているので、見ている方はやや混乱してしまう。
とにかく今は二人とも存命していないので、古き佳き昭和へのオマージュ的作品といったところか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
星飛雄馬はわたしの1年先輩になる。小学生のときにこれまで月刊誌だけだったのが、週刊誌が創刊された。「少年マガジン」や「少年サンデー」。友人とそれぞれ買って帰り、翌日学校で交換。テレビでは「鉄腕アトム」や「ひょっこりひょうたん島」がわたしたちの人気番組。中学の時だったか、突然、劇画風の「本格」ストーリーマンガが連載。それが原作付きマンガであり、梶原一騎の手になるものの始まりだった。
テレビで「巨人の星」が放映されると、クラスのみんなはとても落胆した。星飛雄馬の声が違うのだ。マンガが先行したので、各自で声を想像していたわけだ。だが、その違和感にもすぐに慣れ、アニメの「巨人の星」にもみんなのめり込んだ。
自分はドン臭い人間なので、勉強できるものはみな品行方正だと思い込んでいたので、梶原兄弟が勉強のできる「不良」と分かったときは、しばらくは感じ入るところがあった。
本画を見ると彼らの父親も反骨精神旺盛な旧制高校の教師だったという。旧制高校の教師はとてもエリートな職業であり地位だ。その子どもたちもまたメリハリのある生き方をしたというわけだ。
映画は敗戦直後のことは出てこない。60年安保から世相が描かれている。昭和の戦後を兄弟たちは存分に生きたのだ。野村秋介の伝記映画にも似たような空気が感じられたが、自分には怖い世界だ。世間と自分を存分に対峙させた人たちだけが到達できる境地なのだなあ、と拝跪したい思いになった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す