通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
さくらと扇 (文芸書) がカートに入りました
+ ¥350 配送料/取扱手数料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


さくらと扇 (文芸書) (日本語) 単行本 – 2020/2/28


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,870
¥1,870 ¥1,100
この商品の特別キャンペーン プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。
    プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員ならすべての本が3%以上ポイント還元中。今なら本をお得にご購入いただけます。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
「文学・評論」カテゴリーの商品をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

石高わずか五千石の小藩・喜連川藩は、
なぜ江戸幕府から十万石の大名同様の
扱いを受けたのか!?

秀吉、家康…時の権力者から国を守った、
名門足利氏の血を引くふたりの姫の「女子の戦」。


歴史小説イノベーション「操觚の会」と
地方自治体(栃木県さくら市)コラボ第一弾。
「このミス」作家・神家正成、初の歴史長篇!

石高わずか五千石の小藩・喜連川藩は、
なぜ十万石の大名同様の扱いを受けたのか。
その裏には、名門足利氏の血を引く
ふたりの姫君の存在があった――。

小弓公方の家に生まれ、美しく武芸にも優れた足利嶋子。
だが関白豊臣秀吉の小田原攻めで北条方についた夫の塩谷惟久は出奔。
仕置のため宇都宮に来た秀吉に、嶋子は足利家再興を願い出る。
その聡明さを認めた秀吉は、嶋子を側室として迎え入れる。

一方、父の逝去によりわずか九歳で古河公方となった
足利氏姫は、お家復興を願う嶋子の弟、足利国朝に嫁ぐ。だが国朝は病死。
氏姫はその弟である頼氏と再婚し、喜連川家誕生の架け橋となった。

豊臣秀吉による関東・奥州仕置、
関ヶ原の戦いに勝った家康の幕藩体制強化。
ふたつの大きな危機を乗り越え、小藩存続に尽力した
ふたりの姫の「女子の戦」を描く。

【目次】
序 章 皐月の風
第一章 晩秋の扇
第二章 籠中の鳥
第三章 鞍馬の狐
第四章 浪速の夢
第五章 女子の戦
第六章 紅蓮の炎
終 章 皐月の空

【主要登場人物】
足利嶋子…足利尊氏の血を引く小弓公方の姫。
足利氏姫…第五代古河公方、足利義氏の一人娘。

小田氏治…関東の名門小田氏の前当主。出家して天庵と名乗る。
塩谷惟久…嶋子の夫。下野国の名門塩谷氏の一族。大蔵ヶ崎城城主。
高塩弥右衛門…惟久の腹心で幼き頃からの友。
足利国朝…嶋子の弟。氏姫の最初の夫。喜連川藩初代藩主。
喜連川頼氏…嶋子と国朝の弟。兄の死後、氏姫と再婚、喜連川を名乗る。

内容(「BOOK」データベースより)

石高わずか五千石の小藩・喜連川藩は、なぜ十万石の大名同様の扱いを受けたのか。その裏には、名門足利氏の血を引くふたりの姫君の存在があった―。小弓公方の家に生まれ、美しく武芸にも優れた嶋子は秀吉の側室となりお家再興を願う。父の逝去を受けわずか九歳で古河公方の家督を継いだ氏姫は嶋子の弟、足利国朝に嫁ぐ。豊臣秀吉による関東・奥州仕置、関ヶ原の戦いに勝った家康の幕藩体制強化。ふたつの大きな危機を乗り越え、小藩存続に尽力したふたりの姫の戦いを描く。

続きを見る

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2020/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198650268
  • ISBN-13: 978-4198650261
  • 発売日: 2020/2/28
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 3.4 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 64,993位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません