Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,242
(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[町山智浩]のさらば白人国家アメリカ
Kindle App Ad

さらば白人国家アメリカ Kindle版

5つ星のうち 3.7 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,242

商品の説明

内容紹介

「二大政党の将来がどうなるかはわからない。ただ言えるのは、アメリカが白い肌に青い目で英語を話す人々の国だった時代は、確実に終わるということだ」――トランプ対ヒラリー、史上最悪の大統領選が暴いた大国の黄昏。在米の人気コラムニスト町山智浩氏が、党大会、演説集会をはじめ各地の「現場」で体感したサイレント・マジョリティの叫び!

著者について

町山 智浩
1962年、東京生まれ。コラムニスト,映画評論家。カリフォルニア州バークレー在住。著書に『トランプがローリングストーンズでやってきた 言霊USA2016』(文藝春秋)、『最も危険なアメリカ映画 『國民の創生』から『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで』(集英社)など。「クーリエ・ジャポン」「週刊文春」など連載も多数。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7064 KB
  • 紙の本の長さ: 257 ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/10/29)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M262488
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 39,516位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 日本の報道だとトランプとヒラリー以外は蚊帳の外でどんな候補者が出ていたかよく判る。

 テッド・クルーズは『マシンガンベーコン』しか知らなかったがキューバ系の移民なのにヒスパニックに人気がないとか民主党のバーニー・サンダースは昔からガチガチの民主社会主義者とか。(しかも元々は民主党員ではないとか)

 特にトランプ候補のキャラクターを形作る原型となったものはWWEのプロレス参戦経験と本人主役のリアリティーショー『アプレンティス』であることはチラッと聞いたことはあるがどういった内容なのかあまり知らなかったので興味深い。

 事前の大統領選勝者予想でトランプが勝つと予想したのは藤井厳喜氏と木村太郎氏だけ。(森永卓郎氏も当てたが『自分の嫌いな候補が勝つ』というジンクスのため割愛)

 著者の町山氏も結果的にハズした訳だが時系列で読んでゆくと米国の報道に沿っているだけにヒラリー一色でトランプを何とかしないと大変なことになる、という米国のマスコミの思惑がよくわかる。

 なぜならヒラリー側のマイナス情報はあまり出てこないがトランプのマイナス情報はこれでもか、と出てくるから。
 トランプ候補自体もその点をよく把握しているが何故暴言王で支持が拡大していくのか、その振る舞いはキャラなのか
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まさかと思っていたが、トランプ勝利。町山氏はトランプが敗北すると予想して執筆したのだろうが、選挙後に読んで見ると、トランプ賛美ともとれる記述に気がついた。正直これからの国際政治は不透明だが、停滞だけは無さそうなので、変革が良い方向に進むことに期待したい。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 ウェブマガジンの「クーリエ・ジャポン」の連載記事を、大幅に加筆・修正して単行本化したとのことだが、内容の重複が目立ってしかたがない。連載記事は個々の記事が独立しているから、別の回で触れた話題を再度持ち出しても気になることはないが、単行本化された時点で重複が解消されないと、どうしても目立ってしまう。例えば、1929年の大恐慌に際して、時のローズベルト大統領がニューディール政策を実施。富裕層へ増税して、公共事業を推進して、富の再分配を行った話題は何度も紹介されますからね。同じ話題が繰り返される度に、「またかよ?」という気分になって、次第に読み進めるのが苦になってしまいました。
 それに、加筆・修正の時間を十分に割けなかったのか、「この文章でいいの?」と思う箇所もいくつか。例えば、P329に「中流になって子供を大学に生かせ、家や車を買うことができた。つまり「中流」になれた」と書かれているんだが、「中流になった」と書いた直後に「つまり「中流」になれた」と書くのはいかがなものかと…。この点は町山さんが推敲する以前に、講談社の校閲担当者がしっかりチェックしないといけないように思うが、大統領選に間に合わせようとして、十分な校閲作業を行わないまま、出版に踏み切ったのだろうか。
 現代アメリカを知る良い機会になった本であるのは間違いないので、単行本化に当たっての内容の整理、表現の推敲を、もう少し丁寧にしてもらいたかったな。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
相変わらず切れ味するどい町山さんの最新作。

アメリカの事情に疎い我々からすると、なぜアメリカ国民(と言うか共和党員)はトランプを選んで
しまうのか、全く理解できないが、本書を読むとその構図が良く分かる。要は共和党が低学歴の白人
を愚民化した流れに乗ったのがトランプだったという…

プラスアルファで、出来もしない公約を掲げる共和党をアホだな!と思うものの、選挙への投票率が
高い老人の方を見て政治しているという意味で言えば日本もあまり変わらない気が…。

いずれにせよアメリカの政治事情を知るのにこれ以上の本はなかなか無いと思う。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
トランプ氏が米大統領選に勝利しました。何だかんだ言っても暴言だらけの不動産王が勝つと思っていなかった人々と世界は、平静を装いつつも戸惑いの中にあるようです。

著者の町山氏は本書で、アメリカ大統領選前から予備選、本選前までを、現地コラムニストの視点で解説します。選挙戦の各シーンを、米国の歴史や政治背景、政党・政治家の主義主張や有権者感情などを絡めながら、簡潔にポイントをおさえて論じています。また、根拠となる統計データも適度に明示されます。
時系列の各トピックはどれも明快です。雑誌用エッセイのため語り口もわかりやすく、大統領戦のオモテとウラで何が起きていたのかがよく理解できました。

トランプが民主党はおろか共和党さえも打ち倒したこと。支持者ターゲットを白人中高年ブルーワーカーに絞っていたこと。ヒラリーのマスコミ嫌い。サイレント・マジョリティの真の意味。トランプの暴言スタイルも作られたものであり、モデル政治家がいたこと。FOXニュースの敗北、などなど。
読み通して「あのトランプをなぜ多くの米国民が支持しているのか」といった以前からの謎が幾分か解けました。と共に、ポピュリズムで選ばれた大統領が、数々の突き抜け過ぎた公約をリップサービスでなく実現してしまうのか?はたまた、公約は選挙戦のための口約束として、現実路線に舵を切るのか?
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover