この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

すぐわかる戸籍の読み方・取り方・調べ方 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/15

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/2/15
"もう一度試してください。"
¥ 3,949 ¥ 2,849
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

相続手続き、家系図づくりに役立つ!

家系図作り、相続手続きに必要な戸籍の調べ方が全部わかります。
明治19年から最新形式まで、多くの事例を取り上げて、豊富な図表とイラストでズバリ解説。
読んでナットクのコラムや、戸籍にまつわるお役立ち情報が満載。

内容(「BOOK」データベースより)

明治19年式から最新形式まで、数多くの事例を取り上げて、豊富な図表、イラストでズバリ解説。読んでナットクのコラムや、戸籍にまつわるさまざまなマメ知識を数多く収録。家系図作り、相続手続きなど、実務にも役立つ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 191ページ
  • 出版社: 成美堂出版 (2012/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4415311768
  • ISBN-13: 978-4415311760
  • 発売日: 2012/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 495,281位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

現役の行政書士が、戸籍とその実務について初心者にもわかりやすく解説した入門書。
職業柄、相続発生時の戸籍謄本とかを目にすることがたまにあるのだが、被相続人の出生をたどるのに本書の著者の様な専門家のお世話になることが起きている様だ。それだけ戸籍というものには、意外に奥深いものがあるわけであり、本書ではそれを図表を多く用いてわかりやすく説明しているので、非常に好感が持てる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
改製原についての理解がこれだと不十分なように思います
実際に実務でも改製原の読み方は必須ですので、仕事上の知識として必要な方にはお勧めできません
主観ではありますが、単純に戸籍って何?っていう疑問だけでこういう本を手にとる人は多くないように思いますので、もうちょっと用途を考慮して実践的だとよかったと思います
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 akihi 投稿日 2016/11/14
Amazonで購入
基本的な内容で、少し予備知識がある方なら良い本だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ナサケミノル VINE メンバー 投稿日 2014/6/29
戸籍の仕組みはとりあえず自分の先祖を追ってみると理解しやすい。
本書では、手続きの基本を紹介してくれている。

加えて、コラムには、離婚後の氏や連れ子の扱い、旦那がなくなったときの姻戚関係、
連れ子を伴っての再婚における養子縁組の要否、両養子の場合の子供の扱い。。。
多少法律に詳しくても、こんな時どう扱うの?と疑問に思うエピソードが多い。

具体的に戸籍をさかのぼる予定の人、したことがある人、複雑な親族関係に関心が
ある人にお勧めできる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告