中古品の出品:8¥ 5,916より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

さとうきび畑の唄 完全版 [DVD]

5つ星のうち 4.1 60件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:8¥ 5,916より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 明石家さんま, 黒木瞳, 坂口憲二, 仲間由紀恵, 上戸彩
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: TBS
  • 発売日 2004/01/23
  • 時間: 154 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 60件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00011F1CU
  • JAN: 4900527007086
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,859位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   森山良子の名曲「さとうきび畑」をモチーフに、戦渦に巻き込まれながらも希望を捨てずに明るく生きていこうとした家族と沖縄戦の悲劇を描いた戦争ドラマ。大阪出身の平山幸一(明石家さんま)は良家の子女・美知子(黒木瞳)と駆け落ちして、那覇で小さな写真館を営んでいた。長男の勇(坂口憲二)は学校の先生をしている紀子(仲間由紀恵)と結婚、さらには美知子が幸一にとっての6人目の子どもを身ごもったことがわかる。そんな中、アメリカとの戦争が勃発。幸せそのものだった平山家に暗雲が立ち込めてくる。
   主演の明石家さんまは出演依頼の前日にカラオケで「さとうきび畑」を歌っていて、運命的なものを感じてこの役柄を引き受けたらしい。なるほど主人公には、明石家さんまのキャラクターが色濃く投影されているように思われる。より一般的な理解度を求めたせいか、ドラマの成り行きは全般的に甘め。沖縄戦そのものを描いた作品というよりも、明るいアプローチから戦争によって悲惨な運命をたどる家族を描くことに焦点が当てられているドラマだ。再三登場するさとうきび畑が壮観。(麻生結一)

内容(「Oricon」データベースより)

TBS50周年特別企画の沖縄を舞台にした戦争ドラマ。第二次大戦下、那覇で写真館を営み幸せな日々を送っていた男性とその家族。しかし、昭和19年、米軍の沖縄上陸が現実味を帯びてきてからは、その一家にも暗い影が忍び寄り始める…。出演は明石家さんま、黒木瞳ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
よく見ると中古感はありますが、映像などには問題なく見れてます。
届くのも早くて1.5日ほどで着いてビックリ。
欲を言えば配送料が無料だと嬉しいですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
戦争の恐ろしさを思い知らされたドラマですね
それと家族の大切さをしみじみ考えさせられたです
明石家さんまさんの真剣な演技ひさびさに見ました
感動ものです戦争ない世界になればいいのに
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
沖縄戦という日本の悲惨な歴史を描いた作品の中に、家族愛や人間愛が描かれていて何回見ても感動できます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sakura 投稿日 2015/5/31
アメリカが善だとか、日本が正しいとか、そんなことはどうでもいい。
戦争はすべてが悪ですべてが正しくない。
事実と違う、そんなことは二の次に、感動し、戦争を考え、これから起こりうる戦争にNOという力を与えてくれる映画だと思う。
反日という悲しい言葉、戦争のあれこれを引っ張り出して、戦争を知らない世代にまで嫌悪感を抱かせる教育より、相手を恨むでなく、そういう時代がいけないのだと教えることに、未来への意味を感じる。日本がそのような国でよかったと思う。
敵前逃亡、上等。
命は地球より重いんです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
沖縄戦の現実がこのドラマで描かれている程度だったとは言わない。お笑いタレントやアイドルによるキャスティングは、そのあまりに悲惨で凄惨な現実を再現するにはほど遠い。しかし、今の日本でお茶の間のゴールデンタイムにこの内容をもってきたことは評価したい。「戦争って何?」と子供に聞かれても、テレビから伝わるイラクの情勢を「戦争」とは思えない今、過去の戦争をモチーフに今の感覚にそれを感覚として伝えようという試みは貴重だからだ。子供たちには、こういう良質なドラマをきっかけにして、戦争を考えてもらいたい。テレビでは伝わってこないものを、自分で行動して知ってほしい。沖縄戦の真実を知るのはそれからでも遅くないと思う。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最近は滅多にドラマは見なくなって久しいが、このドラマは単発でありながら久々に見入るドラマでした。民放においてはこういうシリアスドラマを描かせるには流石TBSしかいないなと思います。沖縄戦の悲劇は、自分の中では長崎広島原爆投下・東京大空襲・ガダルカナル等での玉砕と並んで悲劇的な出来事として捉えてます。民間人も含めて沖縄県民の3分の1が犠牲になったとも聞いておりその現実は私のような若者には想像できないです。
しかし、そのような悲劇的なテーマをドラマの主題としていても、ドラマ全般に渡って温かさも感じられた印象があります。さんまの配役のせいなのでしょうか?彼が出ることで悲劇的なドラマに終わらず、和やかな気にもさせられました。また普段バラエティーで饒舌な姿しか見ない分このようなドラマのギャップに余計魅せられた部分もあると思います。和やかな気分といえば「さとうきび畑の唄」による所も大きいと思いました。あのしっとりとしたメロディーがドラマと上手くあっていた気がします。
薄っぺらいドラマが多い昨今で、久々に良いドラマだと思いました。
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全く戦争の映画やドラマを見ていない人にとっては、その入り口としてはとてもよい作品だと思います。私は様々な戦争映画やドキュメントを見ているので色々と疑問に思う点などはありますが、このような悲惨な事が60年ほど昔にあったという事実を知らない人が多くいる今の現代でこの作品を観て興味を持ち、これがきっかけとなって色々と考え、日本の歴史を知って行く事が良いのではないでしょうか。
 この作品を観てとても感動した泣いたと言うだけでなく、日本が行った戦争の事実をもっと深く考えて欲しい。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
修学旅行で沖縄に行く前に学年全員で見ました。戦争が身近に感じられない今、ドラマであったとしても戦争の怖さと威力が十分伝わってきました。戦争になったら本当にどうなってしまうのか。幸せが一気に崩れ家族・友達・恋人を失う。今までの普通の生活が出来なくなることがあまりにも悲しくて切なくて。家族だけでなく敵の兵隊までも生きて欲しいというさんまさんの役に感動と尊敬をします。人間ということはみんな同じなのに、なんで争うのか。何度見ても泣ける!そして考えさせられます。人に対して優しくなろうって。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 下手な戦争映画よりこれはいい。家族愛、兄弟愛、やさしさ、戦争の悲惨さが全て感じ取れる。戦争のシーンだってとても迫力があり、最後には涙が出た。「戦争はいけない、恐ろしい事」とあったとしても、実感としては薄いと思う。でも、今一度戦争の悲惨さを噛み締めることができる。
 この日本で実際に起こった出来事で、おそらくこれと同じようなことを体験された方がたくさんいるのではないのか。沖縄という平和で素朴な土地に突然やってきた戦争という悲劇。人を笑わせることが幸せだ、という明石家さんまの役柄がとても適役で、しかもその分悲しみを誘った。
 さんまの最後のセリフ。
「自分は,人殺しがしたくて生まれてきたんやない。こんな事するためにうまれてきたんやない。」
このセリフだけでもう涙があふれかえった。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー