中古品
¥ 1
+ ¥ 247 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的に少し汚れあり。アマゾン専用商品です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ごめんなさい―20組の親子のあんなこんなのストーリー 単行本 – 2004/7

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Kindle書籍 2冊以上購入で『20%ポイント還元』
小説・ビジネス・ライトノベルの人気タイトルがお買い得。お好きな本を2冊以上購入で20%ポイント還元! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

あの頃もっとも「ダサい」と思っていたうちの母親が、誰よりも「すごい」母なんだと。ごめんね、私やっと気がついたの…。親子の間でなければ聞けない「ごめんなさい」のエピソードを20組の家族から集めた一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

オズボーン,ブルース
写真家。1980年来日。写真展「LA Fantasies」をかわきりに日本での活動を開始。1982年から「親子」をテーマとした撮影を始め、各地で写真展を行う。テレビCFや広告写真の制作で、数々の賞を獲得。The Boom、GLAY、Sofia、B’zなどの撮影も手がける。ボストン子供の博物館で、写真展「TEEN TOKYO」を行い東京のティーンエージャーを紹介したり、インターネットを使った海外TV番組のディレクターを務めたりする。また、映像と音楽のユニット“futon logic”を結成しロンドン公演を行ったり、国内外のクリエイターとのコラボレーションによるプロジェクトにも積極的に参加するなど、ネットワークは写真だけにとどまらず、幅広い分野で活躍中。2003年より7月の第4日曜日を「親子の日」にすることを提案。多くの賛同者や協力者の輪が広がりつつある。妻と娘二人の四人家族

山田/真理
1961年、東京生まれ。フリーライター・エッセイスト。TV評など時事的コラムをはじめ、住まい、子育て、健康など実生活に根ざした分野で執筆活動を続ける。都内にてコラムニストの夫(山崎浩一)と息子、中年の雄ネコ一匹とともに暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 125ページ
  • 出版社: 日本標準 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4820801864
  • ISBN-13: 978-4820801863
  • 発売日: 2004/07
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,776,373位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2004年12月27日
形式: 単行本