通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
しずく (光文社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

しずく (光文社文庫) 文庫 – 2010/1/13

5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 275
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 540
¥ 540 ¥ 189
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • しずく (光文社文庫)
  • +
  • きりこについて (角川文庫)
  • +
  • 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,750
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



書評をよむ
「週刊文春」「週刊朝日」に掲載の書評がAmazonで読める! 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

『さくら』『きいろいゾウ』の西加奈子、待望の最新刊は初めて
の短編集!

・・・・・・・・・・・・・・
そうか、あなたがいたんだ。

迷っても、つまずいても、泣きそうでも。
人生って、そう悪くない
・・・・・・・・・・・・・・

・幼なじみ
・三十女と恋人(バツイチ)の娘
・老婦人と若い小説家
・旅行者と嘘つき女
・二匹の雌猫
・母と娘
少し笑えて、結構泣ける、「女どうし」を描く六つの物語 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社からのコメント

読んでいて、気づくと少し元気になっている、そんな本です。
大きな事件も、びっくりするような奇跡も起こりません。
それでも、読み終えた後には、心の凝りがほぐれたような、
あたたかい気持ちになれました。
どうかひとりでも多くの方が、この本と出会ってくれますように。
心からそう願っています。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 222ページ
  • 出版社: 光文社 (2010/1/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334747221
  • ISBN-13: 978-4334747220
  • 発売日: 2010/1/13
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,810位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ひさびさに小説を読んで泣きました。西さんの作品は何かしらはっとさせられる単語が入っており、それが心の琴線に触れると、もう涙が止まらなくなります。表題作の「しずく」もよかったし、「木蓮」「シャワーキャップ」も大好きです。今まで読んだ作品の中でこの本が一番よかったです。長編でも好きな作品がいくつかありますが、短編のほうが西さんの持つ、淡々としてあっさりしているのに心にどうしようもなく響いてくるという作風がより強く感じることができました。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
西加奈子さんは人に対する視線が鋭く優しい。

こういう感情の揺れとか不安ってあるよね、と普段のぼんやりとした感情をズバッと言葉で表現する。
切なさを感じたり、自分の中で調整しながら生きている部分を読み手に認識させて、受け止めさせる。

淡々と、読み手の想像力に委ねる文章が詰まった短編でさらりと読める。
最後に収められた「シャワーキャップ」のおかげで、読後感は、みんないろいろあるけど、人間って強いし、希望が見いだせると感じることができた。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sky_drivere 投稿日 2007/8/7
形式: 単行本
わたしは、表題作でもある「しずく」がいちばんすきです。
読んでいると、猫を撫でているような、あのやわらかでやさしい、
愛おしさがこみ上げてくるから。

シャワーキャップも好き。
意地っ張りなわけでも、高慢ちきなわけでもないけど、
ちょっと不器用な感じが、自分と重なって共感できるから。

「さくら」も読みましたが、西さんは、なんともいえない、
心の琴線に触れる物語を描くのが上手なんですね。
表紙も、シンプルで優しい、部屋に飾っておきたくなるものが多いし。
今、一番好きな小説家かも。

「そうね。そう。いつだってわたしのそばには誰か居るんだわ」
と、感じられる1冊です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「ランドセル」には幼馴染、「灰皿」には老婦人と若い小説家、「木蓮」には三十女と恋人の娘、「影」には旅行者と嘘つき女、「しずく」には2匹のメス猫、「シャワーキャップ」には母と娘という、それぞれの「女同士」が描かれた6つのおはなしが収められています。
好きなのは「灰皿」、「木蓮」、「シャワーキャップ」です。
「灰皿」は、上品な老婦人と、「私がうんこを食べるまで」という作品で賞をとった27歳の小説家の奇妙なやり取りがおもしろかったです。
「木蓮」は、女の本音が見え隠れ、ラストでスッキリ、笑いが込み上げてきました。
「シャワーキャップ」は、屈託のないお母さんのキャラが、何ともかわいくていいなぁ〜って思いました。
おはなしの中で、色んなタイプの女性が登場しましたが、自分に一番近いのは、「木蓮」のぶちきれたあとの三十女といったところでしょうか。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
評価が良かったので購入しましたが、記憶に残らないような・・・内容が薄かったかなあ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 酢新 投稿日 2015/3/15
形式: 文庫
[しずく]を読んで泣きました。小説を読んで泣くのは何年ぶりだろうと、自分でも驚いたほど。読みやすく、すっと馴染める文章でした。

西さんの小説は、好きなものと好きになれないものの差が激しく、買うのに勇気がいりますが、これは太鼓判を押したいです。猫好きなら尚更。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
女と女のつながりを描く短編集。
ねことねこだったり母と娘だったり幼馴染だったり
旅の女と地元の女だったり色々な女と女のつながり。
どれも最初の一行からぐっとひきこまれて
一気に最後まで読んでしまった。
読後ほっこりしたりしんみりしたりうるっとしたり
するけれど、どれも心に染み入る暖かい話。
こういう話が、今まさに読みたかったんだよなぁと
思わせる本だった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトル作品のしずく...だめです、皆さんの感じるよさが全く理解できませんでした。
まったく入っていけません。
たいてい我慢して読みますが、久しぶりに、乱読3分で読了です。
それまでの4作は、いい印象だったので、残念です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「女同士」を描く短編集。
はじめはぎこちなかった2人がささいなことから歩みよっていく・・・
その過程をユーモアたっぷりに描いています。

何かのきっかけで急速に仲良くなれる(分かり合える)、これって女の特権じゃない?
世代を超えて分かり合える「女だから」の共通意識。
特に大きなドラマや感動なんかなくても
ストーンと気持ちのいい展開に転がっていくところが好きです。

最近は特に何も起こらないけど、
読後の心にしみじみとあったかいものが残るような作品が好みなので、
その点で良い作品でした。

中でも、世代も環境も越えた「灰皿」と「木蓮」が特に好き。

ランドセル・灰皿・シャワーキャップ・・。
小物のさりげない演出も絶妙にうまいんです(*^_^*)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック