さくらん [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,849
通常配送無料 詳細
発売元: Angelarme
カートに入れる
¥ 5,849
通常配送無料 詳細
発売元: NEXPEEDJAPAN
カートに入れる
¥ 5,849
通常配送無料 詳細
発売元: Guts!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

さくらん [DVD]

5つ星のうち 2.9 126件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 5,849 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、★さくら書店★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオさくらん¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • さくらん [DVD]
  • +
  • ヘルタースケルター スペシャル・プライス [DVD]
  • +
  • 蛇にピアス [DVD]
総額: ¥10,630
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 土屋アンナ
  • 監督: 蜷川実花
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2007/08/03
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 126件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000FPEMYU
  • JAN: 4988126205232
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,749位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

江戸吉原に咲き乱れる極彩色エンタテインメント
てめぇの人生、てめぇで咲かす

☆ 興行収入8億円の大ヒット邦画!!
メイン館シネクイントでは『ジョゼと虎と魚たち』『嫌われ松子の一生』『下妻
物語』などの大ヒット作を抜いて公開1週目の興行収入・日本映画歴代第1位


☆ 土屋アンナ、木村佳乃、菅野美穂が花魁役を体当たりの演技で大胆に熱演!
日本映画人気を支える豪華オールスターキャストが総出演!

☆ 椎名林檎が初の映画音楽制作に挑戦!
最新アルバム『平成風俗』未収録のオリジナル・バージョンを全編に使用!!

☆ いま最もカッコいい気鋭の女性クリエイター
監督:蜷川実花X原作:安野モヨコが贈る≪極彩色エンタテインメント≫!

【ストーリー】
吉原遊郭「玉菊屋」に売られて来た8歳の少女、きよ葉。女だけの世界で自分も
遊女になっていくのが怖いと逃亡を試みるが即座に捕まってしまう。店番の清次
は咲かないと言われた吉原の桜が「もし咲いたら」ここを出してやるという。
トップ花魁・粧ひの挑発に乗せられ吉原一の花魁になる決意を固めたきよ葉は
花魁街道まっしぐらに人気遊女への道を駆け上がっていく。
ところがある日、きよ葉は客の惣次郎と激しい恋に落ちる。偽りの愛を売る世界に
身をおきながら、唯一、真実の愛を感じられる瞬間に酔いしれるきよ葉。
しかし、きよ葉をねたむ花魁・高尾の策略によって惣次郎との仲を引き裂かれてしまう。
18歳になったきよ葉は、凄まじい人気を呼んで、誰もが憧れる花魁の座を勝ち得る。
やがて身請けを申し出た大名・倉之助の登場で、吉原を出ることに。その当日、
咲かないと言われた吉原の桜に奇跡が!それを目にしたきよ葉と清次は・・・。


【初回限定版特典】
☆メイキング「さくらん撮影日記」~密着3ヶ月!花魁たちの支度部屋~
☆未使用シーン集~切って切なく~
☆イベント桜前線!宣伝道中2006春-2007春
1:制作発表記者会見
2:クランクアップ会見
3:ベルリン出陣!記者会見&完成披露試写会
4:名古屋「御園座」一大花魁道中&舞台挨拶
5:初日記者会見&舞台挨拶
☆『さくらん』極彩色絵巻~スペシャル番組集
1:「さくらん・極彩色青春絵巻」 (3分30秒 × 3ヴァージョン)
2:「さくらん・極彩色ワンダーランド・ツアー」(テレビ特番)
☆ THIS IS O-I-RA-N~『さくらん』海外出陣映像集
1:第57回ベルリン国際映画祭・正式上映
2:第31回香港国際映画祭・特別部門オープニング上映
3:イギリスTV局による蜷川実花インタビュー
☆豪華絢爛デジパック仕様

