中古品の出品:3¥ 5,690より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

さよなら子供たち【HDニューマスター版】 [DVD]

5つ星のうち 4.7 32件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 5,690より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ガスパール・マネス
  • 監督: ルイ・マル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2009/10/31
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 32件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002LVRPVS
  • JAN: 4523215038294
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 69,463位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「ねえ、怖い?」「うん、いつでも」―――――
子供たちの目を通して戦争の残酷さを
静かなトーンで描き出した、ルイ・マル監督の秀作。

1944年1月。休暇から寄宿舎へと戻ったジュリアンのクラスに、ジャンという転入生がやってくる。成績優秀なジャンはなかなか級友たちと馴染もうとしなかったが、読書という趣味を通して、次第にジュリアンに心を開きはじめる。そんなある日、好奇心からジャンのロッカーを盗み見たジュリアンは、ジャンの秘密を知ってしまう……。
ナチス占領下のフランスで子供時代を過ごしたルイ・マル監督の自伝的作品。心を通わせた友だちが「ユダヤ人」というだけで引き裂かれる不条理が、子供たちの無邪気な日常を描き出すことで際立つ。
監督は「生きているうちに絶対に撮らなければならない作品」として、アメリカでの活躍ののちフランスに戻って最初に手がけた本作品で、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞ほかを受賞している。


●100%ORANGEによる描き下ろしイラストジャケット(※裏面は写真ビジュアルを使用したリバーシブルジャケット仕様)!
●ジャケットと同じイラストの大判ポスター型解解説書封入!(山田宏一×ルイ・マル監督インタビュー再録)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

子供たちの目を通して、戦争の残酷さを静かなトーンで描いたルイ・マル監督の自伝的ドラマ。ある日、ジュリアンの通う学校に転入生・ジャンがやってくる。ジャンはなかなか級友たちと馴染もうとしなかったが、次第にジュリアンに心を開き始め…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
 ルイ・マル監督の中では『42丁目のワーニャ伯父さん』とともに大好きな映画です。マル監督については、一度フランスに戻って以降の作品に円熟味を感じて「いいなぁ」と思ってしまいます。
 声高なメッセージ性はありませんが、かえってそれだけ純粋だと感じます。よくこのカメラと、このキャストと、このシナリオと監督(この作品では同一人物)、スタッフが同じ時を共有してくれたものだという意味において、作品の存在自体が小さな奇跡のように感じられます。少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが、好きな映画というのは、誰にとってもそういう印象を与えるものなのではないでしょうか。
 監督の実体験に根ざしたとされる大変悲しいお話ですが、下品な作品ではないので、現実の悲しみに打ちひしがれていない限り、どんな方にもお勧めできる映画だと思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 お気に召すまま トップ500レビュアー 投稿日 2016/10/1
形式: DVD
ドイツ占領下のフランス、監督のルイ・マルは、11歳のとき、田舎にあるカトリック系の寄宿学校に疎開しており、その実体験にもとづいている。密告により、三人のユダヤ人生徒と、校長の神父が逮捕され、全員アウシュビッツ他で死亡(これは史実)。この映画は、寄宿学校の少年たちの日常生活を生き生きと描いており、だからこそ万感胸に迫る。邦画の「二十四の瞳」もそうだが、戦場の兵士ではない「銃後」の人々がどのように傷つくかを描くことも、戦争を描くことである。ふざけ合ったり、いじめたりの少年たちの姿が活写される中、突然現れる対独協力者の高慢な姿、冷静なゲシュタポの視線、階級の懸隔、差別される新教徒など、少年たちの日常生活の中にさまざまな形で「戦争」が姿を現す。この年齢の少年たちは、自分たちの置かれた状況を完全には理解していなかったに違いない。「いったい何が起こっているのだろうか」、それが分からない不安が、主人公ジュリアンの戸惑いに満ちた眼差しに表現されている。この映画はジュリアンの眼差しによって作られていると言ってもよい。おそらく彼はルイ・マル自身の分身なのだろう。ジュリアンと、ユダヤ人少年ジャンとの次第に深まってゆく友情がいい。音楽教師の役で出ている20歳のイレーヌ・ジャコブも美しい。逮捕され学校を去ってゆく神父の言葉「Au revoir les enfants さよなら子供たち」は、実在した言葉だったのだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ときは第二次大戦末期、ドイツ占領下のフランス。
フォンテーヌブロー近郊の、カトリック寄宿制男子校を舞台としたルイ・マル監督の自伝的な1987年の作品です。

生涯の友人ともなり得た同級生ジャン・ボネとの理不尽な別れへと集約する(ユダヤ人迫害の絡む)戦時下のできごとを、12歳のジュリアンの目をとおした寄宿舎での淡々とした日常生活描写の中に、巧みに浮かび上がらせた作品です。
(大人と子供の狭間でゆれるような少年たちの生態が非常に正直に描かれていてとても面白いです。)

「さよなら子供たち、また会おう。」
と、匿った三名のユダヤ人の少年とともに連れ去られて行った神父(校長)の別れのセリフ…。

「私はあの一月の朝を死ぬまで忘れないだろう。」…ルイ・マル監督自身のナレーションがエンディングに流れます。

当時を冷静に客観的に見ることができるまでに40年を要した、と監督はおっしゃっています。
少人数スタッフであたったこの作品は、処女作のつもりでワンカット、ワンカット丁寧に撮ったとも…。

出演者はスカウトなどで選んだ無名の少年たちによる作品ですが、(『地下鉄のザジ』の可愛らしいカトリーヌ・ドモンジョの演技を見てもわかるように…)、ルイ・マル監督は子供を使
...続きを読む ›
6 コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ルイ・マルの自伝的要素がこもった最高傑作。
この映画は、銃弾を1発も撃つことなく戦争の悲劇を伝える作品だ。

電車、駅、別れの挨拶を交わす母と子。クリスマス休暇を終えて寄宿学校に戻っていく子供の姿から、この映画は始まる。

学校では、人々の合唱が校内を包む。
寝静まる前のベッド、子供たちは新しい生徒への“挨拶”も忘れない。
窓の外で睨みを効かす軍人が、戦争を静かに物語る。
竹馬での遊び、空襲警報が続く中も防空壕で勉強を続ける熱心な教師。爆撃音が遠くで響く様子が怖い。

ピアノのレッスンでは、美しい女性が優しく教えてくれる。
空襲が続こうとも、ピアノの音色は度々響き渡る。

時々出入りする若い軍人たちもまた、寄宿生と年齢が少ししか違わない“子供”たちでもあるのだ。

森の中でのおにごっこは、まるで戦場を行くように描写される。今軍人として殺しあっている兵士もまた、彼らの様に遊びまわる子供時代があっただろう。
フランソワ・トリュフォーの「あこがれ」でも、そんな事をふと思ってしまうシーンがあった。

おにごっこの果て、洞窟の中に隠された探し物。
不安定な足場、徐々に暗くなる空の色が不安を煽る。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す