この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


しろうと女房の厩舎日記 単行本 – 2005/11

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,400
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

ライブドアブログの競馬ランキングで堂々1位の超人気ブログの書籍化。JRA宮本博調教師のヨメである著者は、元々ディープな競馬ファンだった。競馬サークルの外から内へ入った「しろうと女房」が、知られざる厩舎社会の日常を楽しく描き出し、夫以外の調教師や騎手、馬主なども多数登場する。まえがきを特別寄稿しているのは「ニシノ」や「セイウン」の冠名で有名な馬主である西山茂行氏。また、巻末には宮本調教師=ミヤリンの突撃インタビューを掲載。

出版社からのコメント

競馬サークルの内側と、調教師の家庭での日常を、ヨメ@宮本氏が「調教師の妻にして2児の母」の立場で鮮やかに描写するのが本書。中でも、夫であり、調教師である「ミヤリン」の赤裸々なエピソードは、時に爆笑を、時に爆笑を、時に爆笑を、そして時に同情を誘いますが、馬のプロであることの大変さ、真剣さや熱さも、ひしひしと伝わってきます。家庭人としてのオモシロ、ほのぼのエピソードも満載。でも、「ここまで書いちゃっていいの?」と、同情しつつ笑ってしまいます……。巻末の「ミヤリン」インタビューは必読! また、調教師の先生方の素顔って、なかなか知ることができないのですが、ヨメ氏のインタビューには皆さん心を開いて、お人柄が判るのも魅力です。競馬ファンはもちろん、お子さんを持つお母さん方にもぜひ読んでいただきたい1冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 299ページ
  • 出版社: 流星社 (2005/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4947770406
  • ISBN-13: 978-4947770400
  • 発売日: 2005/11
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,331,883位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

4件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件中1 - 4件目のレビューを表示

2017年1月9日
形式: 単行本Amazonで購入
2009年7月11日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年12月1日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年11月13日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告