通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
さくらえび (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

さくらえび (新潮文庫) 文庫 – 2004/6/27

5つ星のうち 2.2 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • さくらえび (新潮文庫)
  • +
  • またたび (新潮文庫)
  • +
  • たいのおかしら (集英社文庫)
総額: ¥1,761
ポイントの合計: 137pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

家族や日常のことだったら、その爆笑度並ぶものなし! ももこが編集長として、取材・文章・漫画すべてを一人でやっちゃった、2000年記念の奇跡の面白雑誌『富士山』(全4号)からの選りすぐりに、2002年発行の5号から「植田さんの深まるくだらない願望」「必見!! おならレポート」(笑い死にご注意! )の2本、『富士山』未収録分7本も加えた、大満足のエッセイ集。父ヒロシも息子も全開だよ!

内容(「BOOK」データベースより)

家族や日常のことだったら、その爆笑度並ぶものなし!ももこが編集長として、取材・文章・漫画すべてを一人でやっちゃった、2000年記念の奇跡の面白雑誌『富士山』(全4号)からの選りすぐりに、’02年発行の5号から「植田さんの深まるくだらない願望」「必見!!おならレポート」の2本、『富士山』未収録分7本も加えた、大満足のエッセイ集。父ヒロシも息子も全開だよ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 249ページ
  • 出版社: 新潮社 (2004/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101388237
  • ISBN-13: 978-4101388236
  • 発売日: 2004/6/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 490,554位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
イマイチ。
前半はまだ面白いところもあるが、
息子の甘えっぷりやワガママっぷり、
ちょっとしたことで保育園を休む悪い癖などが
どうしても気になって、子供嫌いの私には厳しかった。
中盤からは一気につまらなくなり、
読者を意識していない日記のような、
内輪でしかウケないような内容になっていく。
昔のエッセイのような日常をうまく表現した内容ではなく、
ただ日々の出来事を書き連ねただけに感じる。
元々さくらももこの編集した「富士山」という雑誌の記事の一部を
単行本化したらしいが、一話一話の長さもバラバラだったり、
突然見知らぬ人物が登場してきたり、
その場の空気のわかり辛いインタビュー形式になったりしていて
プロの編集がいないと本はこんなにつまらなくなるのか、
というのがわかる。
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 katina VINE メンバー 投稿日 2004/4/27
形式: 単行本
私は富士山を読んではないので、中には面白な~と言う内容のエッセイもあるのですが、大多数がただ事実が羅列してあるような物ばかり。私自身昔からのファンで「りぼん」時代から大好きでしたが、がっかりさせられるエッセイがこうも続くと元ファンとしては哀しい思いをさせられます。息子についても親の買い物について行くたびに保育園を休ませたり、短時間にゲームに8千円も使わせたり、そんなエピソードが綴られているのでこんな育児をしていていいんだろうか?と思ってしまいます。どこからともなくお金のために締め切りに追われてどうしようも無い事を書きなぐったニオイがしました。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
さくらももこさんの作品は(エッセイも漫画も)回を重ねるごとに
どんどんつまらなくなっている。
以前は『貧乏臭い日常の話』が、本当にとても面白かったし
何気ない文章の中にも、さくらさんご自身の細やかさや謙虚さも
感じられて、非常に好感の持てるものだった。
だけど、今はそれが全く感じられない。
お金も地位も持て余しているような発言が随所に見られ、
それがとても鼻につく。
この「さくらえび」を読んで、もうこの人の本は読みたくないと
思った。ワンパターンのネタばかりで、つまらない本だと思う。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/10/13
形式: 単行本
ほとんどが「富士山」から転載した文章で、読むところがありませんでした。
昔の作品のファンだっただけにつらいです・・・
少なくとも、今放送されているアニメのまるこを受け付けない人は読まないほうがいいかと思いました。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久しぶりに笑える本でも読みたいなと購入
昔のエッセイですごく笑えたのを記憶してたのですが

ビックリするほどつまらんくなってる!

あのひょうひょうとした文章
貧乏ネタの中にある日常の表現のしかた
あんなに面白かったのに

ただ、だらだらと
出しときゃ売れるだろー
的な感じでした

3,4章で読む気なくなります

昔の好きだったな。。。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
みなさんと同じ意見です。特に、息子のくだりは不愉快でした。

金をだして買った本の印税をこんなふうに無駄遣いされていると思ったら…
「さくらももこ」の本を書店で見かける度に「売れるな!」と思ってしまいます。二度と買いません。

文章能力は素晴らしいだけに残念です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
さくらももこの本は痛快で面白い物も多いけど、この『さくらえび』と『さくら日和』の2作はオススメできません。地位も名誉も築いた金持ちの自慢みたいな文体がかなり不快です。所々、他人を見下すような表現も見られ「いったいあなたは何程の人間なんだよ!」って言ってやりたくなりました。せっかく面白い本も多々書いてるんだから、本人の慢りで評価をさげたら、もったいないですね。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 フェイツイ 投稿日 2004/3/2
形式: 単行本
文章力がどんどん落ちていってる気がします。
「面白い文章」なのではなく,さくらももこの経験(取材)しているネタが目新しくて,興味を引くだけ。
自慢話をえんえん聞かされてるようで,読んでいて不快な気分になってきました。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぷっこ VINE メンバー 投稿日 2008/7/27
形式: 文庫
りぼん時代からのさくら先生のファンでしたが、ここ最近のエッセイは、さくら先生ならではの味がなくなったように思います。
以前は、文章を読んだだけでさくらももこ感が出てるのがわかったんですが、今はもう事実や会話をならべるだけの文章で、誰か別の方が書いたと言われても、納得してしまうかも・・・。
あの独特の会話や妄想(?)なんかが面白かったのに、もうそういった部分はほとんど見られません。
あと他の方も書いてらっしゃいますが、息子さんへのあまりの甘やかし方や、完末のインタビュアーの方の、手放しでのほめっぷりなんかには、さすがに閉口してしまいました。

それでも、父ヒロシや植田さんの願望など、おもしろい話はありましたので、星は二つです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー