Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 389

¥ 248の割引 (39%)

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[玉井雪雄]のじこまん 1
Kindle App Ad

じこまん 1 Kindle版

5つ星のうち 4.5 97件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] じこまんの3の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 389
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 55

紙の本の長さ: 154ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


まとめ買い

商品の説明

内容紹介

大ヒット中の自転車ロードレース漫画『かもめ☆チャンス』の著者・玉井雪雄氏が描く、アラフォーメタボ男の自転車(ロードバイク)を楽しみつくす方法。
本当にあなたの人生を変えちゃうかもしれない一冊。
他の誰でもない「自分」を「満足」させたかったら『じこまん』読むべし読むべし!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 64161 KB
  • 紙の本の長さ: 161 ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2012/11/17)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00H2AYK8O
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 97件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
50を過ぎてから自転車に戻った?私ですが、やはり色々理由があって
自転車にのるモチベーションが下がってしまう時が多々あります。

そんな時はコレを読みます。
ニヤリと笑って自転車に乗れます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まさか、単行本化するとは思わなかった玉井先生の珠玉の自転車あるある漫画。
なにせ、不定期連載の上、ページ数が4〜8ページという玉井先生の無理しない範囲での執筆ペース。
まさに、玉井先生の自己満足(じこまん)を満たすためだけの連載なのではないかと、疑うほどです。
連載時、ビルとのヒルクライムの死闘をたまたまゴラク誌上で読み、玉井先生が何者かわからないまま、一目惚れ。
今では、じこまんの為だけにゴラクを購入するほどです。

自転車に乗る人間なら誰もが経験した道を実に丁寧に、そして、愛のある自己満足(じこまん)で描いている。
自転車エピソードに限らず、ああ、わかると共感できる部分は男性には多い。
とくにワンクリックで悩み朝を迎えるその気持ち。あなたも経験があるはずだ!

そんな玉井先生の人格にもふれることが出来、なおかつ、自転車初心者の指南書(?)にもなってる自転車まんがの怪作。

自転車を愛してやまないバカが、走ってハイ! 読んでハイ! それが じこまん!

さぁ、あなたもこの本を手にとって、自転車の魅力に取り憑かれるがいいさ! 思う存分、走るがいいさ! 自転車に乗って!

そして、叫ぶのだ、キンタ・クンテェ〜!

なお、このレビューは完全に、もしかしたら玉井先生が目を通すかも? という、じこまんで書かれています。
コメント 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
中年以降に自転車にはまった人には「お前は俺か?」的な本です。
全編「暗黒歴史」の思い出満載です。
この漫画は「買い」です。

自分的には「ゾンビ走法」がツボでした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
結論から書きます。
昨今流行の自転車入門本の中で、一番身近な目線で一番お薦めの本です。(2012.12/21現在)
(なお、一位タイの商品として「自転車日記」(一本木蛮 著)があります)

これはあんまり言いたくないんですが…。
最近のこのテのスポーツ自転車入門漫画って、
上から目線や健康指南教育本とかの切り口で書いてあることが多いんですね。
あとは、商業的な動機から来る特定商品勧誘とか。
最悪なのは自己陶酔モードの人が行う布教的な作品。
(乗り始めの頃の未熟で格好悪い部分を意図的にそぎ落として作品化してるので、参考にならない)

この作品はそういう目線からは一線を画してます。
「しょせんはオレの自己満足」であるという割り切りから入ってるので、読者としても読みやすいです。
作者の押しつけやら思想に感銘する必要は一切無く、作者の生態を楽しめればソレでイイのですから。
ひたすら無様で格好悪く、もんどりうって七転八倒してる様が赤裸々に露呈されつつ、
自転車を乗り続ける様がコミカルなタッチで克明に記されています。

乗り始めの頃の失敗談とか、自転車選定のポイントとか服装はこれを参考にすれば間違いないです。
(裾止
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ロードバイクに乗っているなら思わずあるあるネタに大笑いするはずだ。

ネタは玉井さん本人の体験や編集さんやアシさんの体験談もあるのでバラエティー豊かだ。

中には真似したくなる有意義な情報もあるので読んでいて飽きない。

ローディーなら読むべき1冊だ。

最近、調子に乗って第2巻も発売中なのでこっちも読むべし!

以上より、★5つ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
本書の著者は、あのマンガ「かもめ☆チャンス」
(ビッグコミックスで目下連載中、第16巻まで既刊)
を書いている玉井雪雄センセイです。
あのマンガを読んでいて、
妙にロードバイクの世界に詳しいなと不審の思っていたら、
私もこうしてロードバイクにはまりましたというお仲間の一人でした。

中身の多くはですね、
「そうそう、初めの頃はそうなんですよ」という失敗談のオンパレード。
でも、思いっきりのびのびと書いているのが読者にも分かります。
だって自己満足でいいんだもん!(笑)

でもね、オレ様主人公で書いているからこそ、
初心者の頃のことや途中でいろいろと分かっていく段階が
すでにロードバイクにハマっちゃった人には追体験できて楽しいんですよ。

逆に、まだ「ロードバイクって競輪みたいなの? ピストと同じ??」
っていう未体験者には、「ほうほう、こういうものなのかロードバイクは」
「こうしてはまっていくのね」って感じで楽しめるものと存じます。

ツール(世界的な自転車レース)の蘊蓄があるかと思うと、
なんだかぱっとしないロングライド(長距離を走る)の体験談もあり、
ヒルクライ
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover