さや侍 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品で特典等は付属していないのでご了承下さい) ジャケットデザインは写真と異なります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

さや侍 [DVD]

5つ星のうち 3.5 123件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • さや侍 [DVD]
  • +
  • しんぼる [DVD]
  • +
  • 大日本人 初回限定盤 [DVD]
総額: ¥6,880
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 野見隆明, 熊田聖亜, 竹原和生, 伊武雅刀, 國村隼
  • 監督: 松本人志
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日 2011/11/05
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 123件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005OPO12Y
  • JAN: 4571366485429
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 55,230位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

松本人志監督作品
第64回ロカルノ国際映画祭 ピアッツァ・グランデ部門 正式招待作品
第16回釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門 正式出品作品

「鞘(さや)しか持たない侍とその娘、30日間の戦い-。」
とあることがきっかけで、自ら侍として戦うことを拒絶し、刀を捨てた野見勘十郎。
そんな父を軽蔑し反発する娘たえ。二人は行くあてもない流浪の旅を続けていた。
無断で脱藩した罪に問われていた勘十郎には懸賞金が掛けられていた。次第に追い詰められた勘十郎は
遂に捕らわれるのだが、捕まった藩の殿様は相当な変わり者として世に名を馳せていた。
殿様の眼前に連行された勘十郎は、《30日の業》に処されるが、それに成功すると無罪放免になると言う…。

【収録内容(予定)】
本編103分
特典映像50分(セル盤のみ)

●メイキング
映画初出演の“素人”野見隆明を主演に迎え、独特な手法で行なわれた松本組の
撮影をメイキングカメラが追う。キャストのインタビューも交えながら振り返る撮影現場は必見!
●キャンペーン
大阪での完成披露試写会や、東京でのプレミア上映などのキャンペーン映像。
さらに、ロカルノ国際映画祭の目玉、大規模野外会場に設置された巨大スクリーン
での熱狂と興奮の上映の模様まで、これまで見られなかった舞台裏を収録。
●未公開の業
映画本編で使われなかった幻の「未公開の業」八編を収録。
一、釜ゆで我慢/棒にしがみつくことにより熱湯を浴びずにすむ、それはそれは厳しい業。
二、眼鏡はずし/元来、手を使って付け外しをする眼鏡を、全く触れることなく顔面から脱着させる悪戦苦闘の業。
三、あつあつ田楽早喰い/尋常ではない温度で熱した田楽を、尋常ではない速さで喰らう、疾風怒濤の業。
四、大飴なめ尽くし/千人分の飴を溶かして作った大飴を、全ての唾液を使ってなめ尽くす一心不乱の業。
五、棒回り吹き消し/棒の先に額を押しあて回転し、狂う平衡感覚を保ちつつ、四隅のろうそくの火を次々と吹き消す暗中模索の業。
六、樽乗り/横倒しにした樽の上に立ち、両の足で器用に転がし移動の手段として用いる創意工夫の業。
七、ザリガニ鼻飾り/本来、凶暴なるザリガニに鼻を挟ませ、しゃれた鼻飾りに見立てる痛快奇天烈な業。
八、蛇結び(ロングバージョン)/二匹の蛇を紐のごとく結わい、蝶結びならぬ蛇結びにする奇怪至極の業。

【初回生産限定封入特典】(BD,DVD共通)
・制作会議録~さや侍ができるまで~
松本人志監督をはじめ、脚本協力を務めた高須光聖、板尾創路、長谷川朝二、江間浩司、倉本美津留
らによる、「さや侍」制作会議の議事録(200P ブックレット)
・プレスシート
細部にいたる作品解説や松本人志監督インタビューなどを掲載した、非売品プレスシートを初公開!
※初回生産盤出荷終了次第、通常盤(特典なし)となります
※初回生産限定パッケージ仕様

(C)2011『さや侍』製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

松本人志監督が、映画初出演の“素人”野見隆明主演で贈る時代劇ドラマ。脱藩の罪で「三十日の業」の刑に処された、さやしか持たない侍・野見勘十郎。業に挑む中で、勘十郎と娘・たえの心の交流を描き出す。特典にブックレットほか封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
これは「働くおっさん劇場」よりもvisualbumに近い感覚を抱きました
ところで、ここで説かれる「ダウンタウン=プログレ論」には思わずドキッとしてしまいました!
というのも、私事で恐縮ですが自分も70年代のロックが好きでよく聴いておりまして
松っちゃんの笑いにはヒプノシスやキーフにある無国籍なアート感覚に通ずるイマジネーションを常々感じておりました。
これはいわゆる視聴者や聴き手が脳内で補完する事によって壮大な世界観が見えてくるというもので
恐らく意味はないのだろうけど整合性を感じられる=意味があるように感じる=意味を見出したくなる、といった具合に
やはり、この作品にも陳腐なストーリーなど帳消しに値する真実が見え隠れする、というものです。
正直、これが発表された当初は貧乏学生で巷の噂も相まり手にすることはありませんでしたが、それを今更ながら後悔している、といった今日この頃。
あまり親との折り合い良くない、異性に束縛されるのも嫌で、歳甲斐もなく自由を切望し孤独を貫く自分でも結構感動してしまった
・・・ハマる人にとっては出口のない入り口なんだろうな、と思う。
どうでもいいが不甲斐ないさや侍に浴びせかけた板尾のチョンマゲ切るぞ!が妙に面白くてしばらく笑ってしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
松本人志に絶対的な信頼を得られた素人の「野見」さんを起用。まず、この映画を観る人は「野見」という人物に対して好印象を抱いてるか否かで評価が変わると思います。そして映画本編を観る前に特典映像を先に観る事をお薦めします。さらに初回特典として、松本人志とその他の方々が語る豪華な打ち合わせブックレットが付いてます。読むと、めちゃくちゃモチベーションが上がる内容なので、DVDを購入するなら是非とも初回特典版を手に入れましょう!野見さんの演技は真面目です。それを良しとして挑んだ松本人志監督の狙いは、ある人によっては 退屈と映るかもしれません。援護射撃をするワケではございませんが、あまり観た事がないジャンルでした。謎の三匹の殺し屋が出現。ちょっと小厳しいマセタ小娘。そして「笑わせる」ということが、いかに大変かと問うストーリーが複雑に絡んで、泣ける作品に仕上げた松本人志の才能は凄いんではなかろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
松本人志の3作品を観ましたが
これは素直に面白かったです。

前作、前々作よりは内容もシンプルで、
映画らしい映画作品だと思います。

野見隆明という限りなく素人に近い主演の起用や
自ら戦うことを拒絶し、刀を捨てた
“さや侍”というネーミング。

そこに松本人志という個性があります。

時として人にはゆずれない何かがあります。
それを笑われたとしても、
それを否定されたとしても、
そのことで自分に不幸が訪れるとしても、
そのことが不利益になろうとも。

ゆずれない何かがあります。

さや侍の娘のたえちゃんが言います。
「それでもお侍ですか?」

なにも刀を持つことだけが侍ではありません。

私も自分を貫くために大事な場面では
侍で在りたいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
時代劇の喜劇としてわかりやすい
通常なら罪人の訪ねびとであるが、この藩では幼少時に母を亡くして以来笑顔がなくなった幼き若君を笑わせられたら助けてやろうという仕組みになっている
30日のあいだ、1日一回チャンスがある。いろんなことをやっていくうちに見張り番や町人たちも次第に味方になっていく
娘の子がやたら演技が上手くてビックリした、彼女がいなかったら汚い絵面のおっさんばかりで序盤で観客が離れてしまっていただろう(笑)
娘が父を叱咤激励してるのだが、その日々の言動が人を無意識に動かしてしまう怖さを教訓として盛り込んでいるように見受けられる
人に笑われることがなによりの侮辱と意気恥さらしと聞く武士としての生き方と、人の情け施しは受けぬという武士としての意地
結果彼は侍らしく生きれたのではないだろうか
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す