¥ 1,296 + ¥ 300 関東への配送料
在庫あり。 販売元: すごろくや

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,800
+ 関東への配送料無料
発売元: 《マニア倶楽部》
カートに入れる
¥ 1,800
+ 関東への配送料無料
発売元: あすなろーず
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

犯人は踊る(2015年第三版)

5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,296
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、すごろくや が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 1,296より 中古品の出品:1¥ 2,595より
  • 3〜8人用、対象年齢:8歳〜大人
  • 所要約10分
  • めぐりめぐる手札カードの中で犯人カードの所在を推理・特定するカードゲーム
  • 鍋野ぺす作,鍋野たま画
  • 日本製

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら

出品者のコメント: 綺麗な新品です。0〜2営業日以内に、土日も休まずスピード発送しています。郵便事情により表示された指定日に到着しない可能性もございますので、ご了承ください。



よく一緒に購入されている商品

  • 犯人は踊る(2015年第三版)
  • +
  • ラブレター
  • +
  • 赤ずきんは眠らない
総額: ¥4,901
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
最大プレイヤー数8
組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ
  
登録情報
ASINB017IBJGIK
おすすめ度 5つ星のうち 4.6 37件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング おもちゃ - 306位 (ベストセラーを見る)
発送重量59 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2015/11/3
  
ご意見ご要望

さらに安い価格について知らせる
この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

 

商品の説明

『犯人は踊る』は、たった1枚の犯人カードが、誰もが「持っていたくない」と嫌われて全員の手札から手札へと秘密裏に巡っていく中で、所在を推理して最後の持ち主を当てるゲームです。
みんなでわいわいカードを渡しながら、「なるほどなるほど、むふふふ」「えー、またこのカードかぁー」などと情報を集めていき、〈犯人〉を持っているのを当てられてしまうドキドキや、予想外のハプニングで貴重な手札が巡るドラマが盛り上がる、子供から大人まで手軽に遊べる超おすすめのゲームです。

2015年第三版では、カードテキスト・説明書を全面的に見直し、さらに簡潔に、とてもわかりやすくなっています。
また、他全員が目をつぶる中で犯人とだけアイコンタクトを取る「少年」カードが追加されました。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

【犯人は踊る】は、リプレイ性が高く 10分で1勝負終わる軽いゲーム。

イラストが 日本人にツボっていて シュール可愛いい。
「たくらみカード」のイラストは 糸電話のコップ部分にwifiとか描いてあったりして 笑える
 
 第1版、2版とウチでも もう20回以上は遊んでいるが 
 この第3版が1番遊びやすく改良されてい完全版といえる出来。
 面倒なポイント制を一切無くし 勝った人1勝利とシンプルになった。
 分かりづらかった「犬カード」も 【相手から1枚引いて公開、 そのカードが犯人だったら勝ち】に変わり
 断然良くなってるし
 なにより新しく増えた『少年カード』が 最高テンション上がり楽しい^^
 【全員目をつぶり『犯人カード』持ってる人は 目を開ける】という
 効果のカードで 『少年カード』を使った人は目を開けているので
 静けさの中『犯人』と目が合った瞬間噴出しそうになる^^

箱も第3版はスリーブに入れても入るサイズに改良されていて嬉しい
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
携帯の人狼ゲームが好きで、カード版を探していてこちらを見つけました。春休みに入りテレビゲームばかりする子供達と親子で楽しめるものをと思い購入。小1、小4、小6そして大人も楽しめる簡単なカードゲームです。最初に第一発見者とゆうカードを持った人が起こった事件を考えカードを出すのですがそれも自由に考えれて楽しい。(さっきトイレ覗いたの誰!?とかリカちゃんのパンツなくなったんやけど誰とったん!?などしょうもない事件です(笑))さらに絵がとても可愛くて子供たちはカードを出すとその絵の真似をして楽しんだりもしています。単純で一回一回がすぐ終わるので子供も飽きずに、もう一回もう一回!と何回もしています。
勝っても負けても楽しくて、喧嘩になりません。子供も常に笑顔です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
家族4人でプレイしました。
まず、第一発見者がプレイします。何の事件が起きたのか説明します。身近な人を使って事件にすることで、犯人探しが楽しくなります。
そして犯人カードを持っていたものは、探偵と犬に見つかると、動機を語ります。(コナン君のあの曲を流すとウケます)

問題のゲーム性についてですが、
持ちカードがころころ変わるので、戦略はほとんど無駄になります。
4人プレイの場合、犯人カードを当てるのは案外容易です。
自分を抜いて3人の誰かが犯人カード持っているので、一人でも持っていないことが分かると、大体誰が持っているか予測できてしまいます。
このゲームは6人くらいでやると面白いと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
[概要]
要は変則ババ抜きで、ババ(犯人カード)を持った人を当てるゲームです。

ババ抜き以上に頻繁に手札が入れ替わるので、探偵側で勝つのも、犯人側で勝つのも運の要素が強いです。

[良い]
難しい戦略は不要なので、大人から子供達まで気軽に楽しめます。

気軽に楽しむ分にはとても面白く、ハマるとずっとこればかり、何度も遊んでしまいます。

仲の良い友達と「どんな事件が発生したのか」、犯人役が負けた場合「なんで犯行を行なったのか」を自白するなど、会話で盛り上がる事も出来ます。

[注意点]
人狼のように犯人側のスリルを楽しむことを期待すると期待外れになります。運良くゲーム終盤にそんなシチュエーションが巡って来る時もたまにありますが。

3-8人用となってますが、ゲームのルール上3人から可能と言うだけで、実際は最低でも4-5人はいないと楽しめないと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
事件の犯人になったり探偵になったりするどたばたゲーム。

配布されたカードを使っていき探偵や犬カードで犯人を見つける。
逆に犯人の人は最後まで逃げ切れば勝ちと言う基本ルールに加え
様々な能力を持つ人によってカードが入れ替わったり交換したり。
本当に展開が読めないドタバタ劇が繰り広げられます。

中でも面白いのが「悪だくみ」カード。これを出すと犯人とチームになり
さっきまで仲間だった人がいきなり敵に変わって場を荒らしだすカード。
悪だくみが出る前に一気に犬で勝負をかけるのか探偵を使うのか
毎回立ち回りも変わって本当に踊らされるゲームです。

ラブレターの次を探してる人や、ブラフゲーム好きな人にお勧めです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー