この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ごきぶりねえさんどこいくの? (詩の国イランの絵本) 単行本 – 2006/4/21

5つ星のうち4.4 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,495
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

この絵本のお話は、イランでよく知られている昔話です。
おかあさんと一緒に暮らしていたごきぶりねえさんが、自分の道を見つけだすため、ある日旅立つのです。目的地は、たった1人の身内ラメザーンおじさんの住む、とおいとおいハメダーン。
行く手に待ち受けるのは、善悪つかぬ虫や動物。愛らしく身なりをととのえた姉さんに、陽気な調子で声をかけます。「ごきぶりねえさんどこいくの?」


絵を描き下ろしたのは、弱冠27才でさまざまな賞に輝く画家、モルテザー。不思議で冒険的、でもなぜか愛らしい彼の絵は、すでに日本でも多くのファンの注目を受けはじめています。

再話はイランの国民に深く愛され、先日永眠した詩人、M.アーザード。ごきぶりねえさんに出会うどうぶつたちの楽しいフレーズの繰り返しは、詩の国イランならではです。

モルテザーあとがき、五味太郎さんレヴュー&イラスト付。


いつぞやの ことだった。ふろやの うらに くぼみが あった。でこぼこ でこぼこ した くぼみ。くぼみの なかには いえ いっけん。
それは 虫の、すみかで あって、ドアも なければ まども なく、いけも なければ ふんすいも ない。げんかん ほそくて くらい。ろうかは ながくて せまい。

その いえに、ごきぶりねえさんが すんでいた。
ねえさんには、この ひろい よのなかで、としをとった かあさん いがい、どんな みうちも いなかった---いもうとも、おとうとも、そして したしい ともだちも。

(旅にでる日のページより)


あるいて あるいて あるいていったら、ついたところは くつ屋さん。
くつを ぬう むし、てんとうむし、
ざくろの花に こしかけて、わきめも ふらず、しごとを してた。
ひざのうえには 革 1まい。まだら もようの あかい革。
しごとを しながら うたってた。

ぬうぞ ぬうぞ くつを ぬうぞ、
くつや屋の せかいじゃ わたしが いちばん
おーい、ぽっちゃり こどもたち 
くつを ぬうぞ いろとりどりの
しごとを するのは どようから 
どように はじまり もくようまで
きんよう のはらで ピクニック

(プロフィール)

再話:M.アーザード(1934年~2006年)
現代ペルシャ詩人。本名マフムード・モシュレフ=アーザード=テヘラーニー
代表詩は“Gol-e Bagh-e Ashenaii(出会いの園の花)”。
4冊の詩集のほか、過去の詩集から482編を抜粋、108編を書下したベスト詩集がある。また、詩作に加え、10代の人たちへ向けた本の執筆もおこなっていて、その数は約50册にもなる。アーザードの詩はイランのペルシャ語の教科書に多く使われているほか、イランの歌手によっても歌われている。

絵:モルテザー・ザーヘディ(1978年~)
イラン北部、ラシュト生まれ。大学で絵画を専攻、2003年卒業後は画家・イラストレーターとして活躍していて、国内のさまざまな賞のほか、ボローニャ国際絵本原画展に3回入選している(2003年、2005年、2006年)。これまでに手掛けた絵本は14册。代表的なものに『ごらん、ごらん、こうやって(6月発売予定)』『小さいアリーとその仲間たち』などがある。

翻訳:愛甲 恵子(あいこう・けいこ)
1976年生まれ。東京外国語大学、大学院でペルシャ語を学ぶ。イラン留学中にペルシャ語の絵本を読みあさり、面白さを知る。帰国後は、サラーム・サラームというユニットを組み、翻訳のしごとのかたわら、イランの絵本やイラストレーターの紹介、原画展プロデュースなどを積極的に行っている。

出版社からのコメント

ごきぶり!?と誰もがギクリとしてしまいそうなこの愉快な絵本、実はイランでは桃太郎のように誰もが知っている有名な昔話。絵を描いているのは、テヘランで活躍する男性アーティスト。弱冠27才にしてボローニャに3度の入選を果たしている、才能豊かな青年です。
この絵本の特徴は、とにかく愛らしい色使いと、斬新なデザイン!先入観をもたずに絵本をひらけば、新鮮な魅力に胸をつかまれます。自立心にみちあふれたごきぶりねえさんが、ずんずん進んで行くすがすがしさといったら!なぜか子どもが眺めたがる不思議なこの絵本、驚かせるプレゼントにも最適です☆
<題字・レヴュー:五味太郎さん>

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 1ページ
  • 出版社: ブルースインターアクションズ (2006/4/21)
  • ISBN-10: 4860201647
  • ISBN-13: 978-4860201647
  • 発売日: 2006/4/21
  • 梱包サイズ: 23.8 x 21.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,318,135位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
評価の数 3
星5つ
43%
星4つ
57%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2013年8月11日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2006年6月17日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2011年1月30日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告