通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ささみさん@がんばらない 4 (ガガガ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s4763_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ささみさん@がんばらない 4 (ガガガ文庫) 文庫 – 2010/12/17

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ささみさん@がんばらない 4 (ガガガ文庫)
  • +
  • ささみさん@がんばらない 5 (ガガガ文庫)
  • +
  • ささみさん@がんばらない 6 (ガガガ文庫)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 86pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

がんばらない。でもサービスシーンはある。

かがみに甘えるささみさんと、それを見つめる魔性の美少女学級委員ーー。恋愛ウブなささみさんを、世界征服を狙う悪徳集団の首領・情雨の甘酸っぱくも禁断のワナが狙う!? 二年生編はいきなりとんでもない展開に!

内容(「BOOK」データベースより)

二年生に進級したものの、相変わらず友達の作り方がわからないささみさん。クラスメイトのかがみに甘える日々…でも、最近気になるのは学級委員の情雨ちゃん。だって、可愛いし、人気者だし、あんなモノを見ちゃったし…。彼女とお友達になれるかな?そんな中、クラスをあげての二泊三日の懸親旅行が始まって!?ささみさんにワナを仕掛けるべく暗躍する情雨、相変わらず危険なセクハラ連発のつるぎ、どうも様子がおかしいかがみを乗せて、バスは『異界』に突入する!高校二年生編は乱痴気騒ぎ!?好評シリーズ第4弾。


登録情報

  • 文庫: 280ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/12/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094512446
  • ISBN-13: 978-4094512441
  • 発売日: 2010/12/17
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 475,733位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 DSK トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/1/6
形式: 文庫
今回は作者曰く『第2部:2年生編(あるいはアラハバキ編)』のスタートとのこと。しかし、悪徳オカルト結社『アラハバキ』の暗躍(という名の最後の抵抗?)に端を発した壮大なゲーム展開への序章のようでもある。そして、実質的には鎖々美さんの新たなクラスメイトにして議事長(委員長)である【蝦怒川情雨(えどがわ・じょう)】の物語だったと言えよう。

鎖々美さんとは好対照にして正反対。まさに対極に位置する宿命のライバルでありながら、その過程では同類・同根的孤独も味わっている、ある意味で哀れな娘である蝦怒川さん。女王様然とした振る舞いに時折へんてこりんなセリフと妙な思いやりが混じる面白さがクラスの人気を集めるのだが、これも今回の騒動が見え隠れしている部分があるから。この真相を知らない人達が彼女を見る目にセルフパロディ的な自虐を盛り込んだところにシニカルな可笑しさがあった。これを相互理解の難しさと捉えることもできるが、鎖々美さんと蝦怒川さんの距離が縮まっていくのを「不貞腐れる」という可愛い行為で示したかがみの心情にも相互理解のズレが誤解を招く一端が表されていたようにも思えた。何だかんだ言ってもどんどん仲良しになっていく鎖々美さんとかがみである。また、訳あってみんなと同行することになったたまの現状と今後への期待も、ゲームに感化され過ぎなつるぎの暴走振りも面白く盛り込まれていた。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 前巻で『最高神のちから』を一時的ながら手放し、この巻で2年生に進級したささみさん(月読鎖々美)ですが、未だに友達ができず、クラスメイトの邪神かがみに甘えてくっつく日々を送っています。そのせいで2人の関係を周囲に誤解され、溝が大きくなって余計に友達ができなくなる悪循環に気付いてないようですね、やれやれ……
 そんな中、学級委員の蝦怒川情雨の音頭取りで2泊3日の懇親旅行が計画されて、ささみさんも楽しみにしていたのですが、当日になって夏風邪でダウン。それがどれだけ悔しくて悲しいか、私も昨年の夏コミ1日目、体調を崩して参加できませんでしたから良く分かりますよ。ええ、精神的に後々まで尾を引きますからね。
 なので邪神三姉妹の末っ子たまを霊能力で自分の姿に偽装して懇親旅行に行かせ、本体は家で寝ながらたまと感覚を共有して状況を把握するささみさんなわけです。ちなみに交信のための交神結界が「チャットルーム」とルビを振ってあるから想像できると思いますけど、ネット上のチャットルームみたいに表記されている所はタイトルに@が付いているからなと思ったり。
 加えて蝦怒川情雨も、普段から妙に態度が大きくて、そのくせ周囲からはそういうキャラクターとして許容されていて、更にはしっかり陰謀を企てていて、それで一波乱二波乱起きる所はお約束な訳で。それに対して『最高神のちから』を手放したさ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最高神の力を復活した母の月読呪々に預けて、ふつうの女子高生として生きようとするささみさん。しかしこれまでの引きこもり生活のせいもあり、二年生になってクラスがリセットされても、頼りになるのは邪神三姉妹の次女・かがみのみ。
 そんなとき、とあるきっかけで蝦怒川情雨と関われそうなきっかけをつかんだささみさんは、携帯番号を交換したりして、珍しくアプローチをかけるのだが、彼女は月読神社に敵対するアラハバキの中心人物だったのだ。

 蝦怒川情雨が企画する懇親旅行を楽しみにしていたささみさんだったが、タイミング悪くかぜをひいてしまい、クラスメイトの中でただ一人取り残されるハメになる。このままじゃクラスで浮いちゃう!ということで、たまを使って裏技を駆使するのだが、旅先ではとんでもない事件が起きるのだった。

 もうひとりのささみさんみたいな立場の少女が登場し、神々の世界での勢力争いが活発化します。次の戦場は世界になっちゃうかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今回は、ややコメディ多めでしょうか。
勘違いの下りはアンジャッシュのコントみたいで面白かった。
蝦怒川情雨が年相応(それ以上?)に幼いキャラなのが意外でしたが、扱いが完璧なヒールになってなくて良かったと思う。
また、カガミがささみさんに嫉妬するシーンは可愛かった。というより、いつの間にかに百合やってます(笑)

次の巻から外敵を交えての神様大戦が始まる模様。
この展開にはワクワクします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告