Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 257

¥ 499の割引 (66%)

(税込)
ポイント : 53pt (20%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[山田 真哉]のさおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~ (光文社新書)
Kindle App Ad

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 3.7 467件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 257
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 1

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

あの店はいつも客がいないのになぜ潰れないのだろうか?――この本では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えることで、会計の重要なエッセンスを学んでいきます。細かい財務諸表は出てきませんし、専門用語もそれほど多くありませんので、気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。「会計が嫌い」「会計が苦手」「会計を学んでも意味がない」と思っている方でも、きっと会計に対する見方が変わるはず。

著者からのコメント

Amazonをご覧の皆様、はじめまして。
会計士の山田真哉と申します。

この文章を書いている2005年7月13日時点で、すでに多くの方々のレビューを頂いておりますことをとても嬉しく、また興味深く拝読しております。
たくさんのご意見をありがとうございました。

さて、本書についての紹介ですが、「はじめに」にも記したように、次のようなルールを自分に課して書き上げました。

● 日常の気になる疑問から話をはじめる
● 会計の説明も教科書的な順番を取らない
● 生活でも役立つような身近な知識も入れる

会計は難しい学問ですので、挫折する人も数多くいます。
しかし、会計は実に役立つ学問ですので、嫌いになってほしくはないのです。
その「嫌いにならないためのツール」の一つが本書です。
「苦手意識をなくして、身近なものとして会計を使ってもらう」ことを最大の目的にしております。

この本を通して、少しでも会計に興味を持ってもらえたとしたら、会計業界の人間としてこれ以上の幸せはありません。なお、会計の専門家として当然ですが、本書の会計的な内容に関して間違ったことは書いておりません。

最後に。
会計会計と並び立てましたが、身構えずに気楽に読んでくださいね。


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 643 KB
  • 紙の本の長さ: 175 ページ
  • 出版社: 光文社 (2005/2/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00C0P3LWC
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 467件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 167位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
実は私は竿屋さんです。製造のほうですが竿屋さんは正直80%は潰れました。本も読みましたがあのような竿やさんは、今も昔もほとんど存在しません。また、そのようなシステムも存在してません。多分著者が自分が理解しやすいように勝手に思い込んだのでしょう。生き残っている業者は著者が想像できないようなしっかりした組織にて運営されています。どの業界のこともそうですが聞きかじりで勝手に業界のことを適当に書かれるのは非常に不愉快ですね。
4 コメント 1,273人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
<女子大生会計士の事件簿>世界一やさしい会計の本ですが気に入ったので購入しましたが想像以上に内容が薄っぺら。
会計学を学びたくて購入するのであれば、同著者の世界一やさしい会計の本ですを購入した方が何倍も役に立ちます。
入門の前の段階の内容みたいな感じで、興味を持たせるきっかけになる”かも”しれない感じの無いようだと思って読んだ方がいいでしょう。

タイトル通り さおだけ屋はなぜ潰れないかが知りたい人だけ買った方が良いと思いました。
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本の目的は、会計の本質を大まかにつかんでもらう、苦手意識をなくして、身近なものとして会計を使ってもらう、であり、キャッシュフローとか貸借対照表などの会計用語を理解しようと思って購入するととんだ間違いを犯す。かといって生活に役立つようなノウハウ本でもなく一般社会人にはほとんど役立たない内容と思う。せめて、さおだけ屋がなぜ潰れないかを理解させて欲しかった。。。
コメント 155人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マー 投稿日 2008/11/4
形式: 新書
全く一致しません。さおだけ屋はなぜつぶれないのか、非常に
興味をそそられましたが、あまりに拍子抜け。

その他の内容についても、あまりにも初歩的な内容で、
日常的な疑問を会計学的に読み解くという、タイトルから読者が期待
した内容ではありません。

とにかく、これで会計学を名乗るとは?
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
興味をひくタイトルに惹かれて、ベストセラーだしと思わず買ってしまいましたが、さおだけ屋が潰れない理由の明確な答えが出てないばかりか、どこが会計学なのか、うなってしまいますね。。
「ローンはなるべく長期化し、月々の支払いを減らすのが会計学の基本です」って何なんですか? この文章読んだだけで、私は呆れてしまいましたが。他の著書もみんなこんな感じなんですかね?
見せ掛けのタイトルに騙されてはいかんです。
コメント 212人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
正直なところプロの会計士が書いたとは思えない、素人レベルの一方的な会計の見方で、しかもどこかで聞いたことのあるような話の集大成です。とても購入するに値しません。一つネタバレすると「さおだけ屋がつぶれないのは、実は安物の値段で客寄せしておいて実際には何万円もする高級品(だが原価は安い)を買わせるのが理由」だなんてのは、経済学でもなんでもなく詐欺師の屁理屈です。

ただ、経済なんてまったくかじったことのない新入社員さんに、経済に興味を持たせるにはよい本かもしれません。そういう意味で楽しんで読む本でしょう。

ただ、物事を多面的に見る目をもって読まないと、新興宗教のように騙されます(笑)
1 コメント 134人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/8/26
形式: 新書
読みやすい=良い本なんてのはまかりとおらないでしょ。さおだけ屋はなぜ潰れないのか?という結構面白い題に、マクロ的な分析でもすんのかと思いきや、ただ単純に副業だからってあんた、、、。そんなことは皆しってるだろうし、あまりにも参考にならない。残念。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/4
形式: 新書
「大ざっぱに会計の本質をつかむ」というコピーですが、そこまでも達していない、会計に興味を持つ動機付け程度の内容。
ベストセラーになったのは、ひとえに絶妙なタイトルだけです。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
いくら会計の入門編とはいえ、これではあまりに得られる情報が少ないのではないか。費用対効果、費用対効果と繰り返す著者に問いたい。「この本は費用対効果はどの程度ですか?」

唯一役立った情報は、『食器洗い乾燥機は省エネではない』ということでしょうか…。
水道代は安いが、電気代はバカ高いらしいです。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
いやー、久しぶりにヤラレちゃいました。タイトルコピーは星5つですが、中身はゼロだなこりゃ…。他の書評者の方もおおむね同じような御感想をお持ちのようで。それにしても「チーズ本」のときもそうだったけれど、ベストセラーの正体というものを改めて勉強させられたって感じです。「”さおだけ屋はなぜ潰れないのか?”はなぜ売れるのか?」という本を誰か出してくれませんかね。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す