通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ごほうびおひとり鮨 1 (ヤングジャンプコミックス) コミックス – 2017/3/17

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 454
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ごほうびおひとり鮨 1 (ヤングジャンプコミックス)
  • +
  • パパと親父のウチ呑み 1 (BUNCH COMICS)
  • +
  • パパと親父のウチご飯 6 (BUNCH COMICS)
総額: ¥1,900
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

10年以上付き合っていた彼氏に突然の別れを告げられた伊崎藍子、31歳。傷ついた気持ちを浮上させるべく、自分にごほうびをあげようと決意。そこで藍子が偶然出会った贅沢…それは江戸前鮨だった! お鮨屋さんで学ぶことがあることに気づくたび、お鮨の魅力にどんどん惹かれていき……!?



登録情報

  • コミック: 144ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088906624
  • ISBN-13: 978-4088906621
  • 発売日: 2017/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
web媒体で読んでいた時から感じていたものの、この漫画はヤバイです。
おいしそうとなりすぎて、読むタイミングがとても難しい。
寝る前、食事前の読書としてにはオススメしないです。
お鮨は余り得意なほうではないのですが、お鮨が凄く食べたくなりました。

よしながふみ先生の食べ物漫画に似た感じのリアクションで
お鮨の説明を第一に。食べるアクションが大げさすぎずというように感じました。
web連載漫画で1話目(前編/後編)+αを読めるので、気になりましたら是非。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
漫画中で紹介されてる店が巻末等で掲載してる漫画は多々あれど、1円単位のお会計までまさか紹介されてるとは思わなかった。
この内容でこの手間暇で、食べるという行為を至高にまで高められるなら、むしろリーズナブル。
最初の1.2話で、やたら食べ物と恋愛(とか人生観とか)絡めてきて
「あ、これってあんまり好みじゃない展開」
と思ってたけど、後半はがっつり寿司の魅力に浸れます。
日頃みっちり節約して、月1でも食べに行けたらな〜 と本気で思ってます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
恋に破れたアラサー主人公が、自分へのごほうびにちょっと高級なお鮨を食べて、美味しさに感動するという話です。嫌味な所もなく、主人公の純粋な感想に共感できて、お鮨が食べたくなること間違いなしです。高級なお鮨は無理ですが、回転寿司でも、普段食べないネタに色々チャレンジしてみるようになりました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
オサカナ名前を持つ主人公の伊崎(イサキ)藍子(アイゴ!?)さんが、
失恋ショックを紛らわしたい、贅沢をしてみようということで、
“よだれ5リットル”さんが書くクチコミ情報を頼りに
あちこちのお寿司屋さんにひとりで通い始めるという物語です。

美味しい物を食べてイヤなことを忘れてしまおうかな?という動機からすると、
『忘却のサチコ』さんや『肉女のススメ』も同様の状況ですが、
それぞれ内容がとても面白いので、読み比べてもいいと思います。

今巻では、『鮨わたなべ』、『幸鮓』、『すし北野』、『鮨 太一』、
『鮨かじわら』が紹介されています。

手が込んでいてすごく美味しかった(と思われる)ので、
「(思っていたよりも)安い!」という主人公のリアクションは理解出来ますが、
正直庶民にとっては、1回ひとりで1万円越えはちょっときついかもです。
しかしながら、月に一度ペースぐらいであれば、行ってみたいという気にはなりました。
そういう気持ちになるぐらい、1品1品職人の技が良く取材されていて、
味のイメージや歯ごたえなども詳細に描かれているので、読んでいてたいへん楽しかった。

『魚を旨くすると書いて鮨…』、『魚を旨くすると書いて鮨……』
またまた楽しみなマンガが増えました。次回も楽しみです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告