通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ハピネス書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 比較的きれいな商品です。コンディションはAmazonマーケットプレイス コンディションガイドラインをもとに付けさせていただいております。☆★詳しい商品の状態を知りたい方はご購入の前にお問い合わせください☆★商品に万が一、品質不備があった場合は返金にて対応致します。☆★配送は防水フィルム梱包し、封筒で原則ゆうメール【追跡番号無】にて配送いたします。また、配送料金は商品1品に対して発生いたしますのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

じつは怖い外食 ~サラリーマンランチ・ファミリー外食に潜む25の危険~ (ワニブックスPLUS新書) 新書 – 2014/3/8

5つ星のうち 3.4 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • じつは怖い外食 ~サラリーマンランチ・ファミリー外食に潜む25の危険~ (ワニブックスPLUS新書)
  • +
  • じつはもっと怖い外食 - 外食・中食産業の最前線で聞いた「危険」すぎる話 - (ワニブックスPLUS新書)
  • +
  • じつは危ない野菜 (ワニブックスPLUS新書)
総額: ¥2,624
ポイントの合計: 79pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

作物の成長を早める肥料のために、発がん物質を含んだ野菜、腐臭がする川の水で栽培される中国産野菜、遺伝子組み換え作物栽培のために生まれた「スーパー雑草」、

人工的に満身創痍にされた牛の「霜降り肉」、抗生物質シャワーを浴びた豚の肉、結着剤でやっと形になる成形肉、本当はウミヘビの「穴子」……。

食品偽装事件など食への関心が高まっている今、知っておきたい「外食」の危険に、外食産業の裏側を知るフードプロデューサーの著者が迫ります。

内容(「BOOK」データベースより)

良かれと思って選んだ食べものに、日常のなにげない食生活に、健康を害する危険が潜んでいたとしたら―。体にいい食べもの・食事を探求してきたフードプロデューサーである著者が「じつは怖い外食」に迫り、私たちが外食で食べているものの正体を知ってより賢い選択をするための25の話を紹介します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 206ページ
  • 出版社: ワニブックス (2014/3/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847060687
  • ISBN-13: 978-4847060687
  • 発売日: 2014/3/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 96,942位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
本書は25項目に分けて、食品添加物、安い業務用材料、加工偽装、販売禁止や製造禁止指定物、米国産・中国産食品の恐ろしさ、その他多くの実例を紹介し解説する。知っておく価値は十二分にある。 知らないで、口にし続けるのは絶対に回避したい。  
特に本書で注意を引くのが、外国産の肉・魚・野菜等だ。 備忘録として、登場順に書き留めておきたい。  (1)粗悪な中国産米を精米改良剤で誤魔化す外食産業。 中国は大量の化学肥料を使用、農薬散布、水質の極度の汚染で、中国では毎年80万〜120万人の奇形児が生まれる。(p.23)  (2)遺伝子組み換え牛成長ホルモンを摂取された米国牛、その乳房感染症防止に抗生物質の過剰投与、そしてその安い牛肉を食し、がんが増加。(p.133)  (3)中国産米は重金属に汚染され、違法な遺伝子組み換え作物の疑いもある。 大量散布の農薬が海に流入し、魚介類から検出される。 中国の屋台では地溝油(下水ラード)が使われる。(p.138)  (4)チリ産のサケは、エサの中に抗生物質・抗菌剤・成長促進剤・人工合成がたっぷりだ。(p.155)  (5)中国産野菜は最悪で、汚染河川・地下水、大気汚染という栽培する環境が劣悪だ。 その野菜の9割は食品検疫検査を受けていない。 知らずに外食産業や総菜・弁当等の「ナカ食)で消費される。(p.159)  (6)輸入される生レモン・グレー
...続きを読む ›
コメント 131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
肉もダメ。野菜(野菜に関しては外食以外も危険とか…)もダメで結局何食べればいいのか、どういうものを選べばいいのかも書いて欲しかった。
拒食症になっちゃうよね。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
著者はフードプロデューサーで過去にはレストランも経営していたとのこと。冒頭から米や牛肉の揶揄から始まり、魚も野菜もこっぴどく貶しているが、一方著者お勧めの食材や料理が掲載されていないのは全く奇妙なことだ。
けれども、それは大した問題ではない。序章に「この本を書くにあたって、飲食関係の仕事に携わっている数人の親しい友人たちへのインタビューを敢行した…したがって、ある意味での偏向があることは否めない」とあるが、それは「この本を書くにあたって、現場の取材はろくにしてません」という意味なのだろうか?内容は無知と偏見から来る悪意とデタラメに満ちている。
例えば「高級霜降り肉の正体は、満身創痍の牛の肉」の項を読んでみることにしよう。ここには「高級霜降り牛はほとんど目が見えなくなる。半数以上は病気。畜舎に大量の殺虫剤や殺菌剤をまき、大量の抗生物質を飼料に混ぜて食べさせる」とあるが、これは本当だろうか?
高級霜降り肉といえば、真っ先に思いつくのが世界的なブランド「和牛」である。世界中で「和牛」を名乗れるのは「黒毛和種」「褐毛和種」「日本短角種」「無角和種」の四種のみ。正式に和牛肉を名乗るためには親牛の登録とともに、人工授精証明書・受精卵移植証明書の記載等も必要である。当然ながら和牛農家は高い肥育技術とそれに伴う大きな矜持を持っている。全国レベルの品評会で優勝した和牛に
...続きを読む ›
1 コメント 214人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
最初に、著者はどんな人か、およその事を知ろう。最初は整体指導者だった。整体を受けに来る多くの人々の体の実態を知る。当然、なぜこんなに体を壊した人が多いのか?となる。やがて、体を壊した根本原因が、「『食』にある」ことを突き止めた。
その根本原因を解決しなければ、いくら整体の体制を整えて整体師を増やしてもムダである。
はじめ筆者は、どこかに「正しい『食』」を提供する店があるだろうと探したのだが、一軒もないことを知った。
それならばと、正しい栄養学に基づいて「食」を教えている学校か料理教室はないものか探した。ところがこれも、一つもなかった。
 やはり、「自分で店をやるしかない」。・・・こう決意した、というのが、始まりである。
筆者が師と仰ぐ、故丸本淑生氏が提唱した「オプティマル・ヒューマン・ダイエット=人間にとって最適な食事のシステム」を理念とした「店」を1995年(平成7年)に東京・代々木・上原に開店した。開店して1年、ついに業績不振で運転資金が底をつき、閉店を決意して、店内に掲示した。
ところが最終日の夜、店に20人近くの常連客が集まって筆者を取り囲み、常連客が代わる代わる継続せよと懇々と説得した。彼らはただむやみに閉店するなと言うのではなく、それぞれが店のファンとしてできる範囲で運営に協力するから、筆者にも経営者とし
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック