¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ごんぎつね (日本の童話名作選) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ごんぎつね (日本の童話名作選) ハードカバー – 1986/10/1

5つ星のうち 4.8 45件のカスタマーレビュー

その他(20)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 616 ¥ 1
ハードカバー, 1986/10/1
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 210
新書
"もう一度試してください。"
¥ 583 ¥ 1
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 1,600
CD
"もう一度試してください。"
¥ 2,160

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • パパ・ママ、妊婦さんのためのサービス「Amazonファミリー」。この商品は、会員特典の3,900円クーポン対象商品です。※Amazon.co.jpが販売・発送する場合のみ

  • 【古本ストア】 コミック や大人買いしたいセット本、バックナンバーも豊富な雑誌など 古本ストアのページへ。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ごんぎつね (日本の童話名作選)
  • +
  • 手ぶくろを買いに (日本の童話名作選)
  • +
  • 100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

兵十が病気の母親のためにとったウナギを、いたずら心から奪ってしまった狐のごん。名作の世界を格調高い絵画で再現した絵本。

出版社からのコメント

大活字・初版デザイン「懐かしの名作」シリーズ第一弾。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 35ページ
  • 出版社: 偕成社 (1986/10/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4039632702
  • ISBN-13: 978-4039632708
  • 発売日: 1986/10/1
  • 商品パッケージの寸法: 28 x 23.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 45件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,727位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
20世紀の日本文学の中で、新美南吉と宮沢賢治は児童文学で知られながら最も人間関係の軋みを表現することに長けた作家だと思う。この美しく繊細でありながら悲しい「ごんぎつね」は、人間と狐と言う違いはありながら、お互いに似通った境遇を持ち共感し接触しようとするも、分かり合えず時には傷つけてしまう人間の性を最も鋭く描いた作品である。この作品を書いた時に新美南吉はまだ18歳だったというが、その鋭利な感性にも脱帽。黒井氏の柔らかい挿絵も、この物語に合っていて物語のイメージを鮮明にしてくれる。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 理解しあえた時は、相手を射殺した直後だった。あまりに悲劇的な結末に、最初に読んだ小学生時代から、胸が締め付けられた。

 大人になった今、この結末の先、「翌日から、兵十の孤独な暮らしが続く」ことを想像することができるので、痛ましさは、さらに倍加して、胸がつぶれるような幕引きでもあることを理解する。

 新美南吉の至高の作品だと思う。朗読すると、最後の場面は、涙があふれて読めない。

 いろいろな絵本画家が作画しているが、黒井健さんの絵は、文章を損ねず、美しい日本の風景の中に、ごんの毛の感触を、つややかに表現した、適切な絵だと思う。

 子供時代から、いろいろな作画で見たのに、「ごんぎつね」を思い浮かべる時は、黒井さんの絵で思い描く。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
小学校の頃、母が新見南吉の童話集を買ってきました。全体に好きな作品が多く何度も読んだのですが、当時は「手ぶくろを買いに」のほのぼのとした母子愛の方が共感でき、「ごんぎつね」は、ラストの残酷さのためか、あんまり好きな作品ではなかったように記憶しています。でも、もう少し大人になって善意が空回りする経験を積んで、「ごんぎつね」を読み返したときに、シンプルな言葉と鮮やかな情景描写に激しい共感を覚え、涙ぐむ気持ちを理解できたような気がしました。
この絵本は、そんな新見南吉の優れたテキストと、黒井健の幻想的な絵が相互に作用して、とても美しい世界を醸しだしています。絵のほんわりした雰囲気は童話の幻想性を引き立てます。
黒井健の鮮やかで甘い雰囲気の絵は、「手ぶくろを買いに」の方によりふさわしいと思うので星4つにとどめておきますが、秀逸なストーリーとそれに負けない綺麗な絵のセットである本書は、大人同士の友人への贈り物にも使える、美しい本であると思います。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いつも一人ぼっちの、いたずら好きなきつね「ごん」は、ある日取り返しのつかないことをしてしまう。それによって人を死なせてしまい、ひどく心を痛めたごんはその人の息子に償いの気持ちを込めてどんぐりやまつたけを・・・

この話は子どもをもつ方に是非読んでもらいたい!!!!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
透き通るような美しい文章。読むたびにラストで胸をわしづかみにされて涙がこぼれる。

ごんと兵十のすれ違いと悲しい最期。

孤独なごんは、兵十と関係を持ちたいと思っていたずらをする。が、結果的に自らの行為が兵十に大きな迷惑となってしまったこと、そして兵十も自分と同じ孤独な人間になったことを知る。ごんは、いたずらの罪滅ぼしをしようとするが、善意が裏目に出てまたしても墓穴を掘ってしまう。友だちになりたいのに、なかなかなれない。

ごんがこっそり償い続けるのは、あながち無私の善意のせいだけではない。自らの姿を晒すリスクを取れないのだ。兵十は怒っていて、どれだけ償っても自分を受け入れてくれないかもしれない。あるいは兵十に面と向かったら、また愚かな狐の自分は意に反して迷惑をかけてしまうかもしれない。だからごんはこっそり尽くし続ける。

それでも、孤独なごんは、心底では密かに望み期待することをやめられない。だから、兵十が自分が運んだ栗を「神様が呉れたのだ」と思いこむと不満を感じるのだ。ごんは本当は兵十に、「栗を運んでいるのは自分だ」と言って認められたい。だが、認められ、受け入れられ、友好関係を結べるという保証はない。ましてや2度もひどい失敗をしているのだから。。。。。

ごんは正体を明かすことがで
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
子供の頃、一度は文庫で買ってもらったものの
(生意気盛りには絵本なんて子供っぽくて嫌だったのです)、
この絵本の絵がとても素敵で、どうしても欲しくて、無理をいって買ってもらった
思い出のある本です。(手袋を買いに、も同様)。

今見ても素敵な絵だなあと思います。
友人達の子供も皆本を読む歳になったので、プレゼントにしたりもしています。
(すでに持っていたので候補で終わった事も2度あったけど。)

粗筋は改めて説明するまでもないでしょう。あのごんぎつねですから。

でも子供の頃は「手袋を買いに」は素直によい話だと思っていたのに対し、
ごんぎつねの方は、
「なんて理不尽な話なんだ。ごんぎつねが可哀相」と泣きながら怒っていた気がします。
怒りつつも繰り返し読み、ごんが死なずに和解する話に作り替えたりもしました。
良いことをすれば、必ず報われる。人は分かり合える。
物語はそうでなきゃ、と信じていた、多分に傲慢な時代のお話です。

さて、改めて大人になって、本の整理をして読み返して…やっぱり泣きました。
ごんぎつねの孤独の深さ(でなければ、人間の兵十の痛みには気付かなかったろう)と、
分かり合え
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック