通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex) 文庫 – 2015/4/30

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • さとり世代探偵のゆるやかな日常 (新潮文庫nex)
  • +
  • 忘却のレーテ (新潮文庫nex)
総額: ¥1,317
ポイントの合計: 41pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

大学生になった僕はやりたいことが特にない。幼馴染の灯影院に流されてうっかり「探偵同好会」を始めたら、ヤツのもっともらしい無茶推理に振り回される日々がやってきた。しょせん「休講の真相」程度の素人探偵の僕らは、やがて孤島の殺人にまで巻き込まれ――。軽やかなタッチで紡がれる会話芸の中から、現代の空気感があふれ出す新鮮ミステリ。

内容(「BOOK」データベースより)

大学生になった僕はやりたいことが特にない。幼馴染の灯影院に流されてうっかり「探偵同好会」を始めたら、ヤツのもっともらしい無茶推理に振り回される日々がやってきた。所詮「休講の真相」を推理する程度の素人探偵だった僕らは、やがて招かれた孤島で殺人事件にまで巻き込まれ―。軽やかなタッチで紡がれる会話から、現代の空気感があふれ出すユル~い日常ミステリー登場!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 362ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101800324
  • ISBN-13: 978-4101800325
  • 発売日: 2015/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 694,789位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
前半はタイトル通りのゆるい日常の謎も,謎解きも含めて微妙というのが率直な印象.
どの話も大半をどうでもいい雑談が占めており,つまらない掛け合いは冗長でくどい上,
会話中心で進む軽いやり取りも,誰の台詞かわからなくなることが多いのは気になります.

かと思えば,後半は一転.孤島を舞台に名家のドロドロを描いた事件へと移りますが,
こちらはエピソードを詰め込みすぎで,伏線が丸わかりの言い回しも拙さが目立ちます.
また,強引な物理トリックはまだしも,ある人物に絡めた『仕掛け』は意図がわからず….

このほか,語り部の青年と相棒の関係が強調されますが,その様子に不自然さは拭えず,
何より,葛藤の独り語りからそれまでを放り投げるラストには開いた口がふさがりません.
結局,日常なのか本格なのか,青年の内面なのか,どうにも焦点の掴みきれない作品でした.
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
面白かったです。
一応連作短編形式という体裁なのですが、実際には長編です。

無気力な性格なのにツッコミだけは元気がいいワトソン役が、
自称イケメンで破天荒な探偵役の幼馴染の男に振り回される、
という王道的なストーリーです。

ちょっとお馬鹿なキャラ同士の会話が中心で、
テンポがよく、ギャグが面白いです。

前半はタイトル通り、日常の謎をゆるーい雰囲気で解決したり、
全然解決しなかったりします。
このまま、ほのぼの日常系ミステリーが続くのだろうなと思っていたのですが、
後半はシリアスな展開になり、驚きました。

個人的には、後半の息苦しくて無力感を覚えるような展開の方が好きです。
しかし、後半の展開も前半との落差があってこそ引き立つものなので、
このような構成になったのかなと思います。

続きがありそうな終わり方なのですが、続編が出たら読みたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告