通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
しつもん仕事術 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

しつもん仕事術 単行本 – 2012/6/7

5つ星のうち 4.7 40件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 808

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • しつもん仕事術
  • +
  • ビジネスで一番大切なしつもん
  • +
  • しつもんマーケティング  あなたのファンが1000人に増える5ステップ (角川フォレスタ)
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 116pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

売り上げをもっと伸ばしたい、スタッフのやる気を引き出したい、
課題を解決したい、今の閉塞した状況を打破したい──。
『しつもん仕事術』は、こんな悩みを抱えるビジネスパーソンをサポートし、
「正しい答え」へと強力に導きます。

「正しい答え」は「正しい質問」から生まれます。
そして、答えは「外」にはありません。
もっと自分に、社員に、持っているリソースに、そして顧客に目を向け、
「正しい質問」を投げかけていくと、
さまざまな「気づき」が生まれ「正しい答え」への誘導が始まります。
気づきが増えることで、意識が変わり、人間関係が変わり、仕事力が劇的に伸びる。

本書『しつもん仕事術』には、質問のプロである松田充弘からあなたへ
約100種類の「しつもん」があります。
これに答えていくだけで、
ビジネスに役立つ、さまざまな能力を
自分に最も合った形で、無理なく身に付けることができます。
ビジネスの最前線で日々奮闘されている方々に最適の1冊です。

出版社からのコメント

人は思考するとき、自分自身にたくさんの質問を投げかけています。
だからこそ、「正しい質問」の方法を身に付ける必要があるのです。
本書には、ビジネスでの新しい気づきを生む「しつもん」が、
目的別に100個以上盛り込まれています。
筆者が投げかける「しつもん」に回答するだけで、
「求めている答え」に到達できる、というコンセプトで筆者と本を設計しました。
ぜひ、質問の答えを本書に直接書き込んでいってください。
また、職場のスタッフ全員で本書に収載している各種の「ワーク」を行うと、
「しつもん」の効果が倍増します。社員研修にもご活用ください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 244ページ
  • 出版社: 日経BP社; 46版 (2012/6/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822249123
  • ISBN-13: 978-4822249120
  • 発売日: 2012/6/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 31,225位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 rama 投稿日 2012/8/24
形式: 単行本 Amazonで購入
確かに「具体的な場面での、具体的な質問の仕方」や「マンダラチャート」など参考になる点は多々あった。
しかし、「これは!」と思うような気づきは得られなかった。
質問力の本は多数出ているし、雑誌のコラムなどでもたびたび出ている。

着眼点は面白いし、いい本であるとは思うが、☆5つまでは行かないと思う。
レビューを見て購入を決めたが、講演を聞いた人は講演の内容を差し引いて「本」の評価をして欲しい。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書は質問「する側」から一方的に、メリットを述べていて「する側のメリット」は否定しない。

 しかし、質問「される側」から本書を読むと、うざい。
質問攻めにされたら、普通の人間なら誰だって「うざい」と感じるものだが、
本書の「つくり話的な事例」は全て、上司から質問攻めにされた部下が、イキイキと描かれているのが
ウソっぽくて、気分が悪くなり、途中で読むの止めました。

 とにかく、事例が非常に「ウソ」っぽい!

 
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 文字屋 投稿日 2013/12/28
形式: 単行本
さほど目新しい内容はなかったのですが、

『やらなくてもよかったことは何か?』

という質問は目からウロコでした。

何かをやりたいと思っているけど、
何かをやめられないから
出来ないことって、
よくあるなあ。。。と気づいたのです。

そこで、

「子どもと24時間365日過ごすこと」
「毎日布団干し、掃除機かけをすること」
「毎日、主菜、副菜2品、汁物1品用意
 すること」

などをやめることにしました。

これらをやめたら、やりたいことをする時間ができました。

辞めるのはよくないことだと思っていたので、
辞める大切さに気づけてよかったです。

しつもん仕事術
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 zucchero VINE メンバー 投稿日 2012/7/11
形式: 単行本
優劣問わず人は物事を考える際に質問から始めます。
その質問自体にも表裏があり、なにかトラブルがあった際に
「どうしてこうなってしまったのだろう」という問いを浮かべる人と、
「どうすれば防げたであろう」と問いかける人では自己評価や行動にじわりと差が出てくることでしょう。

同様に上司から部下への問いかけの際にも正しい質問の仕方をすることができれば良い影響を与えられるかもしれない、
と思い、この本を手に取りました。

しかし、質問者としての6ヶ条という項を読んで正しい質問をするには正しい関係を築く必要があると痛感しました。

普段から叱責も面罵も全くしない安定した上司のつもりでしたが部下には逆に無関心と受け取られているかもしれない、
なんとなく誉めているつもりでも伝わっていないかもしれない、
そんなことを省みながら読みました。

指示待ち人間は忌むべきものと考えていましたが、正しい質問をすることで
自分で考えさせることができるかもしれない、できるできないに関わらず上司として
そのフォローはすべきだと改心(?)しました。

後半のひとつのテーマにマンダラ形式で多方向から質問するスタンスは非常に参考になりました。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「質問家」の肩書きの著者が質問を用いて
組織を運営する手法を記しています。

基本は個人に対するコーチングの話となっていますが、
マーケティングや経営理念、会議運営まで
幅広く対応しています。
それ故に
無理やり質問形式にしてしまっている部分も多いように感じました。
著者の組織自体が、
「しつもん財団」「魔法の質問」となっているので
ブランディング上も手法を質問で統一する必要が
あったのだと思います。

個人の目標や部下管理はコーチングの入門書、
マーケティングはダイレクトマーケティング関連本など
それぞれの専門書の方が
根本の意味(≒本書でなぜその質問をするのか)まで
書かれているので
深く知りたい方はそちらを読んだ方がよいかもしれません。

質問マンダラチャート他、
著者が実際にコンサルで使用しているツールが
コンサル先やセミナーでの記入例込みで載っていますので
興味のある方には
ヒントとなることが多々あるかとは思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック