さや侍 [Blu-ray] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,180
通常配送無料 詳細
発売元: 輝望堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

さや侍 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.5 122件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 4,180 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 896 (18%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、S.T.Nが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • さや侍 [Blu-ray]
  • +
  • R100 [Blu-ray]
  • +
  • 大日本人 [Blu-ray]
総額: ¥12,011
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 野見隆明, 熊田聖亜, 竹原和生, 伊武雅刀, 國村隼
  • 監督: 松本人志
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: よしもとアール・アンド・シー
  • 発売日 2011/11/05
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 122件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005OPNVOI
  • EAN: 4571366485436
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 42,818位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

松本人志監督作品
第64回ロカルノ国際映画祭 ピアッツァ・グランデ部門 正式招待作品
第16回釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門 正式出品作品

「鞘(さや)しか持たない侍とその娘、30日間の戦い-。」
とあることがきっかけで、自ら侍として戦うことを拒絶し、刀を捨てた野見勘十郎。
そんな父を軽蔑し反発する娘たえ。二人は行くあてもない流浪の旅を続けていた。
無断で脱藩した罪に問われていた勘十郎には懸賞金が掛けられていた。次第に追い詰められた勘十郎は
遂に捕らわれるのだが、捕まった藩の殿様は相当な変わり者として世に名を馳せていた。
殿様の眼前に連行された勘十郎は、《30日の業》に処されるが、それに成功すると無罪放免になると言う…。

【収録内容(予定)】
本編103分
特典映像50分(セル盤のみ)

●メイキング
映画初出演の“素人”野見隆明を主演に迎え、独特な手法で行なわれた松本組の
撮影をメイキングカメラが追う。キャストのインタビューも交えながら振り返る撮影現場は必見!
●キャンペーン
大阪での完成披露試写会や、東京でのプレミア上映などのキャンペーン映像。
さらに、ロカルノ国際映画祭の目玉、大規模野外会場に設置された巨大スクリーン
での熱狂と興奮の上映の模様まで、これまで見られなかった舞台裏を収録。
●未公開の業
映画本編で使われなかった幻の「未公開の業」八編を収録。
一、釜ゆで我慢/棒にしがみつくことにより熱湯を浴びずにすむ、それはそれは厳しい業。
二、眼鏡はずし/元来、手を使って付け外しをする眼鏡を、全く触れることなく顔面から脱着させる悪戦苦闘の業。
三、あつあつ田楽早喰い/尋常ではない温度で熱した田楽を、尋常ではない速さで喰らう、疾風怒濤の業。
四、大飴なめ尽くし/千人分の飴を溶かして作った大飴を、全ての唾液を使ってなめ尽くす一心不乱の業。
五、棒回り吹き消し/棒の先に額を押しあて回転し、狂う平衡感覚を保ちつつ、四隅のろうそくの火を次々と吹き消す暗中模索の業。
六、樽乗り/横倒しにした樽の上に立ち、両の足で器用に転がし移動の手段として用いる創意工夫の業。
七、ザリガニ鼻飾り/本来、凶暴なるザリガニに鼻を挟ませ、しゃれた鼻飾りに見立てる痛快奇天烈な業。
八、蛇結び(ロングバージョン)/二匹の蛇を紐のごとく結わい、蝶結びならぬ蛇結びにする奇怪至極の業。

【初回生産限定封入特典】(BD,DVD共通)
・制作会議録~さや侍ができるまで~
松本人志監督をはじめ、脚本協力を務めた高須光聖、板尾創路、長谷川朝二、江間浩司、倉本美津留
らによる、「さや侍」制作会議の議事録(200P ブックレット)
・プレスシート
細部にいたる作品解説や松本人志監督インタビューなどを掲載した、非売品プレスシートを初公開!
※初回生産盤出荷終了次第、通常盤(特典なし)となります
※初回生産限定パッケージ仕様

(C)2011『さや侍』製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

カリスマお笑い芸人・松本人志の監督作第3弾。ある理由から刀を捨て、さやだけを携えた侍・野見勘十郎は娘のたえと流浪の旅を続けていた。ついに追っ手に捕えられた勘十郎は「三十日の業」を課せられる。特典にブックレットほか封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 pommier_pomme トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/2
形式: DVD
松ちゃんは好きですが、この映画はひどかったです。
きれいでクリアな映像、大がかりなセット、演技のうまい子役、個性的な殺し屋の脇役など、
とてもお金をかけて豪華にしているわりに、それがあまり活かされていないように思いました。

間を大切にしすぎたテンポの悪い台詞回し、長回しにしすぎて冗長で見るに絶えないだらだらしたシーン、
一般人の野見さんが悲惨に見えてくるような痛くて笑えない芸、
脈略がなく、感情移入できない薄すぎるストーリー性。

感動すると聞いていたラストも、私には肩すかし、物足りない感じが否めませんでした。
竹原ピストルの歌はすばらしかったですが、そこまでの伏線が稚拙すぎて、いまいち感情移入できませんでした。
ひとつひとつの素材やアイデアはいいのだからきっとプロの監督ならもっとエンターテイメント性を高くして、
見せ方を工夫したんじゃないかなと思いました。

あまりに即物的、シンプルで、それが松本監督のお笑いにかける男道というか、ロマンなのかもしれませんが、
観客はついていけず、置いてきぼりになっているところもあるんじゃないでしょうか。

父と子をテーマにしていることは容易にわかりますけど、そういう個人的な思いを起点にし
...続きを読む ›
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ダウンタウンの熱心なファンです。
「ガキの使い」が深夜に放送していた時から、ずっと応援してきました。
ですので、この映画も期待して、発売日に予約までして買ったのです。しかし、ひどかった。
全く一度も笑えなかったですし、こんなうそ臭い話で感動なんて出来るわけないですよ。

まず、物語/ストーリーが、笑いから逃げてしまっています。
要は、面白くない(受けない)笑い、というのが前提なので、何だって考えられます。
人を笑わせることが、非常に難しいわけですから。感動させる泣かせるよりも何倍も。

そういうわけで、
一生懸命に頑張る野見さんが可哀想になってきます。
(しかも、特典映像では、そんな野見さんを観て松本監督とその取り巻きが、くすくす笑っていました!)
身内だけで楽しんでいて、観客・視聴者を全く無視しているという感じ。そんなことでは、誰も笑いませんよ!!
しかも、これまでの映画とは、違って松本が出演しなかったのはずるい。
せっかくのチャンスですから、野見さんは一生懸命に頑張りますよ。
だったら、モット面白いアイデアを考えてあげて下さいよ。それがスタッフでしょうが。

ローリーとりょうなども、キャラ先行で出演していて、ストーリーとなんら関係がない。
こんな駄目映画に名前が残り可哀想。(すぐに忘れられるだろうけど)
1 コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ルナチ 投稿日 2012/4/6
形式: DVD
はっきり言って松本には映画の才能ないと思う。なんでわざわざ映画撮ってるのかが分からない。芸人としての松本を世界にアピールしたいのなら、別に映画じゃなくてコントのDVDで充分だと思う。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「さや侍」観ての感想…松ちゃんの映画としてはこの作品にしてやっとこさ土俵に立てたな…と。 しかし正直な感想、駄作だと思います。 二度は観る気持ちになれません。 MHK同様に、コント作品も彼の才能は枯れてしまってます。 それは、彼の年齢とか社会的地位とか幼少期からの生活環境の変化や財力など彼の私生活のテンション的なものが作品のレベルに表れているものと考えます。 昔、彼が多感な若い貧乏な時期に作ったなら多分良かったのかな?なども思ってみますが…。 でも、松ちゃんファンですので、今後の作品も必ずチェックさして貰います。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とら蔵 投稿日 2012/2/14
形式: Blu-ray
大日本人から思っていたのだが、やはり松本人志は映画監督肌ではない。これは映画のクオリティではない。ドラマスペシャルの出来だ。あと、日本の文化とか日本的な素材を題材に使ってヘタな映画を撮らないでほしい。海外の人が見たら勘違いされる。しんぼるも映画館に見に行ったがつまらなかった。笑いを意識しすぎていて、大体先が読めるから逆に笑えない。コントや劇ならば面白いんだろうけど、映画でコレをやる意義がわからない。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
これ本当に国際映画祭に出品されたの?
正直日本人として、恥ずかしい作品だと感じました。

ほかの方も仰っていますが、最初の3人の刺客のイントロでやめようかと思いました。
暇だったので、そのまま続けましたが、段々だるくなったので所々飛ばしながら観ました。

結局わけのわからない超つまらない映画でしたが、意外に評価が高いのにビックリしました。
まあ、人それぞれ価値観が違うということでしょう。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック