中古品の出品:5¥ 3,600より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

しあわせのかたち~水晶の滑鼠

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 3,600より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の アニメ・サントラ ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (1992/3/25)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: メディアリング
  • 収録時間: 97 分
  • ASIN: B00005I3IT
  • EAN: 4989006911007
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 403,892位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. メインテーマ
  2. オープニング「しあわせのかたち」
  3. AKIBA
  4. 桜興信所
  5. 黒いドレスの女
  6. 衝撃1
  7. 黄色い犬
  8. 衝撃2
  9. 「九十九」
  10. 水晶の滑鼠(マウス)
  11. 奇怪な訪問者
  12. クレタ島の女
  13. インターミッション
  14. 衝撃3
  15. 黒幕
  16. 真相
  17. 罠
  18. 赤いオリマ
  19. 追跡
  20. 大詰め
  21. エピローグ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

雑誌,『ファミコン通信』の超人気マンガのイメージもの。スタッフの異常なノリの良さがすごい。[1]は押井守脚本の多重構造ドラマ。声優さんが役をかけもちしすぎて大混乱というもの。[2]は川合憲次作曲のBGM。ジャズコンボ中心の手堅い作り。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
92年に購入してから現在まで、レコードなら文字通り擦り切れるほど
聴いているが、不思議と飽きないのはたぶん声優さんたちが自身が
心から楽しんで演じているからなのだろう。
サントラ面のほうも秀逸。渋いジャズとアニメ声の喰い合せ実験なんて、
既にこの作品がカウボーイビバップに先駆けて何年も前にやってたわけで。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AmazonCustomer 投稿日 2013/11/14
形式: CD
しあわせのかたち のおまえ こいつ べるの が、テーブルトークRPG「ふしあわせのかたち 水晶の滑鼠(マウス)リプレイ」を一応演ずるはずが、後キレる と言ふ体裁で、展開。「ちょりそのぶ」は古本さんと山寺さんの声で喋る。これだけに使はれた音楽のサントラが入って豪華。
 封入された紙には、「収録の際のテーブルに おもちゃがたくさん用意されていて困った」とある。

 一応RPGについて、劇中で「ゲームマスターと呼ばれる語り手の誘導で展開する物語形式のゲーム」と説明はされる。でも始めから終ひまで「プレロールドなリプレイを、読んでたらアドリブに」と言ふ感じ。「和製マンチキン」よりはこっちに行った方がましだけど なんか違和感。
 桜だまきち(声は土師孝也) といふGMが、メタ構造で なんといふかうーん。アレはお面だ と言ふ訳で「おめんね」ださうだがうーん。

 で、落ちがマルタの鷹。うーん。
あとはもう「うーん」の嵐 うんちに行く古本さんで「うーん」パーポ警部(こっちのCVも山寺&古本)で「うーん」『波止場通りを左に曲がりゃ』『みなっとまぁち じゅうさんばんちぃ』で「うーん」舌先三寸で飛ぶタクシーで「うーん」中華弁当の上(言ふのは千葉繁)で「うーん」

まあちゃんと「だいたいあってる」仕様のミッションインポッシブルでなくてスパイ大作戦の曲は血管浮走ったけど。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
多重構造なんていえば聞こえはいいですが
私の意見としてはただのゴミです、これは。

シナリオのかたちとしては、3人組がスタジオで劇中劇をするというもの
(TRPGの形式でシナリオを演じてもらいますなんて言うのだけれど
なにがTRPGだったのか?押井守はこの言葉だけ知っていたのでしょう)

劇中劇のシナリオはハードボイルドチックな探偵ものって感じですが、ようするに2時間サスペンスのシナリオの質を思いきり低くした感じです。

びっくりするくらい中身のないシナリオが、ギャグ満載で進んでいきます。
そしてこのギャグの面白くないこと面白くないこと。
セリフを面白くすることのみで笑いをとろうとするのですが、まるでセンスのないセリフに笑いではなく怒りがこみ上げます。

そしてエンディングはなぜか唐突にシリアスになります。
さっきまであんなに(聞いてる人以外は)楽しそうにしていたのに
こういうドラマではありがちですが、立場の強くなった主人公が犯人(と聴視者)に自分勝手なセリフをお聞かせくださいます。
(ご丁寧にも、これまたありがちな犯人のセリフの引用付き)

かなり不愉快な展開で、しかもそのままCDドラマは終わり。こりゃ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック