この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

さよならリアル・ワールド 大型本 – 2008/3/29

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本, 2008/3/29
¥ 13,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

田福敏史初の写真集『さよならリアル・ワールド』。2007年度のキヤノン写真新世紀優秀賞選出審査会時、ゲスト審査員の具本昌氏により、「ブックの構成や、見開きごとの配置などもとても良い。色使いやコンビネーションがうまく成功して、その確かな「目」には感心します。作品の量がたっぷりあって、めくっていると強いエネルギーを感じます」と大絶賛された作品。完成度を上げてついに写真集となる。300部限定。

レビュー

平凡な日常を撮っている作品ではありますが、瞬間、瞬間をしっかり押さえて、固定していく能力を備えていると思います。ここに写っているものは、現実でよく見かけるものばかりかもしれません。でも、この作者がフレームに収めることで、詩的なものになったり、また、非現実的なものに思えてきたりと、色々な表情が出てくる。何気ない世界が、見る側に強く訴えかける力を備えるものへと変わっています。 プリントの完成度が高いし、ブックの構成や、見開きごとの配置なども、とても良いものがあります。色使いやコンビネーションがうまく成功していて、その確かな「目」には感心します。 作品の量がたっぷりあって、めくっていると強いエネルギーを感じます。普段見慣れてしまった現実を、新しいものにして見せてくれています。(具本昌) --写真新世紀2007審査員評

光がよく回った世界はつくりもののよう。デジタルで撮影された無意識、無目的の写真だが、この世界のからくりを写真があらわにしてしまっているようなスリルがある。こういう写真はいくらあってもいいし、いくら見ていても飽きない。(タカザワケンジ) --「フォトグラフィカ」2008.vol12 ブックレビュー

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 208ページ
  • 出版社: クリエイティブ事業部ラック (2008/3/29)
  • ISBN-10: 4990403800
  • ISBN-13: 978-4990403805
  • 発売日: 2008/3/29
  • 梱包サイズ: 30.6 x 21.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,993,029位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2010年11月5日
Amazonで購入