¥ 994
  • ポイント: 31pt (3%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
こんなメディアや政党はもういらない (WAC BU... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

こんなメディアや政党はもういらない (WAC BUNKO 284) 新書 – 2018/10/17

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 994
¥ 994 ¥ 1,845

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • こんなメディアや政党はもういらない (WAC BUNKO 284)
  • +
  • 日本国紀
  • +
  • 日本を亡ぼす岩盤規制 既得権者の正体を暴く
総額: ¥4,338
ポイントの合計: 88pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

フェイクニュースといえば——朝日だけではない、いまNHKが酷い!
誤報しても謝らない朝日。新聞の体裁をとった怪文書でしかない。
安倍総理のことは何もかもすべて気にくわないのが左のメディアと政党。

高山正之 ジャーナリスト
トランプ叩きの差別的報道に明け暮れる米国にはまともなジャーナリズムは存在していないかに見える。日本の新聞も同じ症状を示している。中でも朝日はひどい……。

和田政宗 参議院議員・元NHKアナウンサー
「NHKスペシャル」の「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」などは、結論ありきのバイアスがかかった放送だった。自虐史観的な「史実を歪める」報道は大河ドラマにも見られます。

はじめに——日米の反安倍・反トランプ報道には愛想をつくしかない 髙山正之

第一章 誤報しても謝らないサイテーの朝日新聞
安倍三選は「国民の信頼」によるもの
籠池の〝偽証〟を見抜けずフェイク・ニュースを垂れ流す朝日
噓つき国家の言い分を鵜呑みにするバカ記者たち
「メディア・リテラシー」を高めることには貢献?
朝日の「反安倍」の執念はどこから来ているのか
「反安倍」の報道をしていた毎日新聞は、方向転換
寺脇研、前川喜平に頼るワイドショーに倫理観はあるのか
朝日はアンチ朝日の弁護士を起用するか?
世論調査も情報操作のツールにできる
昔コミンテルン、今チナミンテルン?
朝日は、自分たちの商売が儲かることは変えようとしない
第二章 GHQに利用され続けてきたNHKの体質
でっち上げの七三一部隊の話を断定的に放送したNHK
人体実験はアメリカのお家芸
左翼劣化の著しい製作現場
アメリカはプロパガンダのためにNHKを利用してきた
NHKプロデューサーが自虐史観に荷担した
NHKで報道されたことを国民は史実だと思ってしまう
大河ドラマは、プロデューサーの「思想」に引きずられる
「昔GHQ、今NHK」
第三章 新聞記者は如何にして劣化し「権力のポチ」に成り下がったのか?
「記者会見」はタテマエだけの世界だった?
「言葉尻」を取り上げるバカな記者が増えた
朝日新聞は、オフレコの約束を守らず記事にした
新聞と政府が結託して戦争を煽った歴史がある
「週刊誌の報道によると——」と新聞が載せる愚かさ
今の新聞記者は、週刊誌よりも取材力が劣っている
新聞記者はメモ取りより、相手の顔の表情の動きを見るべき
記者は、ただパソコンに打ち込む速記屋になってしまった
外堀から周辺情報を積み上げて、本丸に迫っていくのが記者
新聞記者のレベルは落ち、社内での連携もできていない
ロッキード事件は、地検特捜と無知な新聞記者のつくり事
冗談ではなく、東京地検特捜部はアメリカの指揮命令で動く
第四章 トランプのアメリカを過小評価している日本のメディア
トランプは、日本を頼り始めた
中国を封じ込めるためには、日本の力が不可欠
北朝鮮問題は日米の緊密な連携で動き始めた
金正恩は、アメリカに怯えて慌てて北京に行った
安倍首相とトランプ大統領はいい時期に出会った
安倍外交は、トランプの性格も読み切っている
トランプ政権前から、日本は防衛力強化を積み重ねてきた
第五章 野党は、なぜこんなにだらしないのか?
民主党は失政を総括しないまま崩壊していった
みんなの党の解党は、メディアに、してやられた
希望の党は、突然できて、すぐに失速していった
バカげた「二大政党」の幻想をもう捨てるべき
戦わない野党の政治家は、みんな消えていった
なぜ野党議員は国会で追及されないのか
野党は、根拠なく攻めるから与党を攻めきれない
役所の無限ループに野党が巻き込まれてしまっている
国会に縛られて首相が自由に外交できない
第六章 「ゆとり教育」「自虐教育」から日本を守るにはどうすべきか
サッチャーは昔の日本を見倣って教育改革を成功させた
左翼は、「聖徳太子」を日本から消そうとしている
聖徳太子の十七条憲法こそが、本当の「憲法」
日本の子供にも愛国心を持てる教育が必要
日本が強い国だからこそ、「鎖国」ができた
「潜伏キリシタン」という言葉は、そもそもおかしい
歴史的に見ると、実は、日本は外交がうまかった
第七章 「憲法改正」と「美しい町並みづくり」で日本を飛躍させよう
田中角栄の列島改造論から学ぶべきことは多い
都市から電信柱をなくして「美しい町」に
地方活性化のためにも日本中をみんなで「美しい町並み」にしていく
経済は重要だが、やはり「憲法改正」が一番重要

おわりに——国民が、既存メディアを〝もう必要ない〟と見放す秋 和田政宗

内容(「BOOK」データベースより)

フェイクニュースといえば―朝日だけではない、いまNHKが酷い!誤報しても謝らない朝日。新聞の体裁をとった怪文書でしかない。安倍総理のことは何もかもすべて気にくわないのが左のメディアと政党。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: ワック (2018/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4898317847
  • ISBN-13: 978-4898317846
  • 発売日: 2018/10/17
  • 梱包サイズ: 17.7 x 11.5 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,441位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

6件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件中1 - 4件目のレビューを表示

殿堂入りベスト50レビュアー
2018年10月24日
形式: 新書Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年10月21日
形式: 新書Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入りベスト1000レビュアーVINEメンバー
2018年10月29日
形式: 新書Amazonで購入
53人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト100レビュアー
2018年10月24日
形式: 新書
53人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告