¥ 864
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
しろねこしろちゃん (幼児絵本シリーズ) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

しろねこしろちゃん (幼児絵本シリーズ) 単行本 – 2005/3/10

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 171

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • しろねこしろちゃん (幼児絵本シリーズ)
  • +
  • おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)
  • +
  • くっついた
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

真っ黒なお母さんと真っ黒な子猫のなかに真っ白な「しろちゃん」が1匹。しろちゃんは、みんなとおなじ真っ黒になりたくてたまりません。揺れ動く子どもの気持ち。そしてほっとする結末。母さん猫のやさしさや子猫の姿態が実に可愛く描かれています。

内容(「MARC」データベースより)

真っ黒なお母さん猫から、子猫が生まれました。真っ黒な子猫が3匹と、真っ白な子猫が1匹です。みんなお母さんのお乳を飲んで、どんどん大きくなりました…。白い子猫のしろちゃんの絵本。2002年刊の再刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 23ページ
  • 出版社: 福音館書店 (2005/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834020428
  • ISBN-13: 978-4834020427
  • 発売日: 2005/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 20.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 288,379位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ほとんど白黒で、わずかに他色を使っている変わった色使いの挿絵です。
版画のように見えますが、幼い子の絵本には珍しいタイプの挿絵でしょうか。
でも味があって素敵だし、猫の可愛らしさが描けていると思います。

お話の内容は、小さな子向けにピッタリ。
余分な言葉はなく、解りやすい文章です。

この絵本を基にして出来たのか?
紙芝居から絵本を作ったのか?どちらが先か知りませんが、
「こねこのしろちゃん」と言う幼児向けの紙芝居もあります。

こちらの紙芝居も流れはほとんど同じですが、
セリフがあったり、ちょっとした事件があったりと、
少しだけ物語性がアップしています。
でも1歳くらいからでも楽しめる紙芝居だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「みにくいあひるの子」のニャンコ版といったところでしょうか?
にいさんたちはおかあさんと同じく真っ黒なのに、自分だけ真っ白なのがイヤでたまらないしろちゃん。
やさしいおかあさんはとっても愛してくれるんだけれど・・・。
私も、「みんなと違うこと」に対してとても敏感な時期がありました。
そんな気持ちを思い出しながら読みました。
しろちゃんが迎える驚きのラストは、思わず拍手してしまいますよ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
を持った経験は誰にでもあるのではないでしょうか。しろちゃんも母猫や兄弟が
真っ黒なのに自分だけが白いことに「この母猫の子猫じゃないのかも…」という
不安を抱いていたことでしょう。…って、レビューの意味は本の内容を紹介する
ものじゃないですが、話の最後に真っ白な大きく立派な雄猫が登場するところは
感動モノです。「これで自分の子猫は全部かね?」 いやいや、逞しいお父さん猫
の血を引いた真っ白な子猫こそ自分だったなんて!しろちゃんは、どれほど嬉し
かったことか。いい歳して涙を流してしまいました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
お話も大好きですが、絵が!! ツボでしたっ!!
猫の生意気そうな、でも可愛いあの何とも言えない表情を異常なくらい味わえました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。1歳 絵本

関連商品を探す