通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ごめんじゃすまない! 自転車の事故 (GEIBUN... がカートに入りました
+ ¥498 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 BOOK BEAR
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 使用感は少なく概ね良好な状態です。□全品簡易クリーニング済み。□通常はポスト投函なのでご不在でも受け取れます(但し商品・ポストの大きさにより一部例外あり)。□ディスク・特典等の付属品が明記されていない場合は欠品しているものとお考えください(付属品が有る場合は明記しております)。□ゆうメールで配送しますので郵便局の規約により日曜・祝日は配達されません。そのため日曜・祝日が配送期間に含まれる場合、又は到着予定日と重なる場合はお届け予定日より遅れて到着する場合がございます。□配送は郵便局に依頼している為、遅配・紛失・損傷に関して返金対応を致しかねます。□誤発注や宛先の記載不備などお客様都合による注文キャンセルはご購入から24時間以内に限り対応しますが、既に出荷通知を送信済みの場合は対応致しかねます。□カバーデザインや版・刷のバージョン違いを理由とする返品はお断りします。□住所の記載不備・荷物の受取拒否や保管期限超過等により商品が当店へ差戻された場合、合計金額の1/3を返金のうえご注文キャンセルとさせて頂きます。商品の再発送は致しかねます。□商品に万一不具合がありましたらご連絡ください。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ごめんじゃすまない! 自転車の事故 (GEIBUN MOOKS 暮らしの落とし穴から守る本) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2016/7/21

5つ星のうち4.6 9個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/7/21
¥1,320
¥1,320 ¥542
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • ごめんじゃすまない! 自転車の事故 (GEIBUN MOOKS 暮らしの落とし穴から守る本)
  • +
  • 新・自転車“道交法"ブック (エイムック 3721)
  • +
  • それでも、自転車に乗りますか?(祥伝社新書261)
総額: ¥3,058
ポイントの合計: 36pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

携帯電話やスマートフォン(スマホ)を使いながら自転車を運転して発生した交通事故が、過去5年間で800件を超えているとのことです。まさに、スマホ+自転車が、キーワードとなる社会になってきています。また、「スマホしながら」運転に限らず、自転車が加害者あるいは被害者となる事故は確実に増えています。 そんななか、ありそうでなかったのが、この自転車事故についての本です。 確かに、先行する立派な専門的書籍はありますが、法律論が中心で実務家向けの分厚い物です。そこで、自転車事故をひと通り概観しながらも、交通ルールや損害賠償あるいは刑事責任についてもわかりやすい本が必要だと出版に至りました。 特徴と魅力は以下の通りです。 1.道路交通法改正で自転車に関わる点と過失の関係が理解できます。 2.自転車事故の損害賠償と自動車の損害賠償とは、どこが違うのかを具体的に理解できます。 3,法律に無関係である方にも理解しやすく平易な表現で構成しているとともに、法律関係者の実務にも役立つように内容は欲張りつつも、コンパクトな本となっています。 第一章では、まさに加害者あるいは被害者の事故後の人生を実話に基づいて書いています。 第二章は法律論として自転車運転で加害者となった場合についての解説しています。 第三章は自転車が軽車両としても立派な車であることから、今回の道路交通法改正の着目点と交通ルールを解説しています。 第四章は自転車事故には自賠法(自動車損害賠償保障法)が適用されず、従って自賠責保険のような強制保険もなく、後遺障害認定制度がないことから、どのように賠償金額が決まっていくのかを解説しています。一方で自動車による損害賠償の仕組みが理解できるようにもなっています。 第五章は道路交通法改正を受けて裁判所での自転車対歩行者の過失相殺基準が初めて示されました。その複雑な基準を平易に解説しています。 第六章では第四章と第五章を踏まえて、具体的な実例から自転車事故での損害賠償の交渉がどのように行われるかを説明しています。 第七章では自転車事故においても、死亡事故だけではなく高次脳機能障害、あるいは遷延性意識障害(植物状態)となってしまうことがあります。自動車事故におけるそれらも悲惨ですが、自転車事故も同じです。共通した高次脳機能障害問題等とは何かを介護費用金額を含めて具体的に説明しています。 第八章では自転車は老若男女を問わず簡単に利用できる乗り物ですが、強制保険がないことから、加害者も被害者も悲惨な人生に転落する恐れがあります。お互いの自己防衛のための任意保険への案内です。 第九章は自転車事故の被害者の最後のよりどころとなる障がい者総合支援法をはじめとした福祉制度を解説しています。 最終章は法律家としての弁護士が特に被害者となった場合にどのようなことができるかをご案内しております。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
評価の数 9
星5つ
62%
星4つ
38%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2019年1月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年6月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月17日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年7月27日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年7月27日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年1月11日に日本でレビュー済み
2016年8月2日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告