中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

さくら 単行本 – 2005/2/23

5つ星のうち 3.2 141件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

スーパースターのような存在だった兄は、ある事故に巻き込まれ、自殺した。誰もが振り向く超美形の妹は、兄の死後、内に籠もった。母も過食と飲酒に溺れた。僕も実家を離れ東京の大学に入った。あとは、見つけてきたときに尻尾に桜の花びらをつけていたことから「サクラ」となづけられた年老いた犬が一匹だけ――。そんな一家の灯火が消えてしまいそうな、ある年の暮れのこと。僕は、何かに衝き動かされるように、年末年始を一緒に過ごしたいとせがむ恋人を置き去りにして、実家に帰った。「年末、家に帰ります。おとうさん」。僕の手には、スーパーのチラシの裏の余白に微弱な筆圧で書かれた家出した父からの手紙が握られていた――。

著者からのコメント

「さくら」は、ある家族の物語です。
彼らは少し風変わりな五人と優しい一匹。色とりどりの春と、屈託のない夏と、セ
ンチメンタルな秋と、静かな冬、彼らに巡ってくる、そして誰にでも巡ってくる季節
の、そしてその中で起こった小さな、でも、かけねの無いある「奇跡」の物語です。
だからこれはあなたの物語であり、私の物語であり、どこかで眠ってる誰かの物語
でもあります。
これを読んでくれたあなたが、恋人に会いたくなったり、お母さんに手紙を書いた
り、友達の肩を叩いたり、そう、いつもより少し優しくて、暖かい気持ちになって
くれたなら、私はとても幸せです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093861471
  • ISBN-13: 978-4093861472
  • 発売日: 2005/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 141件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 328,298位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/2
形式: 単行本
ひとつの本にいろいろなこと、
障害者になった兄のこととか、
レズビアンのこととか、
アルコール依存・過食のこと、
どれも重いテーマでそれらを一気に詰め込みすぎていると思う。
逆に平和だった頃の家族風景の描写の方が長く丁寧に書かれていて、
そちらの方がこころ温まる感動があった。
買って損しちゃったな。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
たとえば、兄が自殺した家族がどういう思いをしながらその先生きていくのか。
家族それぞれが持つ“自分のせいだ”という罪の意識、恐ろしい程の懊悩とそこから逃れられない苦しみ。
たとえば、事故で足を失い顔に疵を持ち、とても好きだった恋の相手からも捨て去られる悲しみ。
事故のせいだと考えてしまいたがる自分の情けなさ、自分への怒りと自分への絶望。
たとえば、父親が失踪して残された家族はどういう思いでその先の人生を作って行くのか。作ったつもりでも崩れる不安定感。
たとえば、アル中に陥った人の苦悩、その家族全員のそれぞれの苦悩、そこから這い出そうともがく苦しさ。
   ・ 
   ・
   ・
これら数々のお話の中の僅か一つでも、自分の問題として行き当たった人なら、
この作り物のお話には全く魅力を感じないでしょう。
傍から他人事として見ている人だけにしか楽しめないお話です。
最後の落ちは、単なるカタルシスを作る為に「犬」を使っただけの、陳腐な結末です。
泣くどころか、バカバカしく腹立たしくなりました。
犬は人間の飾りでも持ち物でもないのですから、この扱いは犬に対しても失礼です。
人生は、こんな、「泣かせようとして作ったお話」のような簡単なものではあ
...続きを読む ›
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
随所に光るものはあるものの、登場人物の構成に腹が立って途中で

読むの辞めました。全く泣けません。

帯に騙されました。

兄と妹は美男女で主人公だけ普通、

随所に兄弟自慢のような描写があり、どこか卑屈な感じの主人公に

腹が立ちました。「僕は普通かもしれないけど、兄弟がすごいから

僕は満足、すごい家族を持ってるんだぞ」みたいな感じです。

漫画的という批評が多く見られますが、まさにその通りではないかと思います。陳腐。

好きな人には申し訳ないですが、いろんな本を読んでいる人には

とてもお勧めできません。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/6/10
形式: 単行本
文芸書として読むと大きく期待を裏切られる。
まずストーリー。少女漫画にありがちな喧嘩好きなボーイッシュな女の子、菊池寛ばりの「父帰る」、レズ、ホモ、交通事故、自殺…とまったく亜流の展開。そして、笑いのアクセントに「うんこ」「ゲロ」などを多用する始末。
加えて、リアリティにも欠ける。
例えば、犬が歩くとペタペタと肉球の音がする。とあるが、実際にはしない。するのは、蹴り上げるときの爪が地面にあたる音だ。
学校の2階から女の子が飛び降りて、喧嘩をするくだりなんかは、もう劇画としかいいようがない。
そして、作者の人間を見る目も気になった。
奇怪で醜く、奇声を発している男「フェラーリ」を、馬鹿にして遊びまわる子供達。こういう描写は社会的弱者を馬鹿にしていて、極めて不愉快。もちろん、これが事故でお化けみたいな顔になった兄への伏線であることはわかっているが、こんな安易な展開に弱者を使うことに憤りを感じる。
チープな感動を狙って、売れればOKというような類の小説だ。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/4
形式: 単行本
セカチュウ、今あいの次はこれ!と言う宣伝がされていたとは知らず、新聞の書評を読んで読んでみたくなり、実際に手に取ることなくネットで買いました。
正直言って、なんだ、こういう本か~という印象でした。実際に手に取って2~3ページもめくっていたら、買わなかったと思います。
あまり面白いとは思えませんでしたし、特に前半は退屈すぎて読むのに忍耐が要りました。確かにセカチュウ、今あいと同等の系列に属する本だと思います(自分は前2冊を読んでいませんが)。
内容があまりにも薄っぺらで、透け透けのくらげのように実体がありません。著者は何を言わんとしてこれを書いたのか、よく判りません。家族愛?いえいえ、これは家族愛というような骨もなければ深みもありません。兄の内面も少しも描けていません。あるのは「家族愛みたいな感覚・気分」だけです。家族の再生のようなものを本気で描くにはあまりにセンチメンタルで、感情過多で、その中で酔っているだけのような、少女漫画の世界でした。
最近はこの手の本が多すぎて、とても残念です。
内容とは関係ないのかもしれませんが(?)、例えば「~という○○」という文が「~とゆう○○」だったりするのにはかなり居心地悪さを感じましたし、2月の公園にバッタが飛んでいたり「りんどうや野菊やスターチスやシロツメクサ」が咲いていたりする著者の不勉強も、どんなものかと思いました。
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック