この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

さらば価格競争 (日本語) 単行本 – 2016/10/14

5つ星のうち4.1 7個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,980 ¥113

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

最新の調査によると、全国の中小企業の8割が、価格を競争力の源泉とする経営、つまり“価格"の安さを売りものにした経営をしています。いま、そうした行き過ぎた価格競争が日本社会に歪みを生み、そこに関わる人々を苦しめ、その将来に暗い影を落としています。
本書では、価格の安さではなく、他社にない価格以外の付加価値を競争力の源泉とする「非価格経営」を実践する中小企業21社を厳選、その独自性と実現までの過程を徹底取材。従業員、取引先、顧客、地域社会、株主・投資家という企業に関わるすべての“幸せ"を実現する経営のあり方、やり方を解説します。
「安さが誰かの犠牲・我慢の上にかろうじて成立しているであれば、その値決めは健全・適当ではなく、長く顧客に支持されることはありません。価格とは、企業経営の命であり良心なのです」とは、著者の坂本光司・法政大学大学院教授。7500社以上の企業を訪問調査してきた著者による、非価格経営実現のための提言は、価格競争に苦しむ多くの中小企業の経営者の指針となるでしょう。
本書は刊行に先立ち、法政大学大学院坂本光司研究室、富国生命グループのフコクしんらい生命の両者によって「中小企業の非価格経営に関する調査研究委員会」を設置し、全国の中小企業を対象に「非価格経営に関する実態調査」を実施。1年間に及ぶ共同研究を基礎資料としています。

内容(「BOOK」データベースより)

コストダウン社会の終焉。真の顧客は値段よりも品質と企業姿勢を見ている。非価格経営に取り組む中小企業の実践。

登録情報

  • 出版社 : 商業界; 第46版 (2016/10/14)
  • 発売日 : 2016/10/14
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 240ページ
  • ISBN-10 : 4785505095
  • ISBN-13 : 978-4785505097
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 7個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
7 件のグローバル評価
星5つ
10%
星4つ
90%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年12月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年11月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年12月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月31日に日本でレビュー済み
2018年10月2日に日本でレビュー済み