中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ダイイチ書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※Amazon専用在庫です。若干の使用感やヤケ、擦れ、細かな傷、小さな折れや汚れがある場合はございますが、ページ部分は良好なコンディションです。◆簡易なエコ防水封筒にて迅速丁寧に発送しております。※特に記載の無い場合は特典は付属しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書) 新書 – 2007/5

5つ星のうち 4.1 92件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,998 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

僕はタレントとしての成功が偶然ではないことを証明するために、そして、現在の僕のアイデアが世間に通用するかを実験するためにビジネスをしている。金儲けが目的ではないから常に冷静沈着で、判断が鈍ったり目が狂うこともない。店が成功するたびに、僕は自分に呟く。「ほらな、俺は間違ってなかったやろ」と―。25年以上も前から自らの手で幾つものビジネスを起こし、未だに一度も失敗したことがない著者が明らかにする、全業種に応用可能な経営哲学。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

島田/紳助
1956年、京都府生まれ。吉本興業所属。「行列のできる法律相談所」「世界バリバリ☆バリュー」など多数のレギュラー番組に出演する一方で、石垣島に喫茶店「TOMURU」や東心斎橋に「寿司はせ川」など、複数の飲食店ビジネスを展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 164ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2007/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344980387
  • ISBN-13: 978-4344980389
  • 発売日: 2007/05
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 92件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,594位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
個人的に、島田紳介さんは大っ嫌いだったのですが、「この本に書かれている考え方」自体には、ほぼ全面的に共感してしまいます・・・。
こりゃ、困りました(苦笑)。。。

実利的、具体的な内容を期待すると失望するかもしれませんが、商売を始める前の「そもそも論」としては、とても大切なことが書かれていると思います。ヒントの塊、です。

もちろん、人によってレベルは様々ですので、「何を言っているのか全く理解できない」という方もいらっしゃれば、「今更この程度の話を読んでもしかたがない(こんなの当たり前でしょ?)」という方も居られるでしょう。

ただ、レベルのマッチする人にとっては、とても面白く読むことができると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ビジネス本として買いましたが、島田紳介の考え方にビックリしました。正直ビジネス本というよりは、人としての哲学というか、それこそビジネスで自分の下に部下や従業員がいるような立場の人は必見だと思います。ここまで、ES(従業員満足度)のことをわかりやすく書いた本は見た事がありません。現在の経営手法としてESのことを書いているというよりは、島田紳介にとっては部下や従業員の生活や幸せを真っ先に考えることが自然とできる人なのかな、と感心しました。僕も自分の部下とその家族らの幸せを考えて給与査定等もしないといけないと思いました。(いままでは、会社の利益優先で考えていましたが、部下の生活の幸せを考えることで逆にビジネスがのびるんだ、と痛感しました。)だからこそ、島田紳介の考えをまとめると、「何のビジネスをやるかということの前に、自分がほれこんだ『人』や絶対にサポートしてあげたい『人』がいるからその人らのためにビジネスへの資金援助やアイデアの提供という形で自分ができることをする...」という結論が出てくるのだと思います。(本からの直接の引用ではありませんが、まとめるとこのような考えになると思います。)
超おすすめです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者の文章は、本当に正直。
あの発言からは信じられないけど
中身はとてつもなく勉強家。
彼が時代の寵児になれたのは
その絶え間ない努力だったのだと思います。
(恐らくその相方は…任せすぎだったのかなと思う)

その着眼点はまさに鋭く
こんなものがあればよいのに、という
世の中のニーズにしっくり来るようなビジネスを
行っていたりします。

ビル内を遊び場に変えてみたり、
ビジネス的に成功させるために
「あえて」有名店のそばにお店を
オープンさせたり。

ちゃんと自分を見据えているからこそ
彼は成功できたのだと思うのです。
それが証拠に彼は、自分がかかわってはいないのです。
あくまでもオーナーは信頼できる人に
任せたのですから。

しかも彼のお店は
その有名店のそばに出展したお店も
まだ残っているんですよね。
きちんと食べログで調べてもでてきます。

残念ながら彼の姿を見ることはかないません。
ですが、これだけの着眼点を持っている人です。
きちんと生きておられるかと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
島田紳助氏がサイドビジネスとして手がける飲食店について、どのようにしてやって成功してきているのかを自ら説明した本。
そこにはサイドビジネスだとは言っても、真摯にビジネスとして向き合い、変な常識に縛られることなく、研究した上でビジネスを行うという、氏の物事へのアプローチ全般にも通じる話が書かれている。
これらの点は、ビジネスをする上では頭では理解しつつも、実践できていなかったりするものであり、そういう意味でとても勉強になった。
ただ、後半ビジネスの話というよりは仲間、友情といった氏の大好きなテーマに話が傾く。確かにビジネスをやる上で仲間を始め、人の存在というのは大きいため、しょうがないところはあるとは思うが、書いてる本人が熱くなって、むしろ自分に酔ってる感もしなくもなかったところはご愛嬌というところだろうか。笑
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー