中古品の出品:9¥ 9,395より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

さるとびエッちゃんDVD-BOX

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:9¥ 9,395より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 野村道子, 千々松幸子, 永井一郎, 麻生みつ子, 田中亮一
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: 日本コロムビア
  • 発売日 2006/02/01
  • 時間: 650 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000CEK4Z0
  • JAN: 4988001964766
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 250,024位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

“エッちゃん”こと猿飛エツコのパワフルで元気な学園生活を描いたアニメ作品。見かけは普通の女の子、しかし彼女は人並みはずれた運動神経の持ち主で、その上動物たちとも会話ができるという能力を持っているのだ。そんな彼女が様々な場面で大活躍する。

レビュー

原作: 石ノ森章太郎 演出: 芹川有吾/勝田稔男/高見義雄/明比正行/池田宏/金子充洋/岡崎稔/久岡敬史/大谷恒清/山本寛巳/佐々木勝利 脚本: 山崎忠昭/辻真先/雪室俊一/押川国秋/城山昇 撮影: 武田寛 作画監督: 高橋信也/木暮輝夫/永樹凡人/古沢日出夫/畑田暉雄/香西隆男/落合正宗 美術: 土田勇/内川文広/伊藤攻洋/横井三郎/辻忠直/山崎誠/伊藤英治 音楽: 宇野誠一郎 声の出演: 野村道子/千々松幸子/永井一郎/野島昭生/麻生みつ子/田中亮一/中村恵子/川島千代子/北浜晴子
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

今見ても驚くほど安定した作画、フィルムの状態も良好、長年しずかちゃんワカメちゃんの声として慣れ親しんだ「野村道子」の本当に若い時分のかわいい声、石森章太郎の少女まんがでは一番のヒット作でもあるエッちゃん、この現代版ざしきわらしのような少女が「魔女っ子アニメ」のカテゴリーの下、なんとも自由きままなファンタジーとリアルな社会派の空気の中を飛び回る姿には後年の「おジャ魔女どれみ」シリーズの源流を見ることが出来る、(どれみのシリーズ構成担当の山田氏が師と仰ぐ雪室氏が本作の脚本に参加しているのも偶然ではあるまい、)惜しむべきは放映の途中打ち切りにより、最終回が制作されていない事、またパイロットフィルムおよびTV未放映話数のフィルムの所在が明らかでない事、(東映を飛び出す直前の宮○駿氏が最後に担当したというシーンの気のはいってないやっつけ仕事ぶりも残念、あそこは作品を作る場所じゃ無い、と言って抜け出した彼が最後の最後に作品としての取り組みをしなかった事が後年彼が大成しても常に識者には馬脚を現すことの原因ではないだろうか?)

このまま「幻」になってしまうにはあまりにも惜しい、
エッちゃん、いつかきっと「エヘっ帰ってキタダヨ!」ってその可愛らしい姿を見せておくれ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。3歳以上 おもちゃ

関連商品を探す