通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
さよならエルマおばあさん がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆保証付。アマゾンから迅速発送◆【帯なし】表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。カバーにキズ・イタミが少しあります。カバーに日焼けがあります。紙面に日焼けがややあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

さよならエルマおばあさん 大型本 – 2000/7

5つ星のうち 5.0 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 452

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • さよならエルマおばあさん
  • +
  • リトルバンパイア〈1〉リュディガーとアントン
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ガンの告知を受けたおばあさんが、無理な延命治療をしないで、家族の温かな介護で死を迎えていくまでを写真とおばあさんの飼い猫の目を通してつづります。

出版社からのコメント

<第32回講談社出版文化賞受賞>
<第50回小学館児童出版文化賞受賞>

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 59ページ
  • 出版社: 小学館 (2000/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4097272497
  • ISBN-13: 978-4097272496
  • 発売日: 2000/07
  • 商品パッケージの寸法: 22.6 x 20.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229,824位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
15
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(15)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
学校司書の仕事をしていた時、
小学校低学年の生徒から「先生、死ぬってどういうこと?」と質問され、思い切って読み聞かせ会をすることにしました。

余命一年と知らされたエルマさんが「わたしの命は、あと1年くらいだろうから、いろいろ準備をはじめないとね。」と言いました。自分の一生を書き残し始め、身辺整理をし、会いたい人に挨拶し、毎日決してメイクを欠かさず…
一日一日を大切に生きながら、少しずつ弱りを見せ、死に向かって進んでいくエルマおばあさんと、彼女を見守る温かい家族の淡々とした日々。
そんなシリアスな内容を
愛猫のスターキティ目線の可愛らしい言葉で綴ったドキュメントです。
読み聞かせ会当日、何度も練習したのに、スターキティになりきってエルマさんのいない部屋を窓の外から覗くシーンで涙が出てしまいました…。

自分の亡き骸を写真に、本に残すことを著者に許可なさったエルマさんに、言葉でうまく表現できないけど、胸の奥からこみ上げてくる感動を抑えられません。

お母さんが読んであげるのなら、小学校低学年からでも充分理解出来ると思います。

自分らしく精一杯生き、自分らしく人生を締めくくり死へと向かっていく。

生と死について子供と大人が共に考えるのに
素晴らしいテーマの本です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
もともとプレゼントの絵本を探して、いろんな本屋さんのをめぐっていたのがこの写真絵本との出会いだった。
僕は自分で直接読んで、絵本を探す。自分でいいと思った本だけを大切な人に贈りたいと思っているからだ。

これはとある書店の子どもの本コーナーにあった。恥ずかしいと意識はなかったけれど、まわりは子どもか、子どもをつれた母親ばかりで、男は僕一人だった気がする。そして、読み終えた僕は、コーナーから離れた。
涙が出そうになったからだ。

物語の構造はシンプルで、不治の病を知ったエルマおばあさんが死を迎えるまでの一年間を飼い猫の視点で伝える。
エルマおばさんは、延命治療を拒否し、家族に見守られながら死にいたる。写真ははっきりとわかる死の過程だった。死の過程に魅入られたわけではなく、死を受け入れる当人と、見送る人々の態度に感動した。

死は悲しい。そして必ずやってくるものでもある。それをどう受け入れるかは、当人の生き様にかかってくるのではないだろうか?

昔、尊厳死の問題で、NHKのコメンテーターは「死ぬ当人は残される人々のことを忘れてはいけない。残された彼らは、ずっと苦しまなくてはならないのだから、たとえ不治の病でも、残される人々のことを考え、生きることを最後まで努力すべきだ」と。
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
生きていた人の「死んだ身体」の横たわる絵本を初めてみました。それを自然の風景のように受け入れる事が何時の間にか出来るようになっている自分がいるのでした。 エルマおばあさんは何も言わないのに、こうやって生きてきたよと語り掛けてくる、こうやって生きていく、そして生きたよと胸に静かに迫ってきます。
写真では生生しいのでは?と思ったのに、読み進む内に真実のファンタジーへ引きこまれていきます。これが、猫の目線にいる作者の愛情なんだなと思いました。 誰かに悲しみも喜びももたらしながら、人は生きているんだあ(死んでいくんだ)と思ったら、自分のこともちょっといいなと思えてきます。 多くの方に読んで欲しいな、と思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
死に行く事を受け入れながら、生きていることを大切にし、残った人へ愛情を注ぎ続けるエルマおばあさん。
生きる(死ぬ)という事は、人と人とを結びつけることなんだと教えてくれるエルマおばあさんの姿を愛情溢れる飼い猫の視線から描いているこの本は、とても穏やかな感動をくれます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/6/3
形式: 大型本
実は前にある番組で紹介されていた本で、 とても気になり買いました。 写真を見ているとなんでか、ほっとできるような 本です。内容もとても好きです。 何度読んでも飽きません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 死を前にして、戦わずに受け入れる…自分の人生をそっと優しく振り返る。

死は恐くない…この世に生まれたからには必ず起こる事。

愛する人が死ぬことは悲しい…しかし、死をゆっくり迎えれらるように

サポートするのは家族の役目。愛するからこそ出来る事…。エルマおばあちゃんの死を通し

生き抜くことの大切さや生きる強さを学びました。

読んであげるなら5歳ぐらいから自分で読むなら小学校低学年から。

死は恐いものじゃないんだよ…とエルマおばあちゃんはそっと教えてくれるはずです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー