中古品
¥ 1,000
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 concerto文庫
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あります。2016年4月、第1刷です。カバーに軽いヨレ、スレ、小キズ、薄いヨゴレ等あります。ページに微ヤケあります。書き込み、マーカーありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

しまなみ島走BOOK <改訂版Ⅱ> しまなみ海道の達人がおすすめするサイクリングの解体新書![しまなみ海道] [ガイドブック] 単行本(ソフトカバー) – 2016/4

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/4
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

この本は、2013年に出版された「しまなみ島走BOOK」の最新版です。一部内容の刷新と各種情報・データ等を更新して2016年4月に出版されました。

前書と同様に、しまなみ海道を自転車で旅する人たち、あるいはサイクリングだけでなく車やバイク旅行者、徒歩で渡る旅人まで、しまなみ海道の個人旅行を強力にサポートするガイドブックです。

各島の詳細な地図と基本的な観光情報に加え、サイクリストの著者ならではの視点で発掘したおすすめの話題を島ごとにまとめて編集してあり、使って楽しく、読んで面白い内容となっています。

■ 島ごとに「著者が旅人視点でスポットをあてたおすすめ情報」を掲載
■ 島の「行く」「見る」「食べる」情報を自転車乗りの目線で紹介
■ サイクリスト・ウェルカムな「宿」。大切な自転車とともに泊まるならココ!
■ 島の中を走るなら、このデータは必須!「ロードプロフィール」を徹底解説
■ 旅行計画から装備、公共交通利用法まで、しまなみの走り方を「Q&A」で解決
■ 尾道、今治市内中心部のセレクト情報も掲載
■ はじめてのしまなみでも安心。しまなみに整うサイクリスト受入れ体制を紹介。

しまなみ海道を訪れる自転車旅行者、サイクリストの数はここ数年でうなぎ上りに増加しています。書店にも、しまなみ関連ガイドブックが並び、インターネットからも、しまなみサイクリングに関する様々な情報が入手できるようになりました。

こうしたあふれる情報の中で、本書の特徴は、長年しまなみ海道で自転車を活用した島おこし、まちづくり活動に取り組み、地域資源情報を蓄積してきたNPO法人と、10年間をかけてタンデム自転車世界一周を達成した著者がタッグを組み、丁寧な取材によって地域密着型で製作している点にあります。

内容を吟味しながら2年間を費やした初版の製作後も、しまなみ海道のたもと今治市にある拠点を活かして情報収集を続け、随時、改訂版を刊行しています。

「レンタサイクルはどこで借りられますか?」、「手荷物はどうしたらいいの?」、「時間はどのくらいかかりますか?」「どの道がおすすめですか?」しまなみ海道への不安や疑問を解消してくれるアドバイスも充実。

また、中級・上級のサイクリストからも、「メインのサイクリングコース以外に寄り道をしたり、まだ知らない道を走りたくて入手しました」、「地元の人が足で稼いだ情報に、これだ!と思い注文しました」、「豊富な情報、地図の完成度の高さは、まさに脱帽もの。素晴らしい本だと思います」との高評価が届いています。

このように、他のガイドブックが追随できないほど詳細で綿密な内容となっているのは、サイクリングガイドツアーの開催、ゲストハウス運営を手掛けながら、自転車旅行者の声に応えてきた数々のノウハウを本書に注ぎ込んでいるからなのです。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • 出版社: NPO法人シクロツーリズムしまなみ; 初版第1刷版 (2016)版 (2016/04)
  • ISBN-10: 4990716159
  • ISBN-13: 978-4990716158
  • 発売日: 2016/04
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 13.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,994位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この1冊でしまなみのサイクリングの幅が一気に広がりました。
小さくて持ち運びがしやすいので、ポケTへ入れてサイクリングできるので便利です。
サイクルコースごとの高低差が紹介されているので、初心者のサイクリストにとっては、特にコース選びの参考になると思います。
他のガイド本では紹介されていない、しまなみの「サイクルオアシス」の情報が100か所も紹介してあるので、安心してサイクリングへ出発できます。
この本で「大島水軍ロード(著者命名)」を知り現地へ行き、眼前で流れる潮の流れを見ることができ、その激しい潮のながれの迫力に圧倒されていました。
大渦で有名な「鳴門の渦潮」は、お金を払って離れた橋の上から見るか、高いお金を払って船から見るかしかできないので、この「大島水軍ロード」は、ほかでは体験することができないほどの、潮の迫力です。
この「大島水軍ロード」に出会わせてくれたこの本に感謝です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
改訂前のものもレビュー書きました。ひとにあげてしまったので,再購入,再upです。
しまなみ海道のサイクリングの本分はポタリング。
いつも通りにルートラボでルートを決めて,必死に縦断しても,景色は良いかもですが平坦で面白みが無い。
なもんで,ガイド本が沢山出ているわけです。
ガイド本の中で,最も多くのスポットを網羅しているのがこちらになります。
地元ライダーの著ということもあり,ルート説明もばっちりです。
これさえあれば良いと思いますが,地図が好きなもんで,島走マップも買っちまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このガイドブックの初版は2013年7月。まだまだ、しまなみ海道がサイクリングルートとして一般に広く認知される前から出版されている本として、サイクリストには有名なガイドブックである。著者は、自転車世界一周旅行経験のある云わばプロの自転車旅人で、今は地元ガイドとして活躍している宇都宮氏。

本は、大島、伯方島、大三島、生口島、因島、向島、上島町と島ごとに章立てされている。各島の章は①サイクリングマップ ②ルート別の高低差 ③トピック ④写真集 ⑤スポット・グルメ情報 ⑥宿情報 ⑦Q&Aと体型的にまとめられている。自転車旅人、サイクリストの目線でまとめられているという点で、他の大手企業や観光協会のまとめているようなガイドブックとは一線を画している。

近所の書店には置いておらず、取り寄せを希望したところ、ずいぶんと時間がかかるとのことだった。もしかしたらネット通販のみの販売なのかもしれない。発行元のシクロツーリズム社かAmazonで購入するぐらいしか入手方法がないようだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
昨年9月にしまなみ海道一人旅をしたので、その際に購入しました。
店舗で扱っている書店がかなり少ないのですが、自転車の距離にあったので
実物を見たところ、改訂前のものしかありませんでした。
使い勝手はMAPと比べてBOOKの方がよさそうだと感じたので
(広げた地図をたたむ手間など)MAPの方を購入しました。

準備期間も道中も何回も参考にしましたし、
著者のシクロツーリズムしまなみが運営している宿泊所にも泊まらせていただいて
とてもよくしていただいたので、大変満足しています。
ただ、個人都合でしかありませんがこの本は今治→尾道なのですが
私の経路は尾道スタートだったので、理不尽ですが☆-1です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
H28年11月にしまなみ海道を妻と二人で走破してきました。約80㎏は50歳前後の夫婦には多少つらい距離でしたが、一泊二日で休みながらでしたら、何とか走破できました。この本はカバンに入れるにも軽く、スタート地点だった、サンライズ今治でもらった地図よりも役立ちました。
途中の島々でのお店の情報や地図、道の高低差等が丁寧に書かれており、非常に役立ちました。来年も行くことを計画しており、次回も携帯必須です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す