※初回生産分がなくなり次第「さくらん」(通常版)(本編ディスクのみ)に切り替わります。

【仕様】
ディスク2枚組/豪華デジパック仕様

【収録分数】
本編約111分

※デザイン・特典・収録内容・仕様は変更になる場合がございます。
ご了承ください。


【メインスタッフ】
配給:アスミック・エース
監督:蜷川実花
原作:安野モヨコ
脚本:タナダユキ
音楽:椎名林檎

【メインキャスト】
土屋アンナ
椎名桔平
成宮寛貴
木村佳乃
菅野美穂
永瀬正敏
安藤政信

c2007 蜷川組「さくらん」フィルムコミッティ c 安野モヨコ/講談社

Amazonレビュー

   演出家・蜷川幸雄の娘で、写真家として有名な蜷川実花が初監督に挑戦。原作は安野モヨコ、脚本はタナダユキ、音楽は椎名林檎と、ガールズパワーが結集された1作だ。舞台は江戸の吉原。遊郭「玉菊屋」に連れて来られた少女が「きよ葉」と名づけられ、成長して吉原でもトップの花魁「日暮」となるまでを描く。大門の上に金魚が泳ぐ水槽が飾られるなど、吉原や遊郭内の美術が斬新でカラフル。金魚や花がふんだんに使われ、時代劇とは思えない遊び心に満ちたビジュアルが、物語にぴたりと合っている。
   きよ葉を演じる土屋アンナの豪快な演技が楽しい。つねに“マイ・ウェイ”で突き進み、先輩の花魁に臆することもないし、気に入らない同僚の遊女には跳び蹴りまでくらわす。強気な彼女がチラリと本音を出す瞬間、観ているこちらも胸が締めつけられるのだ。アンナに負けじと、菅野美穂、木村佳乃らの大胆なラブシーンにも驚くばかり。女優陣のヌードはあっけらかんととらえる一方で、安藤政信ら男優陣を見つめる映像は、妙に艶っぽくて、女性監督らしい視線が感じられる。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
土屋アンナ美人だとは思うのに、全然色気なかった。演出のせい?声のせい?演技力のせい?
成宮君のほうがよっぽど色っぽかったよ。。。
キャストも豪華なのに、なんか全然満足しなかった~。
主人公に感情移入できんかったしなぁ。それは描き方が悪いのかもしれんけど、なんで産みたかったのかよくわからんかったし、だいたい最後のあいつのこと好きやったっけ?みたいに、全然気持ちについていけんかった。
菅野美穂と椎名林檎の音楽が好きなので、その分だけ☆2つ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ビジュアル的にとても好きな作品です。音楽的にも。
時代考証からするととんでもない音楽・美術なんでしょうが、傾いて(かぶいて)るなぁ、という感じ。
ゴテゴテ・ギトギトした色彩と、「ウソを真、真をウソ」という夢の吉原がよく表現されていると思います。
一番好きなのはラストシーン。
極彩色の虚飾の世界から抜け出して駆け抜ける菜の花畑と桜並木、青空・・・自然で優しい色。
作中初めて見る2人の自然な笑顔。
このあとの悲劇が玉菊屋の面々の反応から予想されますが、日暮はずっと「ここを出る」こと以外の未来を思い描いていない。
だからこそたまらなく美しく楽しい一瞬の開放感。
浅はかともとれるかもしれない隠れた覚悟のほの暗さも想像できるほど、ひどく明るいラストでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
酷評が多いので、原作を読んでみました。安野モヨコ氏の画くきよ葉が、アンナそのもので笑えました。
原作読むと、アンナ以外のきよ葉は、ビジュアル的にはむずかしいかも?ダイコンは我慢しましょう。
その代わり、周りを実力派で固めて有るんだから。菅野や木村が品があって良かったから、まあ、花魁は品が良いという事で!
あと、皆様が物足りないのは、脚本のせい。昔の映画も、原作が有るものは、賛否両論で、中には、巨匠と言われた監督も、原作を理解して無いでしょう?という洋画も多々有りました。要は、興業収入で、後々、名画と言われます。蜷川実花監督は、他の映画では見られなかった極彩色を見せてくれただけ、新しい物を作ったと言える気がしました。
なんか、この頃、マンガ原作の映画が多いね。お客に媚びてないか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ストーリーが良く解んないし、ハーフのアンさんにはこの役はあってないですな。
菅野美穂さんは超キレイでした*
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぴ。 投稿日 2016/8/18
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
観る価値もない。

こんな映画は初めてだ!
プライムで無料だから良かった分、お金がかかるなら尚時間の無駄です。

土屋アンナさんは下妻物語では良かったからこそ残念すぎる。

キャストの演技の問題ではなく、監督の力不足と自己満が露呈した映画だ。

ヘルタースケルターで映像美は見せたもの、この映画はなんの見所もない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
私はこの作品が好き。
それだけでいいと思います。自分がどう思ったか?でいいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
何回観ても定期的に観たくなる、大好きな作品です。
出演者も映像もストーリーもすべてが美しい。
元気とやる気がみなぎってきます(o^^o)
強く美しくポジティブに生きたい人に観て欲しいです。
とにかく綺麗。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作を読んでないのですが、この作品、後半からは、見ていてあくびがでました。吉原ものなので、吉原炎上みたいなのを期待したのですが、比べものにならないです。女優の演技も音楽も時代考証も、まるでなってないです。お金出して見る価値なし。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
安野モヨコの原作が素晴らしいだけに、それを描ききれていないことがとても残念な作品。

原作者はおそらくそれなりに江戸風俗を研究してリアリティを感じさせる作品を作り、

その中で見事に様々な女の心の機微を描いているのだが、

蜷川実花はそのどちらも描ききることができなかったと言わざるを得ない。

監督にも脚本家にも、勉強不足が見え隠れしてしまい、見ていて歯痒くなった。

特に、原作がまだ単行本化されていない後半部分、クライマックスになるべき部分なのだが、

非常に尻つぼみになってしまったように思える。

物語の舞台だけを吉原に借りて、蜷川実花の世界を全開にするのであれば、

それはそれで終始見応えのある作品になったと思うのだが、

彼女の独特な色使いも後半はなりを潜め、カメラワークも単調になってしまう。

だがひとつの美術作品として見るならば、有り得ない衣装、有り得ない装飾、

映画音楽にしてはどぎつい椎名林檎の音楽も、部分的に取り出せば非常に楽しめるものではある。

それを上手く繋げて、リアリティのある一つの心地良い流れを作るまでには至らなかった
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー