通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオン... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 仮想記憶
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【カバー】使用感有りませんが背に色あせあります【本文】良好です【帯】有り【Amazon専用在庫・品切れ無し】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由 単行本(ソフトカバー) – 2011/7/29

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,078

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由
  • +
  • 記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック
  • +
  • 記憶力世界チャンピオンカールステン博士の頭がよくなる勉強法―単語・歴史・公式・数字がすばやく覚えられる驚異のテクニック
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 157pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

●内容紹介
古代ギリシャで知識人の必須のツールであった「記憶術」と、最先端の脳科学や一流のプロたちの技術習得の秘訣を学び、
全米記憶力選手権で優勝するまでの1年を描いた全米ベストセラーの話題作。

われわれ一般人でも、訓練すれば記憶の達人になれるのか?
記憶力はせいぜいで人並みであると自称する新進気鋭の科学ジャーナリストが、古代ギリシャの時代から知識人の間で綿々と受け継がれてきた由緒正しい記憶術を武器に、
1年で記憶力の全米チャンピオンに輝くまでを描いた実験ドキュメンタリー。
著者が体験した記憶力訓練の記録であり、また記憶力の競技会という奇妙な世界に生息する、
愛すべき変わり者たちの物語でもある。
古代から中世にかけて、知識人の必須の教養であった「記憶術」の歴史も語られる。
脳と記憶についての科学的な考察もある。
記憶の魅力に取り憑かれた著者が、好奇心の赴くままに記憶の世界を縦横無尽に駆けめぐる。
読み物としても面白さと、知的興奮を与えてくれる1冊。

●目次
第1章 世界で一番頭がいい人間を探すのは難しい
第2章 記憶力のよすぎる人間
第3章 熟達化のプロセスから学ぶ
第4章 世界で一番忘れっぽい人間
第5章 記憶の宮殿
第6章 詩を憶える
第7章 記憶の終焉
第8章 プラトー状態
第9章 才能ある10分の1
第10章 私たちの中の小さなレインマン
第11章 全米記憶力選手権
エピローグ

内容(「BOOK」データベースより)

古代ギリシャで知識人の必須のツールであった「記憶術」と、最先端の脳科学や一流のプロたちの技術習得の秘訣を学び、全米記憶力選手権で優勝するまでの1年を描いた話題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 367ページ
  • 出版社: エクスナレッジ (2011/7/29)
  • ISBN-10: 4767811805
  • ISBN-13: 978-4767811802
  • 発売日: 2011/7/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,050位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
プレゼン番組「TED」で著者を知って購入しました。
まず、この本を買おうと思っている方に注意を呼びかけたいのですが、この本はハウツー本ではありません。
記憶力を高めたい、と考えておられる方にはそぐわない内容です。
ハウツー本ではなく、著者の体験に脳科学のレポートなどを交えたノンフィクションです。
ハウツー部分も、いくつかある方法の一つ二つが触り程度には書かれているので、記憶力を高めるヒントにはなります。
しかし、それも核心には触れていません。
読んでいると「このパターンの記憶法は分かった、でもこの場合はどうやるんだろう?」と疑問が湧いてくるのですが、著者は全く同じ事を感じたそうで、当時感じた同じような気持ちを素直に書いています。
が、これに対する解決法は書かれないまま、課題をクリアした結果だけが描写されています。

なので、この本はハウツー本ではなく、単純に著者の体験談をノンフィクションとして楽しむという前提なら相当、面白い内容です。
間間に挟まれる脳科学の歴史なども興味深いですし。

また、アメリカのノンフィクションは、ハリウッド映画的というか、感動的でドラマティックな文章で綴られていることが多いですが、この本は割と淡々と書かれていて、個人的には好感の持てる日本
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ためしにAmazonで「記憶力」、「記憶術」などと検索してみて欲しい。『○○で憶える、ラクラク記憶術』といった類の本が、溢れんばかりに表示される。もちろんその効能は、玉石混交なわけであるが、多くのビジネスマンや学生にとって、記憶する能力へのニーズがいかに高いかということを示している。

本書もそのような記憶力をテーマにした一冊なのだが、いわゆるマニュアル本、自己啓発本とは、一線を画す内容である。著者は『ナショナル・ジオグラフィック』などでも執筆するフリージャーナリスト。取材ライターとして赴いた全米記憶力選手権で記憶力に興味を持ち、一年後の大会には自身が出場者としてエントリー、ついにはチャンピオンになってしまう。本書はその過程を描いた、実験ドキュメンタリー。ミイラ取りがミイラになるという典型のような話である。

◆本書の目次
第1章 世界で一番頭がいい人間を探すのは難しい
第2章 記憶力のよすぎる人間
第3章 熟達化のプロセスから学ぶ
第4章 世界で一番忘れっぽい人間
第5章 記憶の宮殿
第6章 詩を憶える
第7章 記憶の終焉
第8章 プラト―状態
第9章 才能ある10分の1
第10章 私たちの中の小さなレインマン
第11章 全米記憶力
...続きを読む ›
3 コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書の原題は“Moonwalking with Einstein: The Art and Science of Remembering Everything”。
「本書は、私が記憶力を向上させるべく、そして記憶――その隠れた働きと弱点、
そこに秘められた可能性――について理解すべく取り組んだ日々について記した
ものである。私たちの記憶力は実際に(限度はあるが)伸ばすことができるという
こと、そして……技術は誰もが使うことができるものなのだということを、私が身を
もって実感していった過程について述べる。さらに、熟達化の過程についての
研究も取り上げ、科学者たちがさまざまな分野の一流のプロを研究し、彼らの
訓練法うから技術習得の一般的法則――ほとんどすべてのことに通じる向上の
秘訣――を見出していく様子を紹介する」。

「ニンニクのピクルス、サーモン、カッテージチーズ、六本の白ワイン、三足の靴下、
フラフープ三つ、ソフィアに
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書はタイトルの通り、記憶力に関するHow to本ではない。記憶力に関するHow to本をしばしば見かけるが、何か胡散臭さを感じたり、現実社会での有用性や習得可能性を疑ってしまわないだろうか。この本は著者が実際に記憶術をマスターする過程を通じて記憶術等に関する疑問に著者なりの答えを出してくれている。
 紀元前の書籍から最新の論文、トップメンタルアスリートや世界で一番忘れっぽい人などなど多様な対象へ取材をしたうえで考察が加えられており、好奇心が刺激されぱなっしで一気に読んでしまった。特に記憶の宮殿の章(how toの部分なのだが)では話に惹き込まれ、実際に使える方法だと感じた。

 「平凡な記憶力の私」が実際に「全米記憶力チャンピオン」になるという実践をしたという題名に惹かれて購入したが、文章を読めば著者は決して平凡でない。一方で、誠実さ、勤勉さ、謙虚さが感じられ好感が持てるところが本書のすばらしい点だろう。ただやっぱりもう少しHow toの部分を書いてくれれば最高だったのだが。
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー